近年、子どもへの虐待のニュースをよく耳にすることがあります。

子どもがいない人にとっても、以前は自分が子どもだったことを考えると、こういったことが日常的にどこかで行われていることは、とても悲しいことなのではないでしょうか?

通常、子育てというのはなかなか一筋縄ではいきません。

多くの場合だと「これが子育て」と割り切って”戦場のような子育て”に奮闘していくことになるのですが、中には、子どもに必要以上にきつく当たったり、暴言を吐いたり、暴力を振るってしまう親も存在します。

しかし、子どもへ虐待を行う親が全て、我が子を嫌っているのかというとそういうわけでもないようです。

普段は一緒にお出かけしたり、子どものことを第一に考えて一生懸命に子育てをしている。

しかし、いざ子ども部屋で二人きりで過ごしているときに、泣き叫ぶ子どもをみると暴力的な行動をとってしまう…。

みなさんは“赤ちゃん部屋のおばけ”という言葉を聞いたことがありますか?

子どもに対して暴力的になってしまう『赤ちゃん部屋のおばけ』とは

Licensed by gettyimages ®

”赤ちゃん部屋のおばけ”というのは、アメリカの女性精神科医のセルマ・フライバーグ氏が提唱した概念です。

これは子どもに対する暴言や暴力、それらの行き過ぎた行為の背景には、我が子と接することで、子どもだった頃の自分の姿を思い起こさせられるなど”その親が幼少期から持ち続けている内的葛藤”があるというもの。

親自身の内的葛藤が、亡霊のように取り付いて暴力的な行動を起こす原因になっているというわけです。

特に幼少期に虐待を受けたり、親に無視された経験がある人ほど、自分の思い通りにならない我が子を受け入れるのが難しいと言われているようです。

我が子に対して感情の抑制ができなくなってしまう

Licensed by gettyimages ®

泣いて言うことを聞かなくなった子どもを見ていると感情の抑制ができなくなってしまう。

子どもと二人で過ごしていることで、かつて自身が経験した寂しい思いがこみ上げるとともに、「自分がここまでしてあげているのに」といった激しい苛立ちが生じて、自分が昔、親にされたことと同じことをしてしまう。

本来であれば、愛情が不足した環境で育った自覚のある人ほど「我が子には強い愛情を注ごう」と思うはずですが、実際にはそれとは矛盾した行動をとってしまうことがあると言われています。

自分では原因がわからないのに、子どもに対してひどい仕打ちをしてしまう。

こういった場合に必要なことは、親自らが自身の生い立ちを冷静に振り返り、葛藤に気づき、自分自身を労うことだとされています。

サポートが必要であれば地域の”子育て支援センター”などに相談してみるのも良いかもしれません。

虐待の世代間連鎖はマスコミからも取り上げられて社会的な問題になっています。

身近な人からこういった相談を受けた場合も、単純に親を責めるだけでなく、”赤ちゃん部屋のおばけ”の話を思い出して適切なアドバイスが出来るようになるといいですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス