欲しいのは、卵のふわとろ感!

ナイフを入れた時、卵がふわっと広がる感じがおいしいですよね。自宅で作る時に欲しいのは、この「ふわとろ」感!
洋食の定番でみんなに愛されるオムライス。
簡単に作れそうで、実は奥が深いオムライス。
卵が破れたり、ご飯がべたっとしたり、失敗も多い。
ケチャップライスは作れるものの、上に乗せる卵がこげてしまったり、綺麗にできても中まで火が通ってしまい、カチカチに……。
いかにオムレツをふわふわに作るかでオムライスの出来は決まります。

オムライスをおいしく作るコツ

1人分ずつ作ること
ライスの量にもよりますが、1度にたくさん作ろうとせず、1人分ずつ作りましょう。
卵は大体2個~3個です。
牛乳や生クリームを入れると表面がなめらかになります。入れすぎには注意しましょう。
卵は、切るようにかき混ぜておく
卵白を切るように卵黄と混ぜる。このとき、あまり混ぜすぎないようにすることがコツ。
空気を入れるようにかき混ぜると卵がふっくらします。
バターが溶けたら卵を流す。ここからは素早く!
熱したフライパンにバターをひき、しっかり温まったら、卵を一気に流し込みます。ジュッとしっかり音がするくらいの高温で仕上げます。
バターは絶対に焦がさないこと。
さらにふわふわに仕上げるポイントは、固まる前に菜ばしで大きく円を描くこと。
卵液を一気に流し込んだらここから1分が勝負。
フライパンの外側から中央に向かって菜箸を素早くまわし、半熟ほどに固まったら卵を手前からフライパンの向こう側へ折り畳む。
焼くときは片手だけで混ぜるのではなく、フライパンもゆすりながら、両手を使って大きく混ぜて、卵にたっぷりとバターの油脂分と空気を含ませるとふわふわに仕上がります。

フライパンをトントン叩きながら、卵の形を整える
手前の卵をご飯のほうに寄せて、フライパンを上下に上げ下げし、取っ手の部分をトントンと叩きながら返していく。
フライパンを45度ほど傾けるとやりやすい

もしもなかなか上手く整わないならこんな方法も!?

頭ではコツがわかってもなかなか上手くなるまでは難しいもの。。。
しかしこんな感じにラップを使って整えれば簡単に作れそうですね!
最後にナイフでスーッと切れ目を入れて広げれば
トロトロな表面が出現!!
これならお子様のリクエストにもすぐに応えられそうですね(笑)

出典 YouTube

こちらもおすすめですよ♪

この記事を書いたユーザー

みほみほ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • ライフハック
  • 育児
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら