虫歯になると、銀歯を入れなきゃならない…。

Licensed by gettyimages ®

これまで、セラミックの詰め物は全て自費治療で行われていました。治療費が高額なこともあり、全ての銀歯をセラミックにするのは非常に大変ですよね。ですが「金属アレルギー」により、銀歯を使えない方も沢山いらっしゃいます。

今日はごく一部ですが、診療報酬改定した内容をご紹介します。

2014年4月の診療報酬改定で、白いかぶせ(CAD/CAMハイブリッド冠)を保険治療で使用することが認められました。つまり、これまで自費でしか使えなかったハイブリッドセラミック素材が保険で使えるようになったわけです!

出典 http://nakasato-dc.com

実は、去年の4月に診療報酬改定がありました。ただ、現時点では「ハイブリッドセラミック素材が使える条件が非常に限られている」ため、取り入れている医院・保険適用で治療できる症例はごくわずかですが、この条件に当てはまる方は、治療を検討してみるのも、良いかもしれません。

まさにその通りです。では、どのような条件が揃えば良いのでしょうか。

条件その1:申請を行って受理された歯科医院で治療すること。

Licensed by gettyimages ®

健康保険適応となる部位は、第1小臼歯(前から4番目の歯)、第2小臼歯(前から5番目の歯)となります。

出典 http://www5.famille.ne.jp

対象になるのは、該当の歯だけです。

条件その2:適用はクラウンのみ。部分的な詰め物は、保険対象外。

Licensed by gettyimages ®

対象部位であること。さらに、その部分にクラウン(かぶせ物)を入れる場合のみ、健康保険適用となります。インレー、アンレー(部分的なつめ物)は健康保険が適応になりません。条件はかなり狭いと言えるでしょう。

健康保険適用の認可を取ることが、思ったよりも大変。

Licensed by gettyimages ®

治療を受ける方としては、多くの方が健康保険適用で治療を受けたいと思います。一方、これまで自費治療で行っていた治療を保険適用で行うことで、歯医者さんの利益率は下がってしまうことでしょう。認可制のこの制度を、わざわざ導入する歯科医院は、現時点では非常に少ないのが現状です。

健康保険が適応になるには、厚生労働省が定めた歯科用CAD/CAM装置を使用して作製することが必要となります。従来の歯科技工士が手作業で作製するものは、健康保険は適応になりません。歯科用CAD/CAM装置の導入には500万円以上の費用がかかり、投資費用が大きいこと、採算性の問題から、導入している施設はごく一部に限られています。

出典 http://www5.famille.ne.jp

専用の装置が必要になる。というのが、認可を取る上でハードルになります。健康保険適用の材料よりも自費治療の方が良い材質のものを扱えるということもあり、あえて導入しない医院もあるようです。

強度は銀歯や自費治療のハイブリッドセラミックより劣ります。

Licensed by gettyimages ®

保険適用のハイブリッドセラミックは、やはり強度が劣るそうです。銀歯よりも強度が弱いため、金属アレルギーではない方は、どの治療方法がベストかを、その都度ドクターに相談をしましょう。

メリットは安価で白い歯に出来ることと、金属アレルギーの改善。

Licensed by gettyimages ®

特に、重度の金属アレルギーがあっても、費用の関係でやむを得ず銀歯を入れていた。というかたには、今回のニュースは大変嬉しいものでしょう。

従来の健康保険適応の白いかぶせ物(プラスチック)よりも、審美性、強度に優れたものが装着できます。健康保険適応外のハイブリッドセラミックスに比べると費用は大幅に安いものの、審美性、強度はやや劣ったものとなります。白いかぶせ物を安価に装着したい方、歯の色に強いこだわりがない方におすすめです。適応となる歯やハイブリッドセラミックスの種類、製品は限定されます。

出典 http://www5.famille.ne.jp

通常の歯と同じ色にしたい。といった細かな要望に応えるのは難しいですが、銀歯でいるより確実に審美性が高まります。

一番は、虫歯にならないように予防をすること。

Licensed by gettyimages ®

ハイブリッドセラミックを使えるのは嬉しいニュースではありますが、いちばんは「虫歯予防」を行うこと、虫歯が進行しないように、毎日きちんとデンタルケアを丁寧に行うことが大切です。

白い歯になると、笑顔になれる回数が増える。

Licensed by gettyimages ®

銀歯が目立つから笑いにくい。といったお声を、特に女性の方から多く聞いたことがあります。私自身も、銀歯を全てセラミックに変更しましたが、白い歯になると人前で笑うことに抵抗感が無くなります。現時点では対象医院、症状ともに非常に限られていますが、この条件に当てはまる方は、治療をしていただける歯科医院さんを探してみては、いかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら