あれ?!どうしようと気づいた時には遅かった…。

Googleアカウントは今や誰しも使用しているといっても過言ではない機能のひとつだといえます。なりすましや乗っ取りなど、まさか自分がという人が体験したという話を聞いてからというものセキュリティーの強化は自分で行う必要が出てきました。

設定を自分で強化し、ログイン設定などが複雑になっていたのが安心できる要因でしたが、あだとなる日が来るとは思いませんでした。

不正使用を考えてセキュリティーを強化したはずが…

なりすましなどのトラブルを避けるためには、ログインする状況が複雑な状態になってしまいます。とはいえ、大切なデータを守るためには必要な手段だといえるでしょう。

2段階認証の設定ではバックアップ用を必ず指定しよう!

Googleアカウントでは、2段階認証という設定がありログインパスワードのほかに、携帯電話にログインする度、もうひとつのパスワード送るというシステムがあります。よりセキュリティーを強化したタイプです。

携帯電話のメールアドレスを変更してしまった!

すっかり2段階認証のことを忘れ、メールアドレスを変更してしまいました。つまり、2段階認証で送られてくるパスワードが受信できない状態となってしまったのです。結果、自分のGoogleアカウントにログインできません。

バックアップがなければお手上げ状態になる!

出典ぽんたす撮影

自身のGoogleアカウントへログイン後、Googleへのログインを押すと画像の画面が表示されます。「2段階認証プロセス」という部分が、2段階認証の詳細設定ページです。

バックアップ用の登録をしていなかった…

出典ぽんたす撮影

バックアップ用の電話番号やメールアドレスを登録していないと、完全にお手上げ状態です。自分のGoogleアカウントにログインできません。即時必要なデータ等々も一切見ることができませんでした。

メールアドレスを設定したり、電話での音声通知を設定したりすることが可能ですので、メールアドレスを不意に変更したとしても問題がないように「音声」の設定を使用しつつ、電話番号が変更したときのために「メールアドレス」バックアップコードを印刷しておくことをオススメします。

今Googleアカウントで2段階認証を使用している方は、バックアップオプションの設定とバックアップコードの印刷をすぐにしましょう!

携帯アドレスを変更する場合は要注意!

何気なしに携帯電話のアドレスを変更してから気づいた今回のトラブル対処は、非常に頭を悩ませる結果となりました。携帯電話のキャリアを変更する場合やメールアドレスの変更など、強固なセキュリティーがゆえに思わぬトラブルを自分で引き起こす可能性があります。

データを扱っている以上、どういったパターンにでも対応できるバックアップは必ず設定し、使用者がセキュリティーに振り回されないような状態にする必要があります。ONかOFFしかない機械ですので融通が利きません。解消されるまで時間がかかりますので、Googleアカウントのバックアップ設定は必ずすることをオススメいたします。

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス