少し前に「子供が身に付けるべきマナー」と題して、リサーチコンサルタントのディヴィッド・ロウリー氏が25個のマナーをある雑誌で挙げました。その25項目に対して「これを全部している子供は、子供らしさに欠けているようでちょっと怖い」という感想を持った人もいれば、「このぐらい子供はできて当たり前」という人もいました。

更には「子供ができる以前に大人ができていない」とコメントした人も。あなたはどう思うでしょうか。では、子供が9歳までに身に付けるべきと言われている25のマナーをこちらでご紹介しましょう。

1. 何かを頼む時は「お願いします」と言う
2. 何かをもらった時は「ありがとう」と言う
3. 緊急でない限り大人の会話の邪魔をしない。(大人は会話が終われば子供に気付き、尋ねてくれる。)
4. どうしても会話に割って入る時や人の邪魔をする時は必ず「ちょっといいですか」と断りを入れる。
5. よくわからないことは勝手にせず、大人に聞く。
6. あれが嫌だ、これが嫌だとわがままを言わない。
7. 他人の外見に対して褒め言葉以外はコメントしない。
8. 元気?と聞かれたら、聞いてきた相手にも聞き返す。
9. 友達の家に遊びに行ったらその子の親にきちんとお礼を言う。
10. ドアを開ける前にノックをする。
11. 電話をかけたらまず自分から名乗り、話をしていいか尋ねる。
12. 感謝の気持ちを忘れない。メールで伝えるより手紙の方がベター。
13. 汚ない言葉遣いをしない。大人は既に知っているので聞いても退屈で不愉快なだけ。
14. 他人の悪口を言わない。
15. 他人を馬鹿にしない。自分が弱くて残酷だということを表に出しているだけ。
16. 劇や人の話がつまらなくても、興味があるふりをして静かにする。
17. 誰かにぶつかったらすぐに「ごめんなさい」と謝る。
18. 咳やくしゃみをする時は手を口にあてる。人前で鼻をほじらない。
19. 自分がドアの所にいて誰かが通ろうとしたら、ドアを押さえてあげる。
20. 親や先生、近所の人の手伝いを進んでする。何かを学ぶいいチャンス。
21. 頼まれたことは笑顔で引き受ける。
22. 手伝ってもらったら「ありがとう」を忘れない。
23. 食事のマナーは大人に聞いたり真似たりしてナイフやフォークを正しく使う。
24. 食事中はナプキンを膝の上にのせて、口元が汚れたらぬぐう。
25. 食卓にあるものに手の届かない時は、手を伸ばさずに取って欲しいと頼む。

出典 http://www.parents.com

みなさんは、9歳の時にこの25項目のマナーを全てマスターしていたでしょうか。筆者は記憶が曖昧ですが、9歳までにマスターしていたのは恐らく10項目未満ではなかったかと思います。

あなたは、子供が9歳になるまでにこの25項目をきっちり躾けることが当然だと思いますか?また、9歳になるまでに子供はこの25個のマナーをできるようになるのが当たり前だと思いますか?

まず、大人でも確かにできない人がいますよね。そして子供にできて当たり前のことは大人ができて当たり前なんですが、恥ずかしいことに、子供ができても同じことをできない大人もいます。お礼や挨拶なんかはまず人として当たり前のことなので、子供が小さい頃からきちんと躾けるべきだとは筆者も思います。

でもこの25個のマナーを「全部できて当然だ」というコメントには正直驚きました。アメリカではほとんどの子供ができるとアメリカ在住の日本人の方がコメントしていましたが、イギリスでは9歳の子供の恐らく半分ほどができるかできないか、といったところでしょう。

この25項目全てを9歳までにできるとすれば、相当両親が厳しく躾けたのではというのが筆者の意見です。確かに、人への思いやり、挨拶、お礼、そんなことは成長過程で学んで当たり前のことですが、筆者のもうすぐ5歳になる息子に「人の話がつまらなくても興味あるふりをしなさい」とは筆者は言いたくありません。

もちろん「つまらないと言えばいい」というのではないのです。大人に気に入られるような大人にとっての都合のいいような躾け方だけは筆者はしたくないと思っています。コメントの中には「社会に出て子供が恥ずかしくないように、と考えれば当然の躾けだ」ともありましたが、マナーは親からの躾けと共に社会の中で成長しながら学んで行くものだと思います。

また筆者としては、項目の21番目にあるような、頼まれたことは何でも笑顔で引きうけて「NO」と言えないような子供に息子はなってほしくはありません。

あなたはどう思いましたか?子供の躾けは確かに大切。筆者の親の世代はもっと厳しかったというようなことも聞きました。

品格のある大人になるためにはこれぐらい9歳までに躾けられて当たり前という意見もあるようですが、人として最低限のマナーを守れるような大人に育てるには、こういった「必ずさせるべき25項目」というようなマニュアルをマスターさせるよりも、社会との関わり、親との会話のなかで、時間をかけて少しずつ自然に学んだ子供の方が、人間的に融通もきく大人になるのではと筆者は思います。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス