秋田県、男鹿市に「なまはげ館」という建物があります。ここは名前の通り、大晦日に出現する、「なまはげ」の記念館です。中に入ると、その圧倒的な迫力に唖然とします。

無数のなまはげ!

出典 http://ameblo.jp

そうなのです。実はなまはげには多くの種類があって、100種を超えるともいわれています。その顔は、どれもが息を飲むくらい恐ろしく、子供が観たら泣きそうです。しかし。

この、「子供が泣く」というのが大事なのです。

Licensed by gettyimages ®

そもそも「なまはげ」とは、子供の教育のための儀式に近いもの。大晦日になると、子供は家にやってくる「なまはげが」怖くて押入れなどに隠れます。

でも「なまはげ」にはお見通し。「ごはん残した奴はいねーがー!」「いたずらする子はいねーがー」と言いながら、押入れを開けます。そうすると子供は泣きながら、悪いことをしてもお見通しなんだ、怒られるんだ、そう学ぶというわけです。

実は、お母さんがなまはげに教えているんですけどね。

さて、この恐怖の教育を、地元の人でなくても体験できる建物「男鹿真山伝承館」が、この「なまはげ館」の隣にあるのです。

重々しい看板です

出典 http://ameblo.jp

もう入る前から、怖さが伝わってきます。中に入ってしばらくすると。

二人の男性が会話を始めます

出典 http://ameblo.jp

A「ナマハゲさん近くまで来たすか?」
B「隣の家まで来てるすよ。」

ほお・・・。そうぼんやりと眺めていると。

ドンドンドンドン!

Licensed by gettyimages ®

突然後ろから物音壁を叩く音!!!すかさず前から!!!

バーン!!!

出典 http://ameblo.jp

驚いてぶれてしましました!

オー!オー!

出典 http://ameblo.jp

どうも

出典 http://ameblo.jp

恐ろしい声のあと、意外に礼儀正しいのがなんともいい感じです。ここでなまはげは、なまはげ台帳を開きます。

なまはげ「なになに・・・」

出典 http://ameblo.jp

なまはげ「お前の息子は勉強もしないで遊んでいるとか!」
オジサン「いや、がんばってますよ。」
なまはげ「嫁は、ババアに家事を押し付けてカラオケに行ってるとか!!!」
オジサン「いや・・・」
なまはげ「うががががが!」

なまはげは立ち上がります。

「嫁はどごだー!!!」

歩き回り、そして突然!観光客の女の子二人の一人を、脅しつけます!

なまはげ「おめーがー!!」

女の子「いいえ!この人です」

Licensed by gettyimages ®

友達「違います違います!!!」

場内パニック!!!!
・・・。
ん?

こっち見ました。

「息子はおめえが・・・。」

ぎゃああああ!!!

出典 http://ameblo.jp

本気で逃げ惑ってしまいました!

ぎゃああ!
ぎゃああ!

室内はオサーンもムスメも兄ちゃんも。
みんなビビって逃げ惑います。

すごいよ、なまはげ!!!!

嵐、やっと去った

出典 http://ameblo.jp

呆然と見送る、一同。

まとめ

筆者もあまりの怖さに、汗がびっしょりになってしまいました。

今ではこうした「トラウマ」的な教育は、否定されつつあります。でも確実に肝に銘じるのは確か、時には必要かもしれませんね。



関連記事

この記事を書いたユーザー

シャア! このユーザーの他の記事を見る

東京在住のライター。日常の出来事で考えさせられるすこと、興味を引く面白スポットなどをとりあげています。

得意ジャンル
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス