東京ビッグサイトで開催されている『東京モーターショー2015』でヤマハがバイクを運転するヒト型ロボット『MOTOBOT Ver.1』を披露して、話題になっています。

腕の部分でステアリングやアクセル、前ブレーキを、足首の部分ではクラッチやシフト、ブレーキを操作し、スラロームや旋回などバイクの基本的な走行が可能なヒト型ロボット『MOTOBOT』

バイク本体に手を加えることなく、車両操作をロボット側のみで制御、自律的な運転操作によって時速100kmで走行することが可能なんだとか。

ヤマハは『親愛なるロッシへ』と題し、MOTOBOTの動画を公開

出典 YouTube

『親愛なるロッシへ』と題され公開された動画。

MOTOBOTは開発のテーマに『人間の限界を超えること』を掲げていて、2017年までにサーキット走行で最高時速200kmでの周回を目指し、”史上最強のライダー”の呼び声が高いバレンティーノ・ロッシのラップタイムを超えること目標にしているんだそう。

ネットでも今回の発表には驚きと感動の声が多数

また、各社で開発が進む”自動運転車”とは違い”車両に対する改造”が必要ないため、さまざまな車両に対応できるのもポイント。

ヤマハは操作の難しいバイクの運転が可能であれば他の乗り物でも操作することが可能と説明しています。

ぐいぐい近づいてくる未来。将来的に、自分の車やバイクをMOTOBOTに運転させることができるようになるかと思うと夢が広がりますね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス