牛スジを使った料理って手間がかかって大変。…本当に?

なんとなく牛スジ料理って大変そう。

灰汁抜きして柔らかくなるまで煮込んで…一体何時間かかるの?!

そんなイメージを炊飯器パワーで変えます!
簡単にご飯やお酒のおかずになる牛スジ煮込みが作れて、さらにその過程で発生したあるものを使って別の料理も作れてしまうのです。

①牛スジおでん

出典筆者ブログ

牛スジは沢山、脂がでるのでしっかり抜きましょう。

①お鍋で煮て 灰汁(あく) とり。

②よく洗って食べたい大きさより少し大きめに切る。

③炊飯器に切った牛スジとたっぷりの水、ショウガを入れ炊飯スイッチON

④脂や臭みを抜くために。一度炊飯器から出し冷蔵庫で冷ますと汁ごと固まります。
その時に上にできる白い塊(ラード)を削り取ります。
再び水と味付けにおでんの元を入れてもう一度 炊飯器で煮ます。

これだけで、牛スジおでんの完成です!

②牛スジの煮こごり

出典筆者ブログ

余った出汁を冷やすだけ。
くさみを消すために入れた生姜や細かく解けた牛スジなど、美味しさが凝縮された底の方がたまりません!

牛スジおでんを食べた後の煮汁を捨てるなんてもったいない!
そのまま冷蔵庫で冷やしてください。

牛スジの煮こごりの完成です。
手間いらずでもう一品!

③牛スジカレー

出典筆者ブログ

牛スジも肉も入ってなくても、肉の旨みが凝縮されている不思議カレー

牛スジおでんを作る時、味付けする前に煮込み汁を少しだけ取り分けておきます。
その煮込み汁を加えてカレーを作ると、レトルトルーでもトロトロした旨みのあるカレーが作れます。

買うと少しの量しか食べれない、作ると手間がかかりそうな牛スジおでんですが
簡単に作れてしかも煮汁まで活用できるお得なレシピの紹介でした。

この記事を書いたユーザー

め〜み このユーザーの他の記事を見る

気の持ちようで毎日楽しく生きる!!
何気ない日常から発見した小さなナニカを寄せ集め記憶と記録をしています。

都内の働く女子は、美味しいと楽しいを吸収しながら今日も心をデトックス★

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス