うのたろうです。
秋ですね。葉っぱが色づく季節です。

紅葉。

日本の秋をもっとも感じるイベントなのではないでしょうか?

そんな紅葉ですが、スポットといってもたくさんあります。
というよりも、たくさんありすぎて、いったいどこにいったらいいのかわからなくなってしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで本日は「都内」の「公園」にしぼって、そこからさらに「時期別」「シーン別」といった条件のもとに、ぼくのオススメスポットを6つご紹介いたします。

題して……


紅葉が見られるオススメ公園6選


この記事を書いている10月29日現在すでに紅葉を楽しめるスポット。
11月上旬からが見ごろのスポット。
11月中旬からが見ごろのスポット。
そしてカップルにオススメのライトアップされる紅葉スポット

それぞれの特徴とともに見ていきましょう……

10月下旬現在①~見ごろ「城北中央公園」

まずは10月29日現在、すでに紅葉が楽しめる公園の紹介です。

ひとつめは、練馬区にある城北中央公園。
旧石器時代の遺跡やスポーツ施設も併設されている大きな公園です。
また児童公園や子ども広場があるためファミリーにもオススメの公園として有名です。

紅葉は黄色。
園内には2285本のイチョウやケヤキがあり、綺麗なイチョウ並木を楽しむことができます。さらに無料で利用できるドッグランのエリアがあるためペットとのおでかけスポットとしても人気の公園のひとつです。

このスポットは家族連れやペット連れにオススメの紅葉スポットといえます。

※ドッグランの利用には事前に城北中央公園サービスセンターでの利用登録が必要(登録受付は9:00~17:00)

【住所】東京都練馬区氷川台1-2
【駐車場】あり/200円(1時間)以降30分毎に100円
【アクセス】東武東上線「上板橋」下車徒歩15分
東京メトロ副都心線「氷川台」(F05)・東京メトロ有楽町線「氷川台」(Y05)下車 徒歩20分

10月下旬現在~見ごろ②「駒沢オリンピック公園」

駒沢オリンピック公園も10月29日現在、紅葉が見ごろになっています。

東京都世田谷区にある駒沢オリンピック公園は東京オリンピックの第二会場をそのまま公園として開放した総合運動公園。約41万平方メートルの敷地に陸上競技場、球技場、体育館などのスポーツ施設があるほか、ジョギングコースやサイクリングコースなどもあるため1年を通してたくさんの利用客によって愛されています。

駒沢オリンピック公園のイチョウ並木は黄金のトンネルのようです。都内でも有数の紅葉スポットとして有名です。

紅葉はイチョウ並木のほかにケヤキやモミジ、サクラ、トウカエデなど約500本の紅葉が楽しめます。例年の見ごろは11月中旬~12月中旬ですが、今年はすでに紅葉の見ごろをむかえています。

カップルで運動をしながらの紅葉がオススメです。

【住所】世田谷区駒沢公園1-1
【アクセス】JR渋谷駅から東急バス、田園調布行きに乗り「駒沢公園東口」で下車
JR「恵比寿」から東急バス、用賀行きに乗り「駒沢公園」で下車
東急田園都市線、駒沢大学駅からは徒歩15分ほど

11月上旬~見ごろ「国営昭和記念公園」

立川市にある国営昭和記念公園の紅葉は11月上旬~12月上旬が見ごろです。
180ヘクタールもの広大な公園に紅葉スポットが点在しているため、散策をしながらの紅葉狩りがオススメです。とくに運河付近のイチョウ並木は必見です。

またサイクリングやBBQの施設もあるのでファミリーやカップルや友人どうしで一日ゆっくりするというのも素敵なすごし方ではないでしょうか?

※入園料がかかるので注意

【住所】東京都立川市緑町3173
【アクセス】アクセスJR「立川駅」下車、歩いて2分
【営業時間】9:30~16:30
【入園料】大人/400円 小中学生/80円

11月下旬~見ごろ①「代々木公園」

紅葉といえば東京都渋谷区にある代々木公園ははずせません。
都内でもっとも有名な紅葉スポットのひとつであり、都内の紅葉の大定番スポットです。広大な園内には、噴水や芝生広場、ベンチなどがあるため、ファミリーやカップルでのんびりと秋の散策を楽しみながら紅葉を見ることができます

見ごろは11月下旬ころからとほかのスポットとくらべて遅めのスタートとなります。

園内には、ケヤキが約1000本、イチョウが約200本、モミジが約100本など約6種類の広葉樹が合計約1300本あります。そして、それぞれの葉が順番に染まっていく、そんな紅葉を楽しむことができます。赤いモミジに黄色いイチョウ……それぞれの魅力を楽しんでください。とくに中央広場のケヤキ林と原宿門のイチョウ林、そして噴水池の真っ赤なモミジがオススメです。

ちなみに。
代々木公園の紅葉の順番は以下の通り。

11月上旬~ケヤキ
11月中旬~イチョウ
11月下旬~モミジ

そしてほぼすべての植物が11月下旬ころに色づき始め12月上旬ころにピークを迎えます。

【住所】東京都渋谷区代々木神園町2-1
【駐車場】400円(1時間)以降30分毎に200円
【アクセス】JR原宿駅から徒歩約3分、東京メトロ千代田線代々木公園駅から徒歩約3分

11月下旬~見ごろ②「北の丸公園」

北の丸公園は紅葉+滝の音が「ならでは」の紅葉スポット。家族にもカップルにもオススメでです。

紅葉にかんしましては公園内の西側にあるモミジ山を中心に約230本のモミジが植えられています。そんな色づきを見ながらきくことができる滝の音はしみじみと秋を感じさせてくれます。これぞ、まさに都会のオアシス。そんな雰囲気の紅葉を楽しむことができる紅葉スポットです。

また国の重要文化財に指定されたいる旧江戸城田安門や清水門などの史跡、東京国立近代美術館、工芸館などの文化施設もありますので、紅葉といっしょに歴史や文化にふれてみてはいかがでしょうか?

例年11月末~12月初旬が見ごろ。

【住所】東京都千代田区北の丸公園
【駐車場】400円(3時間)以降1時間ごと100円
【アクセス】東京メトロ九段下駅2番出口より徒歩5分
東京メトロ竹橋駅1b出口より徒歩7分

ライトアップされる紅葉「日比谷公園」

千代田区にある日比谷公園はライトアップされる紅葉スポットです。イチョウ、モミジ、ケヤキなどの紅葉を楽しむことができます。
オススメはテニスコート近くにあるイチョウ並木。散り始めの黄色い絨毯のうえを歩くのも風情がありますよね。また名木といわれる「首かけイチョウ」の大木を楽しむこともでします。ほかにも日本式公園の池のの真っ赤に燃えるモミジの紅葉を見ることができます。

また日比谷公園の紅葉は公園内の大噴水がライトアップがあることでも有名です。ライトアップは夜9時までおこなわれますので、ぜひカップルでおでかけしてみてはいかがでしょうか?

11月中旬~12月上旬が見ごろです。

※年によっては12月中旬まで楽しむことができます。


【住所】東京都千代田区日比谷公園1
【駐車場】8:00~22:00/300円(30分)、22:00~翌朝8:00/150円(30分)、一日最大2700円
【アクセス】JR・地下鉄「霞が関駅」霞ヶ関駅B1出口 目のまえ
東京メトロ千代田線・日比谷線「日比谷駅」A10出口の目のまえ

まとめ

今、ファミリーでいくのならば城北中央公園。
今、カップルでいくのならば駒沢オリンピック公園。

11月にはいっていくのならば……そんなふうに段階を追って選んでいけば、都内に多数ある紅葉スポットで「どこにいけばいいの?」と迷わずにすみます。

そして、カップルでいくのならば、やはり夜の日比谷公園が個人的には一番のオススメです。

赤や黄色に染まる葉に、日本の秋を感じてみてはいかがでしょうか?

ほら、となりにいる恋人の頬の色も真っ赤に染まっているのが見えるでしょう?

うのたろうでした。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス