「Cleanliness is next to godliness.(きれい好きは敬神に次ぐ美徳)」という諺が欧米にはありますが、今回、イギリスの調査では子育てにおいて親が最も大切だと思うことは、「衛生」という結果になり、諺にある「信仰」を遥かに上回る結果がでたようです。

この調査は、筆者の別記事「世界のトイレ事情」の調査にもあたった、ティッシュやオムツなどの衛生商品を世界100カ国に展開しているSCAという企業によって行われたものです。

今回、SCAはイギリスで7000人の親を対象にリサーチ。「育児において最も重要だと思うこと」に77%の母親と69%の父親が「衛生面」と答えました。長年イギリスに住む筆者は正直、この回答に驚きました。子供を育てる上で清潔さや衛生面を一番大切とするならば、イギリスの家庭を始め、保育所や学校でのカーペットやフローリングの土足はいかがなものかと。

母親になってから衛生面に気を配るようになった人が増えた

Licensed by gettyimages ®

調査では、子供が生まれてからは手洗いを頻繁にする人が増えたことも判明。また、ノーメイクで外出できる人が68%に対し、歯を磨かずに外出できる人はたったの7%という結果も出ています。親になれば子供を菌から守ると共に、自分自身も清潔にしなければいけないという衛生観念を持つ人が増えているようです。

また調査では、トップの「衛生面」に次いで礼儀作法が65.5%、「健康」、「食生活」、「運動」が54%、「社会との関わり」が45%、「伝統」が21%、そして最下位は「信仰」が16.5%という結果になったそうです。

別の調査によると、イギリスでは最近、信仰離れの傾向にあるのだとか。特定の宗教を持たず、教会にも行かないという人は1964年の26%から69%にまで増加しているということで、その調査を裏付ける今回の結果となったと思われています。

これに対し、グラスゴー大学の神学科教授であるジーンロンド氏は「衛生面に気を配るようになった人が増えているのは実に嬉しいことです。でもそれと同時に他者や神、自分自身の内面とも対峙し、より良い関係を育むことも大切にして頂きたい。そういう意味では、清潔さと神への敬虔は同じものであり、衛生的で健康的な肉体と信仰に篤い健全な心のバランスを保つことが大切ではないでしょうか。」とコメントしています。

イギリスでこの結果が出たということは、恐らく日本ではもっと「衛生面」に気を配っている人は多いでしょう。子供を持つ筆者の意見としては、やはり子育てにおいて清潔さは必要不可欠なもの、と同時に子供の健康な体に健全な心が宿るように彼らの成長を見守って行くことが、親としてもまた社会としても大切なことではないかと思います。みなさんはどう思いますか?

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス