記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
食生活から生活様式まで、私たち現代の日本人の日常生活はこの何十年かでずいぶん西洋化しましたね。椅子に座って食事をとったり、ベッドで寝る、ということに抵抗を覚える方はもう、あまりいらっしゃらないのではないかと思いますし、若い世代の方の中には、いわゆる和式トイレで用を足すのはあまり得意でない…という方も多いようですね。

話は少し変わりますが、皆さんはビデをご存知でしょうか。海外のホテルなどに泊まったことにある方は、トイレの横に別の、低い位置にある洗面台のようなものがあるのをお見かけになったことがある方もいるかも知れません。

今回はこの使い捨てビデの使い方、特に膣内を洗浄する方法についてお話ししたいと思います。

ビデってどんなもの?

最近ではドラッグストアなどに行くと、使い捨てのビデなども販売されていることがありますね。温水洗浄機能のついた便座ではお尻を洗う機能に加えて、ビデ機能がついているものが多く見かけます。このように身近に多くみられるビデですが、あまりなじみがない、使ったことがない、使い方がわからないという方、意外と多いのではないでしょうか。また、一口にビデといっても、温水洗浄便座や外国のトイレに併設しているビデは外陰部を洗うもの、使い捨てのビデは膣内も洗浄できるもの、と用途も異なっています。

ビデは、よく知られているように、女性器を清潔に保つ、水を使って洗浄するための器具です。普段からおりものがあったり、匂いが気になるといったときにも使うことが出来ますし、生理中にも使うことができます。女性であれば多くの方が経験する生理の終わりかけ時の、何となくまだ経血が膣内に残っていて、スッキリ終わらない感じがする時などにもこのビデを使って残った血液を洗い流すことで、下着の汚れを防ぎ、快適に過ごすことができる場合もあります。

ビデの中身は単なる清潔な水ですから、アレルギーや敏感肌の方でも安心して使うことができるのもうれしい点ですよね。

使用方法について

使用方法ですが、

1.手を石鹸で洗って清潔にします。
2.タンポンを入れるときのように中腰になったり、しゃがんだりして膣内にビデを入れやすい状態にします。

洗浄後の水が膣内から垂れてきますので、場所は水気が気にならない場所、トイレやバスルームがよいでしょう。また、あまり冷たい水だと違和感が強いですから、ひと肌程度のぬるま湯を使用するといいですね。使い捨てのものは、膣内も洗えるよう中が滅菌された清潔な水になっています。デリケートな部分ですから、使い捨ての容器を再利用したりするのは菌が繁殖したりして不潔になりやすいのでやめましょう。

使い慣れると非常に気持ちの良いビデですが、あまり使いすぎると、膣内の身体を守るために必要な細菌まで洗い流してしまうのでよくありません。半月に1回くらいのペースにしておきましょう。

≪生理前になんとなく体調が悪くなる…それ、PMSかも!≫
1分で簡単チェック【月経前症候群】を診断してみる

医師からのアドバイス

女性の身体は生理周期の影響で、時期によってはデリケートゾーンの蒸れや匂いが気になったり、おりものが多かったりするもの。少しでも快適に過ごせるよう、自分に合った方法を見つけていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス