芳香剤は意外と高いので…

トイレの芳香剤や玄関の芳香剤など使用していると、大体1か月で香りはほとんどしなくなり芳香剤の中が空になってしまいませんか?芳香剤は開けた瞬間はむせ返るような香りがしますが、鼻が慣れてくると香りを感じなくなり、最後の方にはほぼ香りがない状態となります。

大体ひとつ200~600円ほどする芳香剤を、毎月あちらこちらの部屋分購入しているとお財布にも大打撃です。そこで、芳香剤を作るという方法にチャレンジしてみました!

ケーキ屋さんなどでもらう保冷剤を用意します!

出典ぽんたす撮影

保冷剤は常温の状態に戻します。中身を絞り出して使うので、凍っている場合は自然解凍してからチャレンジします!

芳香剤にしたい容器を用意します!

出典ぽんたす撮影

ちょうどいい瓶があったので、コチラを用意しました。確か…プリンが入っていたはずの瓶です。かわいい容器をあらかじめ用意しておくのもいいですね♡

保冷剤の中身を瓶に移します!

出典ぽんたす撮影

保冷剤の中身を絞り出します。容器が大きければ大きいほどたくさん入りますが、香りの成分もたくさん必要になりますので、あまり大きくなくてもいいかも?

どんな香りにしようかな♡

出典ぽんたす撮影

使わない香水や、余っていたアロマオイルを用意しました。薪ストーブを使用しているので、冬には薪ストーブの上に乾燥を防ぐためのお湯を沸かし続けているのですが、その中に入れる用のアロマオイルです。とてもお買い得な場所でいつも購入しております♡

今回はアロマオイルを入れてみます!

出典ぽんたす撮影

今回は、あまっていたアロマオイルの「オレンジ」と「パイン」を使用しました。オレンジは、フルーツのオレンジそのものの匂いがしますが、「パイン」はちょっと不思議な感じの匂いがします。パインはパインなのですが、甘みも酸っぱさも感じないような香りです。

アロマオイルなら50滴ほどだそうです!

出典ぽんたす撮影

意外と香りの成分の量は大量に必要です。こちらのアロマオイルだと瓶の1/4は使用したかな?という感じです。左がオレンジで右がパインです。

フタ作り!オーガンジーなどの布でオシャレに!

フタを作るのですが、オーガンジーなどの空気を通す布地をフタにすると、とてもかわいく仕上がります。ですが、こういった布がなかったので…。

布がないのでペーパーナプキンを代用しました!

出典ぽんたす撮影

ペーパーナプキンを代用いたしました。適当に丸くギザギザはさみでカットします。

フタの固定にはリボンや輪ゴムで!

出典ぽんたす撮影

上から被せて、輪ゴムで止めました。リボンなどかわいくアレンジするほうが、更にいいかも♡

香りが出るように穴をあけて完成!

出典ぽんたす撮影

オーガンジーのように穴が開いていませんので、爪楊枝で少々穴をあけて香りが確認できるくらいに調整しました。これで、手作りの芳香剤の完成です!色々な香りが楽しめますし、アロマオイルならば混ぜてオリジナルを使用してもOK!使わない香水を捨てるのももったいないので、こういった芳香剤に再利用するともいいですね♡

とっても簡単にできる芳香剤、是非試してみませんか?

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス