記事提供:まぐまぐニュース!

依頼者から依頼されたことに関して調査し、真相を解明することが仕事である、探偵。小説「シャーロックホームズ」や、人気アニメ「名探偵コナン」の影響で興味をもったことがある人も多いのではないでしょうか。

メルマガ『ギリギリ探偵白書』では、現役探偵による「実体験」が毎回配信されています。今回は、離婚した妻と、離れ離れになってしまった子供の「身辺調査」のお話。

目を背けたくなるような「養育費ぼったくり」の真相と「妻の現在」が、探偵側の心境とともに描かれています。事実はハードボイルド小説よりも奇なり?

元妻と子供の身辺調査

室内の壁面は白で統一されている。床は青と緑の中間色とグレーのタイルカーペットが均一に並び、小さなプリザードフラワーがテーブルにいくつか飾られている。

中央の置き時計は、安物で、秒単位のズレはあるものの、カチカチと一定のリズムを刻んでいる。

T.I.U.総合探偵社の面談室兼会議室は、ビルの3階の1室にある。会議は多くても5名程度の調査員の打ち合わせに使用するが、依頼人との面談では、せいぜい依頼人は3人、通常は1人であるから、面談室と使うときは、部屋が大きく感じる。

目の前に座っているのは、今朝予約の電話をいれてきた男性である。脚を開き、左脚を小刻みに動かしている。髪は整えてあるものの、顔色は悪く、目の下にはクマがあった。調査主任の下山は、午後出勤をしたことを悔やんでいた。

今朝の出勤は代表の阿部とインターンの秋川、代表代理のサザビーの3人が担当であった。どうやら、電話は一旦秋川が出て、その後、サザビーが話を聞いたようだ。

サザビー「では、本日18時ですね。調査主任の下山という者が担当します」

原則、代表の阿部は個別調査の担当者にはならない規則になっている。代表代理のサザビーは、全体の調査を統括するため、企業間での取引の担当になることはあっても、その下に現場調査担当者が1名から2名選ばれる。

当然、秋川はインターンであるため、単独での相談対応は許されていない。そうなると、必然的に当番出勤をしている調査主任が契約や現場の担当者になる。

T.I.U.総合探偵社は、創業当時から標準料金表を採用しているから、該当する調査項目を選び、それを計算すれば、誰でも料金を出せる仕組みが取られている。

各担当者には、個別に決裁権が与えられているから、多少の値引きなどには応じることができるが、大幅な値引きや調査項目の横断には、代表と代表代理いずれかの許可が必要になる。

下山「ということは、僕一人で対応するということですか?」

サザビー
「今日はみんな出払うからな。それに単純な素行調査だろ?」

下山
「日程はクラウドで確認してということですか?」

サザビー
「更新してない子もいるから、全員に一応、確認だな」

サザビーは電話で確認した内容を、簡単にまとめていた。

調査対象者は元妻ということであり、その元で暮らすリナ(仮名)5歳の女の子の養育状況などの確認ということであった。このような調査は、注意事案として取り扱われることになる。

なぜなら、離婚した夫がストーカー化している懸念があり、探偵が事件に巻き込まれる可能性があるからだ。

代表の阿部からは、まずはじっくり話を聞いて、その上で判断すればいいよ。と言われたが、やると決めても、依頼を断っても、その根拠を翌日質問されることになる。

それに、調査現場を掛け持ちしたため、調査報告書の作成に取り掛からなければならない。納期もあるから、報告書を納期までに仕上げるには、徹夜もしなければならないだろうことはわかっていた。

情報流出対策で、報告書などは決められたパソコンで作らなければならない決まりでデータの持ち出しは厳重に管理されている。

焦って、報告書のデータを端折れば、すぐにチェックが入ってやり直しを指示されてしまうから、報告書は詳細に正確に書かなければならない。通常、20時間ほどの調査の報告書を作る場合、まる1日、時間がかかってしまう。

調査になるかならないか、もしかしたら、頭のおかしいストーカーかもしれない相談を仕事とはいえ聴くのは、少々尻込みしてしまうところもある。下山は深いため息をついた。

依頼の概要

相談者はワードでまとめた資料を持参してきた。

それによると、離婚は2年前であった。当時3歳の娘さんの養育費は12万円。相場からいうと、数倍相当な支払いをしていることになる。

面会は月1回との約束で、年齢によっては泊まりの面会や夏休みなどの数日の泊まりも許されるという条件で、今後成長によってあるであろう様々な発表会や運動会も許されるということであった。しかし、離婚してからは一度も面会が許されることはなかった。

離婚の時に引越しをした妻子の新居の保証人であった彼の元には、敷金では足りなかった部屋の補修費の請求があり、彼は妻子の引越しを知ることなった。離婚の原因は、元妻にあった。いわゆる不倫である。

もともと、彼女は勤務先の上司と不倫関係にあり、それでも彼と結婚をした。つまり、二人と同時に付き合っていたことになる。

正確には、結婚前後、その上司とは関係が切れていたようだ。しかし、子どもが2歳のときに元の職場に戻るという流れで関係が復活したのだそうだ。

離婚の協議書には、元上司とは二度と会わないという文言もあった。しかし、それがどれだけ有効であったのか下山は疑問に思った。

“人が会うか会わないかなど何者にも拘束できるようなものではない”きっと養育費相場を無視して、子ども可愛さに出すお金を高値にするために妻側がのんだ条件なんだろうと下山は思った。下山は正直に話をすることにした。

回りくどく説明をしても、目の前にいる相談者のような男性には、単刀直入に話した方が、理解が早いし、なにより、報告書に早く取りかかりたかった。

調査は確かに引き受けるようにするが、条件としては、少しでもストーカー的な被害やドメスティックバイオレンスなどがあったとわかれば、その場で調査を打ち切るということはのんでもらう必要があると。調査をするには、この2つの条件は絶対的だ。

どちらが引っかかっても、報告は一切できない。ストーカーや暴力夫に、元妻の居場所をお金をもらったからという理由で教えるわけにはいかないのだ。相談者は依頼者となった。

その瞬間、彼は脚を小刻みに震わせるのを止め、一度、目を閉じてから、背筋を伸ばし、一回り年下であろう下山に深く頭を下げた。

元妻の身辺調査

元妻を探すのは比較的容易であった。彼女はブログで小遣い稼ぎをしていた。いわゆるブロガーというやつだ。今時、そんなもので子どもの小遣いも稼げないであろうが、セコセコとブログを更新していた。

その日に食べた食事とか、どこに買い物に行ったなどが記載されている。そこから大体の生活圏は知ることができる。

また、過去の勤務先を調べると、元上司はすぐに見つかった。もともと、この上司は課長職であったが、1年ほど前に元上司は離婚していた。その理由は、やはり不倫であった。

それが社内で騒動になり、元上司は、この会社が持つ郊外の工場へ出向となったのだ。工場長補佐という、取ってつけたような役職が今の肩書きであった。

元上司は、工場に自転車で通っているということで、相当な慰謝料を支払っているというのが噂になっていた。自転車通勤圏内といえば、元妻のブログの生活圏とも一致している。

この工場には、ほとんどの従業員が普通自動車かスクーターなどで通っている。自転車で通うのは学生のバイトくらいのものだった。だから、中年男性が自転車で帰るのを見つけるのは容易であった。

下山は車のトランクに積まれている折りたたみ自転車に乗り、尾行を行い、この元上司の家を割り出した。この会社では社員寮か家賃補助などを利用する従業員が多いそうだった。社員寮は主に独身の者が入り、家族ができると家賃補助の申請をするそうだ。

周辺のアパートはファミリー用の物件が多く、都心と比べれば、ワンルームほどの家賃で借りることができる。元上司は、ファミリー用物件であろうアパート群へ自転車を走らせていた。

同じ建設会社が建てたのであろうか、同じような2階建で、1階に2部屋という作りの広めな間取りであろうアパートが並んでいる。洗濯物を見る限り、やはりこの辺りはファミリー用のアパートが建つ地域に違いないと下山は思った。

元上司は、鍵も刺さずに「ただいまー」と言って、アパート2階の1室に入っていった。玄関先には子供用の自転車があり、そこには、元上司の名字で、依頼人の娘さんの名前が続けて書いてあった。

“◯△リナか…再婚したということだな”

下山はその日は、事務所に戻り、状況を報告することにした。

知られざる元妻の裏

阿部「おいおい、そしたら、あれか、養子縁組してるってことか?」

下山
「そこまではわかりませんけれど」

阿部
「養育費はずっと払ってるんだよな」

下山
「ええ、一度も怠らず、習い事とか幼児教育の費用とかも払っているそうです」

阿部
「金づるか」

下山
「少し様子をみたいと思います」

下山は状況を確認するために、情報収集チームを代表の阿部に頼んだ。阿部は、準調査員のきく子とベテラン調査員のゲンさんを現場に派遣することにした。下山は現地で、コンビニの袋をぶら下げながら、巡回張り込みを行う。

巡回張り込みとは、住宅街などで一点張り込みが不可能な場合に行う緊急的な張り込み方法で、近隣住民を装いながら、散歩をしているように歩きながら、張り込みを行うという手法である。

代表の阿部からの直伝である。阿部は張り込みを研究しており、虫と呼ばれる通信機能をもつ小型のカメラを作ったり、巡回張り込みに犬を借りてきたりする。なぜか、たいていの動物は阿部に懐き、その指示に従うようになる。

犬の散歩で情報を集めたり、近所に住んでいる住人に溶け込んでしまう。

代表代理のサザビーも張り込みには長けていて、気がつけば近所の少年とキャッチボールを始め、その母親からジュースをもらったり、ベストポジションといえる一戸建ての縁側で、その住人と将棋を打ちながら張り込むことすらある。

下山は、あのクラスになると、一種のバケモノのようなものだと思っている。常人であろう自分には、自分なりのやり方がある。

すでに、ゴミ出しをしている姿を確認しているし、保育所がどこかもつかんでいた。それを、情報収集チームに報せ、きく子とゲンさんは、聞き込み対策の下準備を進めさせる。

このような調査においては、素行の確認などは「動のチーム」、聞き込みなどの情報収集は「静のチーム」として動き、互いに連携をすることが、調査成功の鍵となっていく。きく子は、妊婦に化けていた。

お腹に何かを詰めるようなことはしていないし、太った様子でもないが、そのような仕草を自然と行って、子ども達が遊ぶ公園で、静かにベンチに腰かけている。ゲンさんは年齢的に、「うちの娘がいつもお世話になっています」と挨拶をして回っている。

しばらくすれば、詳細な情報が集まってくるであろう。依頼人の元妻は、依頼人と別れたのち、しばらくは依頼人に用意させた都内のマンションで生活をしていた。

そこでは、元上司を部屋に連れ込むなどをしていた。近隣の住人や管理人には、元上司を兄だと紹介したようだ。近くに勤めているので、時々様子を見に寄ってくれると言っていた。

依頼人には仕事を探していると言っていたようだが、元妻は養育費と行政からの手当て、財産分与でもらった預金と、自分の口座に隠していたお金で、生活のやりくりをしていたそうだ。

また、夫であった依頼人と別れたことや依頼人が元上司を訴えなかったことから、彼女らの密会は節操のない頻繁な状態となり、それが元上司の妻が疑う原因となったようだった。

結局、浮気は明らかにされ、元妻は多額の慰謝料を請求され、元上司もほとんどの財産を取られ、職では降格処分が下された。

元上司夫婦には、子がいなかったため、養育費の支払いなどはなかったようだが、財産分与とは別である慰謝料を一括では支払えず、分割で支払うようになったそうだ。

元上司の降格人事と時をほぼ同じくして、元上司と元妻は婚姻し、新居であるアパートに移り住んだ。ここでは、過去のことを知る人物はいないので、普通の夫婦として暮らしているということであったが、生活は苦しい状況であった。

元上司は、子を養子縁組し、自らの子としたが、それによって扶養義務が自分に移るということを知らなかった。

しかし、それがわかると、夫婦喧嘩をしたようだが、結果として、依頼人と子を会わせず、唯一の連絡手段である携帯番号とメールアドレスを変えてしまえば、養育費は余分な収入として得られると考えたようであった。

元妻は、買い物帰り、それを咎めたのであろう電話の先の人物にこう言った。

「あのバカ男が正直で素直で、誰にでも優しいって善人面している限りはさ、死んでも養育費は払い続けるんじゃないの?

それこそ、死んで貰えばさ、あいつの持ってるものはさ、リナが受け取る権利があるんでしょ。それこそ、養育費が終わる頃にでも過労で死んでくれないかな」

下山は素行の確認を続けていた。

元妻は、子どもを保育所に預けると、駅まで自転車で向かい、駅前のパチンコ屋の開店前の行列に並ぶのだ。

そこで、整理券をもらうと、狙った台に座り、数時間を過ごす。途中で資金が尽きれば、決まった男らの内、その日の勝ち台を引いた者と近くの休憩施設に入り、小遣い稼ぎをするのだ。

それは、近くのトイレということもあったし、ミニバンの後部座席ということもあったようだ。こうなると、狂ってるとしか考えられない。下山がパチンコ屋で彼女の行動を目で追っていると、隣の台に座っている初老の男が話しかけてきた。

「あれは、あれで、結構、いい女だぞ。なんなら、紹介してやってもいい」

“バカな、この店の客も狂ってやがるのか!”

下山は怒りのようなものを思い浮かべながらも、表情はそれに合わせるようにして、興味あり気に、その初老の男に色々と聞いてみた。

すると、はじめは、元上司に連れてこられたそうだということがわかった。ビギナーズラックであろうか、その時は、大勝ちしてパチンコ玉を周りに並べ、閉店まで大当たりが続いたそうだ。それからしばらくすると、朝の行列に並ぶようになった。

そして、負けると台の前で呆然と座るようになった。常連客の一人が、それに声をかけるようになり、少し玉を譲ってもらったり、打ち方を教えてもらうようになった。

しかし、ギャンブルはギャンブル、パチンコといえぞ、テラ銭のような仕組みは必ずある。負けがこむと生活費にも手をつけてしまうのであろう。それでも、すでにパチンコ依存になっているだろう彼女は、店に通い続けた。

身体を預ければ、あぶく銭を稼いだ男らは、いくらか置いていく。それなら、多少負けても、遊ぶ金には苦労しなくなる。ちょうど競馬場などのギャンブル場の近くにある風俗店に似ていると下山は思った。下山は報告書を作成していた。

調査の様子は、報告書作成前に、代表の阿部に説明していた。阿部は、眉間に皺が寄り、目つきが険しくなっていた。そして、「報告の際は同席する」と言って帰ってしまった。報告書には、母子が笑顔で遊ぶ写真が添えられている。

子は母が、パチンコに通っていることやそこで男らから金をもらっていること、実の父が、実は生きていて毎月養育費を払っていることを知らない。交通事故で亡くなったと元妻は子どもに吹き込んでいた。

そして、この子は、お母さんが大好きなのだということが写真からもよくわかる。それでも、こうした生活が続けば、いずれは破綻する。

人としての関係が破綻し、生活するための資金が破綻し、信用も破綻する、そういう過程を、児童虐待に関する証拠収集調査で、嫌という程、下山は見てきた。

調査員は冷静な判断をするためにも感情移入させてはいけないと教え込まれていても歯を食いしばり、拳を握りしめたことが何度あったことか…。下山は複雑な心境のまま、依頼人へ電話をした。

子供のための決断

依頼人は時間ぴったりに事務所へやってきた。代表の阿部が少し遅れて面談室に入ってくると、社長と聞いて、慌てた様子でぎこちない手つきで名刺を渡していた。

依頼人に調査報告書を開きながら下山は淡々と状況の説明をした。彼は少し涙を浮かべながら、複雑な表情のまま顔を上げた。阿部が声をかけたのだ。

阿部「私は母子を引き離すということには、原則反対です。だが、同時に親子が引き離されることにも否定的な意見を持っています。特に日本の単独親権という考え方は実態とすでに乖離していると思っています」

依頼人
「は、はぁ。私もそれは残酷だと思っていますが、リナには申し訳なくて自分が不甲斐ないばかりに…」

阿部は無表情のまま話を続けた。

阿部
「まず一点、養育費ですが、このまま支払い続けても子のために使われるのはわずかでしょうし、パチンコ銭を与えるのもどうかと思います。しかも、あなたには扶養の義務がない。理由は養子縁組しているからです」

依頼人
「そ、そうなんですか」

阿部はため息をつきながら深くうなづいた。

阿部「そして、この元奥さんについては、パチンコ依存など心の病を治療する必要があると思います。お子さんにもきちんとした環境を用意すべきであろうとも思います。それについては、どう思われますか?」

依頼人「できることなら、私が引き取って育てたいです」

阿部
「ならば、私の案を聞いてください。するかしないかは、ご自身でご判断ください。」

依頼人
「何か良策があるんですか?」

阿部
「ええ、養子縁組から考えて知らずに支払った養育費を彼らに請求するのです」

依頼人
「それでは、私が悪者ではないですか!」

阿部
「彼らは必ず焦ります。そうなれば、きっと交渉のテーブルにつくはずです。そこで、この事実を最後の切り札にして、親権の変更を申し出るのです」

依頼人
「わ、私には荷が重いです」

阿部
「少なからず、子どもが高校を卒業するまでに、2000万円は必要だと言われています。それを彼らに用意できるでしょうか?

ここまで荒れた生活を戻せるでしょうか?聞けば、どんどん酷くなっている。保育所のお迎えの時間に間に合わないことも増えてきた」

依頼人
「…」

阿部
「できないとしないは、大きな差があります。子は親の背中を見て育つと言います。このお母さんは子に一体どんな背中を見せるというのですか。

何も親なら全てが聖人であれとは思いません。しかし、このまま行けば、元の奥さんにも良いことは何一つないのではないかと私は思います」

依頼人「考えさせてください。大学の時の友人に弁護士がいるんです。離婚の時、早まったなって怒られたんですが、それ以来、いろいろ、食事に誘ってくれたり、心配してくれているようで、実は、阿部さんのことも、そいつから聞いて、連絡したんです」

阿部
「では、その弁護士さんに相談してください。私の考えも今のまま、伝えてください」

依頼人は、ドアを出て廊下に行っても、阿部と下山に深々と頭を下げた。下山は心配になって駅まで送ることにした。

事務所から最寄りの東急田園都市線池尻大橋駅までは徒歩1分程度だし、雨も降っていない、依頼人は道に迷うことはないようだが、そうしたかったのだ。そして、下山は別れ際、胸につかえていた言葉をようやく口にした。

下山
「僕も阿部と同じように思っています。でも、リナちゃんはお母さんが大好きです。お母さんもリナちゃんが大好きだと思います。

だから、せめて、もし親権が移ったとして、一緒にリナちゃんと暮らすとしても、お母さんとは、会わせてあげてください。それから、そのパチンコ屋のこととか、そういうことは、言わないであげてください」

依頼人は下山の言葉に少し驚いたような表情をしてから頷いた。

下山
「あの、これは僕の希望で、なにか強制しているということではなくて」

依頼人は、目に涙を溜め、再び深くお辞儀をしてから、駅へ歩いて行った。下山は、その背中が見えなくなるまで見送った。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス