「美人かどうか?」というのは、顔やスタイルなどのルックスだけで決まることではありません。あなたのまわりに、ルックスは普通なのに、「美人だな」と感じる女性がいませんか?その女性は、所作が美しいはずです。

美人度が上がる女性の所作についてまとめます。

指先をそろえる

指は閉じることが基本になります。

「こちらです」とバッと開いた手で方向を教えるよりも、閉じた指を差し出す方が上品な印象になります。中指を軸に、他の指はそっと添えるように閉じるとよりエレガント度がアップします。

出典 http://googirl.jp

指を開くと、どうしても「がさつ」な印象になります。神経が行き届いていないイメージですね。たとえば、「こちらです」と手を差し出す場合は、中指を軸にして他の指を添えるようなイメージがいいでしょう。

さらに、ピンと手のひらを張るよりは、バレーボールに手を置いたときのように、少し内側に丸みを帯びさせた方がいいでしょう。※相手に上品な印象を与えます。

指(先)は、「揃えること」とゆるやかな「曲線」がポイントになりますね。

両手を使う

さらに、手は両手を使うことが基本になります。

机に物を置いたり、書類や食器を持つとき、片手だけで持つよりも両手を使った方が断然美しくみえます。指先もそろえられたら完璧です。

出典 http://googirl.jp

男性は、書類でも何でも片手で持とうとします。なので、逆に両手で書類を丁寧に抱えている女性を見ると、ドキッとするのです。その姿に、自分にはない細やかな気遣いのようなものを感じるのかもしれません。※女性らしさを感じます。

男性のように片手で処理してしまうと、やはり「がさつ」な印象になってしまいます。

足をそろえる

女性が、足をそろえて座っている姿は美しいものです。

アナウンサーなどメディアに登場する女性の方で、男性のように足を開いて座っている、という人はちょっと見たことがありません。「美」を意識している女性が、足を開いて座る、ということは通常ありえないのです。

また、椅子から立ち上がるときも注意したいですね。

椅子から立ち上がるときも出来るだけ「ひざ」と「太もも」の2点だけはキュッとくっつけるように!女性としての強い意識の表れたこの仕草は美しく、男性も見惚れちゃいます。

出典 http://slism.net

「ひざ」と「太もも」をくっつけることを意識して、立ち上がりましょう。

横向きで拾う

落ちたモノを拾う、というシチュエーションがあります。

身体の前ではなく横で取るようにします。かがんだときに、締めた両膝を少し外側に向けると、腰がひねられた状態になり、身体に曲線の表情があらわれることになります。

出典 http://josei-bigaku.jp

そんなときは、カラダの横で拾うようにしましょう。

両ひざは当然くっつけた状態です。落ちたモノをカラダの横で拾うと、上半身を少しねじる形になりますね。その形が男性には美しく見えるということです。

まとめ

所作で美人度を上げる方法は、以下のとおりです。

1)指先をそろえる
2)両手を使う
3)足をそろえる
4)横向きで拾う

男性は、女性の所作の中に、自分には無いものを感じたとき「美しい」と思いますので、所作の中で、丁寧さや細やかな気遣い、曲線美などを意識すれば、あなたの美人度が上がると思います。

そのほかにも、背筋や首筋をのばして、常に姿勢よくしておく、ということも大事ですね。それだけで、凛とした印象をまわりに与え、存在感が増すことになります。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス