記事提供:しらべぇ

今や主流の「糖質制限ダイエット」。このダイエットでは「カーボ・糖質を抜くことで、単純なカロリー制限よりも脂肪が燃えやすくなるためより効果が得られやすいという。

カーボ=糖質が入っているもの以外は何を食べてもいいということも人気のひとつだが、日本人に欠かせないお米はもちろん、うどん、そば、春雨などの麺類が全く食べることができないため、麺好きにはさらにハードルが高いもの。

■麺好きにオススメ?「糖質0g麺」

「糖質0g麺」は名前のとおり糖質が含まれていない。以前は平麺のみのラインナップだったが、新作のパスタ型と、ソース付きタイプが登場している。

ちなみに従来からある「糖質0g麺 平麺」は、さっと洗うだけでツユやソースと混ぜて使用できるところもポイントが高い。こんにゃくやおからの香りも無いので使いやすいのが特徴だ。

また、これまでにあった「こんにゃく麺」は、簡単に言えば糸こんにゃくで、ソースと絡みづらいプリップリ感が麺とは違うコレジャナイ感が強い。一方「糖質0g麺 平麺」は、むしろコシの少ない麺といった印象であった。

そこで編集部では、新たに登場した「糖質0g麺」を実食してみた。

①カレースープ付き「糖質0g麺」は、まるで「カレーにゅうめん」

カレースープ付きタイプは、スープに糖質が5.7グラム含まれている。作り方は、粉がダマにならないよう、少量の水で練ってから火にかけるだけ。

煮立ったら水を切った付属の麺を入れて、一煮立ちさせれば完成。茹で過ぎると柔らかくなりすぎるので注意が必要。

辛さは少なめなトロッとしたカレースープに、柔らかい麺が絡み「カレーにゅうめん」に近いやさしい味わい。

②ラーメン・パスタ風の「糖質0g麺 丸麺」

ラーメンやパスタによく合う丸麺はお客様の声から生まれました。(紀文HPより)

出典 http://www.kibun.co.jp

愛用者からのラーメン・パスタ要望に応えたこの麺は、茹ですぎの心配のない電子レンジ加熱推奨麺。麺の太さもあるので歯ごたえに期待できそうだ。

電子レンジで加熱し、クリーム状のソースを絡めて完成。チーズの香りと黒胡椒のアクセントでまさにチーズソースパスタ!もっとカルボナーラ風にしたいのなら、温泉卵をトッピングするといいだろう。

■平麺を冷凍すると歯ごたえがUP!?

「糖質0g麺 平麺」を冷凍してから調理すると、やや食感が変化するらしいという情報を得たので、冷凍して実験。どうやら水切りしてから冷凍するのがポイントになるようだ。

というわけで、自然解凍して「焼きうどん風」に調理してみると…

コシとまでも言わないが、やや硬さが増した。お肉の代用にもなる「冷凍こんにゃく」は歯ごたえあるグニグニとした食感になることから、冷凍してこんにゃく成分が変化したのだろうか。食感に不満のある方は、冷凍後に調理しても良いかも。

権利侵害申告はこちら