記事提供:まだ東京で消耗してるの?

徳武さんがいい仕事をなさっています。

生活保護問題をなんとかしよう、21世紀だし

何かというと、生活保護の引き下げを問題視するアクションが行われていたみたいで。頭が下がります。遠く高知から応援もかねて、徳武さんのツイートをご紹介。

マジでうんざりしますね

生活保護を受けている方の声。ほんとひどい話です。読んでて普通に不快になるレベル。

いまだにこういう「生活保護差別」みたいなものがあるというのは、本気で日本だいじょうぶか?と心配になります。ぼくはポジティブな人間ですが、こういう側面を見ると未来が不安になります。

誰だって運が悪かったり、ちょっとしくじったら、生活保護を受けることになりますよ。本人の力でどうこうできる話でも、自分だけでどうこうする話ではありません。

ぼくもあなたも、例外ではありません。まぁ、そんなことは賢明な当ブログ読者のみなさまはわかっているでしょうけれど。

しかしまぁ、「生活保護を利用して、兄弟からは世間体が悪いと縁を切られた」「生活保護のために情けない思いをするのに、そうしないと生きていけない」というのは悲痛すぎる話です。ほんと、いつの時代ですか…。

日本は、ぜんぜん先進国ではないですよね。「セーフティネットをまともに機能させる」という重要な仕事が、なぜ放置されているのか理解できません。ぼくらの世代でどうにかしないとダメですね、こりゃ。

も少しツイート引用しておきます。

ほんとにねぇ…。

最近は貧困問題に関する報道も増えてきましたが、まだまだ足りません。現実を冷静に伝えるだけでいいので、ぜひ仕事をしてください。

生活保護問題を語った書籍としては、ここら辺がおすすめ。

未読ですがこちらもよさそう。

こちらのコミックも良著です。教科書にしたいですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス