「ウチの親ってほんとウザイ! 」
親からすればよかれと思うことは、ティーンエイジャーにとってとても迷惑に感じることがあります。とにかくティーンエイジャーは言うことを聞かない!親をばかにしている。そう感じることはありませんか?

ティーンエイジャーの親は、子育ての最終ラウンドに立っています。戦いは彼らとではなく、親自身のあなたです。どういう意味かというと、彼らと付き合うためには、自分自身が成長しなければならないということです。寛大な心があるからこそ、ティーンエイジャーを育てる余裕が出てくるものです。

共感する心を持つ事

第二の反抗期と呼ばれているのもそのはず。自信過剰なのにやっていることは大人に満たない、かといって親の注意を聞かない。それがティーンエイジャーです。自分はもう大人だから何をしたって平気だと思っていて、親の言うことなんかお経のようにしか聞こえません。

ウザい親には思われたくないですよね?それならば友達になってしまえば良いのです。子供のやっていること、考えに共感すればよいのです。

干渉し過ぎない事

ティーンエイジャーといってもまだ子供。なんでも大人の真似をしたくなる時期ですが、まだ責任を持ってできることは限られています。干渉をしたくなりますが、大人ならある程度は秘密を持っているはずです。彼らだって同じこと。ヘルプが必要な時は助ける。そうでないときは、子供のすきにさせることです。いつまでも親が子離れできないと、子供も成長しません。

良い相談相手になる

この時期は情緒不安定で、いろいろと悩みを持っているものです。恋人ができたり、進路の悩みがあったり、友達だけでは解決出来ない問題が山ほどあります。親身になって一緒に考えてあげることが一番仲良くなれるキッカケになるでしょう。

レクチャーをしない

あの子はできるのに、なぜあなたはそうできないの?と攻めないことです。それから自分の過去の自慢話しばかりをして、子供の悪いところと比べないことです。はっきり言ってウザがれるもとです。

時には友となり時には親の顔

友達のように接するには、メリハリがないとばかにされます。親としてのプライドは保ちつつ、間違っていることは指摘します。ガミガミ言うのではなく、注意するだけで良いのです。フリーになりすぎてばかにしてきたら、それなりの対応が必要です。子供が親に対する敬意を忘れてしまうのは、親側にも問題があるからです。

「40歳の顔は今までの人生を物語る」と聞いた事はありますか?怒りっぽい人の顔はもっとしかめっ面に、穏やかな人はもっと優しい顔になっていきます。余裕に満ちた親は良い顔をしていますよ。

この記事を書いたユーザー

sakura cherry このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式プラチナライター。灼熱の地UAEに暮らす色々書いてる人。ブログもやってます!
ブログ>>http://ameblo.jp/maomao2015/
twitter>>@maonyan2015

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • ライフハック
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス