29日に放送された日本テレビ系情報バラエティ番組『あのニュースで得する人損する人』

今回の放送では『家事えもん1時間スペシャル』と題し、”家事えもん”こと家事万能芸人のジューシーズ・松橋周太呂さんが自慢の料理テクを披露しました。

その中でも今回、特に気になったのが”余ってしまったカボチャの煮物の皮”を使って「クッキー&クリーム」のアイスクリームを再現するというもの。

番組でもタレントの坂上忍さんや菊川怜さんなど試食した皆さんが口をそろえて絶賛した今回のアイデアレシピ。とても簡単に作れるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

材料は余ったカボチャの皮とバニラアイスの2つだけ

国産かぼちゃで蒸しかぼちゃ #dinner
by is_kyoto_jp

必要な材料はたったの2種類!2人分を作る材料は以下の通りです。

煮物にしたかぼちゃの皮20g
バニラアイス100g

作りすぎて飽きてしまった”カボチャの煮物”の皮の部分を使って、おいしいクッキー&クリームを作ってみましょう。

①まずはカボチャの皮をみじん切りにします

出典 http://www.ntv.co.jp

まず、かぼちゃの煮物の皮をみじん切りにします。

②バニラアイスに混ぜて冷やす

出典 http://www.ntv.co.jp

みじん切りにしたカボチャの皮を、バニラアイスと混ぜて冷凍庫で10分間冷やす(理想は一晩)。これだけ。

完成した『クッキー&クリーム』がこちら!

出典 http://www.ntv.co.jp

冷凍庫から取り出したら完成です!

でも、どうしてカボチャの皮とバニラアイスを混ぜるだけで『クッキー&クリーム』になるんでしょうか?

実は、人間の舌は冷たいものに対して甘みを感じにくいようにできているんだそうです。

カボチャの皮には本来カボチャの甘みがありますが、アイスと混ぜて冷やすことによってその食感だけが残るようになる。

また、カボチャの皮は食物繊維が豊富なため食感がクッキーに似ていることもポイント。

カボチャの実の部分を使わずに、カボチャの皮だけを使うことでクッキーのような食感が再現されるんだそうです。

そして、今回のレシピをより美味しく作るポイントは3つ

Licensed by gettyimages ®

①カボチャの皮は煮崩れして柔らかくなったものを避けるようにしましょう。皮の硬さがクッキーの食感を生み出すので煮物を割った時に、皮の断面が綺麗に見える位がベスト。

②バニラアイスは乳脂肪分の多いものの方が、かぼちゃの味をしっかりと消してくれるので、よりおいしく作ることができるそうです。

③冷凍庫で冷やす時はしっかり冷やしたほうがおいしくできます。理想は一晩。皮を凍らせる事でよりクッキーのような食感になります。

カボチャの皮を使うからハロウィンにもぴったり!

Licensed by gettyimages ®

カボチャを使ったスイーツはハロウィンにもぴったり!

また、今回のレシピだとクッキーの代わりに食物繊維たっぷりのカボチャの皮を使うのでヘルシーに仕上げることができます。

混ぜて冷やすだけでできる簡単クッキー&クリーム。ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス