女性が集まるとトラブルも起こる。メディアでもたびたび話題になる“ママ友”問題はお子さんがいるママさんにとって、決して楽観視できない問題になってきました。

そんな中、あるツイートが話題になっています!

耳元で…

これに対してみんなの反応…

勘違いで良かったですが、言われた本人は何が腑に落ちず、またこのようなことが現実にあるんだと驚きました。

ママ友同士のトラブル多く、悩んでいるママさんも…

注意したら悪い噂を広められた

ある日息子が連れてきた友達が、冷蔵庫を勝手に開けたり、ピアノの鍵盤の上を歩いたりなど非常識な行動取りました。

主婦は男の子に直接注意するも、相変わらず悪びれる様子がない男の子を見かね、その子の親に電話をし、親からも注意をしてほしいと訴えたそうだ。しかし、この電話がご近所トラブルへ発展した。

それ以降、男の子の母親は、主婦のことを完全に無視をし始めたそう。また、主婦の悪い噂も言いふらされ、近所ぐるみでの無視が始まったという。

出典 http://news.livedoor.com

これがきっかけに息子さんへのイジメも始まったんだとか。あまりにも非常識な行動を注意しただけで…恐ろしい!

子供の嘘を信じ切って怒鳴りつける

幼稚園で、かなりいじめっ子の女の子がいて、私の娘も何度か意地悪をされて泣いて帰ってきた事があったのですが、そのいじめっ子のお嬢さんは母親に、自分がいじめられたと嘘を必ずつくのです。

他の子どもも皆そういった被害にあっており、親たちは警戒しています。そのいじめっ子のお母さんは自分の子どもを溺愛しているため、わが子の嘘をすべて信じ込んでいるのです。そして必ず電話で怒鳴りつけてきます。

出典 http://moomii.jp

子供のことを信じてあげる姿勢は素晴らしいですが、何でも鵜呑みにして周りに迷惑をかけています。卒園するまで我慢するしかないのか…。

坂上忍も派閥を作りたがる女性に疑問

いつもグループで行動したがるスポーツクラブ仲間に困っているという、60代女性の投稿を紹介すると、坂上は「ちょっと、なんで女の人って結局ああなるの?」と番組の女性出演者に聞いた。

出典 http://news.livedoor.com

それに対して千秋さんが、「だってしょうがないよね、小中学生の時からずっとやってること一緒なんだもん」と回答。「だってクラスの時はそうだし、ママになれば、ママ友同士でこういう風になってるし。で、高齢になったらジムでこうなるから、結局」と解説し、坂上さんを驚かせていました。

千秋がママ友についてぶっちゃける

「女性が派閥を作って群れたがるのは子供の時から変わらない」と坂上忍さんに解説した千秋さんも1児の母です。期間限定の付き合いの人もいるとバッサリ切っています。

ママ友と上手く付き合うコツってないの?

一緒にいると「疲れる」「楽しくない」「イライラする」というような相手にはあまり近づかない、サラッとかわすというのもママ友付き合いの基本だと思った方がいいでしょう。ほかに仲良くなれそうなママ友を見つけたり、疲れるママ友とは一緒にいる時間を減らすこともおすすめです。

出典 https://krachie.ameba.jp

子供の習い事や父親の用事などを利用して誘いを断る方法が無難です。毎回ではなく、3回のうち1回お断りするとだいぶ気が楽になりますよ。

遊びも食事もかかった費用は割り勘でと決め、事前に金銭トラブルを回避しましょう。かかった費用は平等に割り、できるだけその場で、または時間を置かずに支払いを済ませておくのがいいでしょう。

出典 https://krachie.ameba.jp

金銭トラブルは面倒くさいですからね。割り勘の場合、参加人数で計算するのがオススメです。内訳としては、大人は1、子どもは0.5とカウントしてその場でキッチリ割り勘をしましょう。

子供同士だけではなく、ママ同士のトラブルも多いよう。普通なら我慢しないようなことも「子供のため」と思ってグッと堪えているお母さんが多いですね。

しかし堪えすぎて精神や家庭崩壊が起こる前に、合わない人間とサラッと付き合うようなスキルを身につけることが、ママライフを過ごすポイントになりそうです。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス