楽天トラベルが開催し、今年で6回目となる「朝ごはんフェスティバル」。

このフェスティバルは旅における「朝ごはん」に注目し、日本全国のホテル・旅館で提供している美味しい「朝ごはん」を旅のきっかけにしてほしいと、そんな願いを込めて始まったイベント。

7月27日~8月5日までWeb投票で行われた1回戦では35施設が勝ち進み、2回戦への切符を手に入れました。

そして、その2回戦が、9月から10月28日にかけて、全国を7地区に分けて行われました。

会場内で調理した朝ごはんを審査員へプレゼンし、実食審査。それにより頂上決戦に出場する7施設、つまり宿泊業界の神7(セブン)がついに決まったというわけです!

では、どこの施設が決勝戦へと勝ち進んだのか、地区ごとに結果をご覧下さい。


【北海道大会】

優勝「シャトレーゼ ガトーキングダムサッポロ ホテル&スパリゾート」
■北海道野菜の白いプリン ~道産の海鮮をのせて~
■朝からサラっと薬膳スープごはんこだわりポイント

出典 http://travel.rakuten.co.jp

審査員コメント
「プリンは、枝豆ととうきびのソースの組み合わせが実にすがすがしく、朝にぴったりだと思いました。薬膳スープごはんは出汁はもちろん、はとむぎやとろろなど、身体に良いアクセントが効いていて良いですね。エネルギーがわく米を使っているため、朝から身体を目覚めさせる素晴らしい朝食だと思いました。」

準優勝「静内エクリプスホテル」
■おかあさんの味 八目寄せ豆腐
■日高昆布で炊き上げたほっこり鮭めし

出典 http://travel.rakuten.co.jp

審査員からのコメント
「八目寄せ豆腐はあまりの美味しさに一気に食べてしまいました。手間暇かけた丁寧な深い味わいで、少しずつ味わって食べても、一口に食べてもおいしかったです。鮭めしはバターがなくても十分においしかったです。やるぞー!という元気が出る味わいでした。」

出典 http://travel.rakuten.co.jp

3位「センチュリーロイヤルホテル」
■新・日本料理朝食『和サンド』
■雲丹汁

審査員特別賞「オーセントホテル小樽」
■季節の野菜をつかった♪のんあるこーるかくてる
■紅玉りんごのシュトーレン

審査員特別賞「ホテル ナトゥールヴァルト富良野」
■ふらの特産物をふんだんに使用した「tomatoめし」
■ふらの野菜の和風ポタージュこだわりポイント

優勝の「シャトレーゼ ガトーキングダムサッポロ ホテル&スパリゾート」は北海道産の新鮮な食材が盛りだくさんでとっても美味しそうです!好みでかける「大地の枝豆ソース」も魅力的。そしてこの宿は温水プールや大浴場など施設も充実しているのでさらに楽しそうですね~。

【東北大会】

優勝「離れの隠れ宿 オーベルジュ鈴鐘」
■天然黒むつの西京焼き
■和風焼売

出典 http://travel.rakuten.co.jp

審査員コメント
「黒むつの西京焼きは以前にもいただきましたが、柑橘類のペーハーの調整がホントに舌に心地よく、これは初めてです。シュウマイは、仕立ての面白さや、色彩、それから香り・バランスに驚きました。もったいないので少しずつ味わって食べたい、そんな貴重な仕立てになっています。」

準優勝「温海温泉 萬国屋」
■山形牛の旨味がたっぷり染み出た具だくさんの芋煮汁
■鮭イクラと白子竹輪 山形のだしかけ ごっつお丼

出典 http://travel.rakuten.co.jp

審査員コメント
「鮭といくら丼は、三つの味が楽しめますね。鮭は少しスパイシーで、朝にはちょっと刺激があっていいと思いました。みょうがと鮭が合って、美味しかったです。芋煮は根菜のうまみと、山形牛のうまみがバランスよく出ていてとても美味しかったです。全体的にやさしい味でホッとしました。」

出典 http://travel.rakuten.co.jp

3位「安比八幡平の食の宿 四季館 彩冬」
昔ながらの田舎めし「山の恵み三種の炭火焼たんぽ」
彩冬名物!「きのこ鍋」

審査員特別賞「浄土ヶ浜旅館」
鮭の街「宮古」のおいしい朝ごはん
三陸ホタテの醤油焼き

審査員特別賞「秋保温泉 ホテル瑞鳳」
瑞鳳シェフ自慢のふわトロ☆オムレツ♪
朝から牛たんカレー

優勝の「オーベルジュ鈴鐘」は福島の魅力を全国へ発信する"福島ディスティネーション"というキャンペーン参加を機に、福島復興のため、磐梯熱海を盛り上げるために何か携われないかと意識するようになり、それが今回の新たな看板メニューの開発へとつながったそうです。おめでとうございます。

【関東大会】

優勝「塩原温泉 四季味亭ふじや」
■極上ふかひれ茶わん蒸し
■ふじやパパの手作り野菜と自家製味噌のふわふわつみれ汁

審査員コメント
「旨み成分が強いですね。調味料に頼らざるとも、これだけの味が表現できることに驚きました。厨房ではネギの切れ端や白菜の芯までお入れになられていて、料理長はお勉強されている方なんだと思います。実に“旨い”んです。茶碗蒸しも口に入れるとどこへ行ってしまったの?というくらいギリギリの線で仕立てられている。やさしい、けれども物足りなさを感じない、これからの料理はこういうものだ!と勉強になりました。」

準優勝「箱根湯本温泉 箱根 花紋」
■からだ目覚める、こころ元気にする『名物5点盛り』
■箱根山麓野菜の食べる薬膳スープ

出典 http://travel.rakuten.co.jp

審査員コメント
「色とりどりで見た目がきれい。納豆のネバネバも食べて“なっと”くする味です。薬膳スープは始め薄味なのに飲んでいくほどに味か濃くなっていく。味の味の底味があります」

出典 http://travel.rakuten.co.jp

3位「本格鉄板焼と温泉露天風呂の宿 リゾート 菊ホテル」
那須和牛ごはん2015~四季の恵みをのせて~
大地の恵みをてんこ盛り ステーキ屋さんのお味噌汁

審査員特別賞「那須温泉 ホテルエピナール那須」
ふわとろっ♪苺のフレンチトーストミルクソース添え
素材の甘み旨みを感じ食べる15種類の野菜スープ

審査員特別賞「カントリーハウス パディントン」
夢見るプリンセスのカスタードプリンで女子力アップ
幸せの朝ご飯・那須の大地の恵みと太陽の愛を受けたトマトのリゾット

予選で3位と5位の宿が優勝、準優勝と、大逆転での勝利でした。「四季味亭ふじや」は夕食、朝食ともに5つ星評価をされ続けている美食宿。ふかひれ茶碗蒸しは審査員がおっしゃるように優しい味なのでしょう...食べたいですね~。

【中日本大会】

優勝「野沢温泉 ホテルハウスサンアントン」
■朝が待ち遠しくなる程のジャムと贅沢な一日の始りを
■とろっとろスクランブルエッグこだわりポイント

出典 http://travel.rakuten.co.jp

審査員コメント
「ジャムは色々なところで食べる機会がありますが、これを食べてびっくりしました。ジャムのプロにしかできないものでしょう。女将さんの30年以上も守り続けてきた味がすごく伝わってきます。スクランブルエッグは、ふんわりしていてとてもよいです。手作りのソースもすばらしい。大変おいしゅうございました。」

準優勝「粟津温泉 旅亭懐石 のとや」
■朝から贅沢!日本海ならではのお茶漬け
■秋色のテリーヌ

出典 http://travel.rakuten.co.jp

審査員コメント
「このお茶漬けは、やさしい味の仕立てで本当に奥深く、食材ひとつひとついただいてもおいしく感じます。また料理の彩りがとてもキレイでワクワクしました。お料理に対するこだわりからくるこのプレミア感はすばらしいと思います。全体を通して品のある朝食でした。」

出典 http://travel.rakuten.co.jp

3位「伊豆・伊東 金目鯛の宿 こころね
■「金目鯛のゴロゴロ煮付け」こころねスペシャル
■伊豆の太陽育ち!たっぷり野菜のお味噌汁

審査員特別賞「湯田中温泉 燈火、旬遊の宿 あぶらや燈千」
■朝から体と心が喜ぶ!信州野菜の発酵バーニャカウダ
■甘酒と長野ピッコロスムージー

審査員特別賞「エンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)」
■日本海産のあご出汁を使った 旬菜の塩こうじ茶漬け
■茸のっぺ

優勝の「ハウスサンアントン」のジャムは、楽天市場ジャムのリアルタイムランキング1位、2位を同時獲得という人気っぷり。余計な物は何も加えずに作り上げたという宝石の様な自家製ジャムの贅沢朝ごはん、食べたいですね~♡

【西日本大会】

優勝「ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド」
■毎朝焼き上げるホテルメイドのパン
■兵庫県で育てた新鮮な野菜と瀬戸内産天然真鯛のスープ仕立て

出典 http://travel.rakuten.co.jp

審査員コメント
「何ですかこれは!?っていうくらい本当に美味しいです。パンはふんわりとやわらかいものから、しっかり歯ごたえのあるものまでバリエーションが豊富!野菜と真鯛のスープ仕立ては味わい深く、やさしさもあって美味しいです。いつも料理が時代の先端をいっており、繊細で色合いも素晴らしい!これこそスマートなホテルならではというものが伝わってきました。」

準優勝「神戸ポートピアホテル」
シェフが目の前で焼き上げる地上100mで食べる七福卵のふわとろオムレツ
三度おいしい 明石蛸の朝ピラフ

出典 http://travel.rakuten.co.jp

審査員コメント
「ピラフ、オムレツ共に大変おいしかったです。ピラフは、さわやかな味でバランスも良く、三段階で楽しめるアイデアも素晴らしいです。料理は色、形、味という三位一体ということがありますが、この料理は味が本当にいいし、バランスも良く、きれいです。食べ終わると口がすっとして、心の中にバラが咲いたような気持ちになりました。」

出典 http://travel.rakuten.co.jp

3位「淡路島洲本温泉 海月舘」
島の朝ごはん~島たまねぎとしらす海鮮ちらしごはん
島の鯛そうめん風 煮こごり澄まし汁

審査員特別賞「間人温泉郷 うまし宿 とト屋」
朝から寿司!?定置網漁で獲れたてお魚をお寿司に!
海鮮しゃぶしゃぶ

審査員特別賞「佐津温泉 民宿 美味し宿かどや<香住>」
香住産自家製天日干しがうまい!一夜干しエテガレイ
自家製ポン酢ドレッシングで召し上がれ!香住で水揚げ絶品白いかサラダ

予選を5位で通過した「ラ・スイート神戸ハーバーランド」が大逆転で優勝しました!審査員が驚く程のパンを食べてみたいですね!

【中国・四国大会】

優勝「皆生温泉 海色・湯の宿 松月」
地採れ!新鮮野菜の彩スムージィー
境港産シロイカのおろし丼

出典 http://travel.rakuten.co.jp

審査員コメント
「このスムージーはすごく健康的で食べ物というか飲み物というか、エネルギーをもらえるような感じで楽しく飲んでます。どんぶりの前に食べたほうがいいんじゃないかな?朝にはスムージーを飲んでから炭水化物を入れたい。とても快適。シロイカのおろし丼もおいしいし、すばらしいと思います。」

準優勝「峡谷の湯宿 大歩危峡まんなか」
☆最幸の1日を☆カラダ目覚める!こだわり茶碗蒸し
しし肉ウインナーと地採れ野菜の旬彩せいろ

出典 http://travel.rakuten.co.jp

審査員コメント
「食べながらうるっときました。素材から伝わる熱き想い。いただきます、ごちそうさまと思わず手を合わせたくなるような料理。お客様もきっと感動なさると思います。」

出典 http://travel.rakuten.co.jp

3位「鳴門潮崎温泉 ベイリゾートホテル 鳴門海月」
鳴門金時、鳴門わかめ、阿波尾鶏の三色なるとごはん
うず潮そうめん、海峡を泳ぐ鳴門鯛を添えて

審査員特別賞「湯原温泉 我無らん」
パンナコッタに青大豆きな粉と蜂蜜で美しく仕上げる
湯原産湯けむり地鶏と蒜山大根を使った青大豆豆乳スープ

審査員特別賞「皆生温泉 皆生菊乃家」
境港産・ベラガレイの干物
鳥取県産野菜の和製バーニャカウダ

楽天アワード4年連続受賞の、皆生温泉で最も歴史のある老舗旅館「松月」が優勝です。食材を旬に合わせて変えながら四季を通じてお客様に提供し、味の組み合わせを追求してきたというスムージー。自然の配色の美しさと素材そのものの味を損なわないよう工夫を重ねているそうです。予選も1位通過でしたがさすが強いですね!

【九州・沖縄大会】

優勝「ホテル日航アリビラ」
やさしい甘さの 沖縄黒糖風味フレンチトースト
ゴーヤードリンクと沖縄風サラダのグラス盛り

出典 http://travel.rakuten.co.jp

審査員コメント
「甘さと、柔らかさ、そして表面のカリっと感がが奥深い、とてもレベルの高いフレンチトーストに仕上がっています。そしてバターが沖縄っぽくて軽く、パイナップルと紅芋の香りが残り、乗せて食べてもマッチして美味しくいただけました。ゴーヤーも、朝に酵素をいただくようなドリンク仕立てになっていて、本当にレベルの高いドレッシングが出来上がっているんじゃないかと思いました。」

準優勝「ホテル イル・パラッツォ」
彩りコラーゲンのHYBRID九州茶漬け
九州フルーツに注ぐプリンボウル

出典 http://travel.rakuten.co.jp

審査員コメント
「まず見た目が美しい、器に絵を描いたような料理です。このプリンの固め方は50年くらい料理をやっていますが知りませんでした。料理の新しい扉を開かれたように思います。日本料理もびっくり、茶碗蒸しもしゃっくり、と。お茶漬けもそれぞれも味が違い、深みのある味です。アゴの出汁もあごが落ちるくらいいい。朝からこれやったらさっと食べられますね。大変結構でした。」

出典 http://travel.rakuten.co.jp

3位「HOTEL&RESIDENCE 南洲館」
日本一の鹿児島ブランド黒豚レタスしゃぶ桜島灰添え・シイラと季節の野菜あんかけ風

審査員特別賞「雲仙温泉 ホテル東洋館」
新食感!アツアツ・濃厚★卵かけご飯、地元産生姜の佃煮

審査員特別賞「別府温泉 杉乃井ホテル」
毎朝つきたて♪温泉蒸しあったかお餅、特製中華粥

見事な逆転で優勝した「ホテル日航アリビラ」のフレンチトースト本当に美味しそう!このホテルは3つの朝食会場それぞれの特徴をいかした名物メニューを提供、ここでしか味わえない一品を、シェフが目の前で丁寧に仕上げてくれるそう。ん~贅沢!そしてずっと1位で予選通過していた「イル・パラッツォ」は残念ながら準優勝でした。

以上が2回戦の結果となりましたが、みなさんは食べてみたい朝食はありましたか?関東地区で優勝した「四季味亭ふじや」は美食宿ですし、ふかひれ茶碗蒸しが美味しそうでたまりませんが、九州在住のわたくしとしてはやはり沖縄のホテル日航アリビラを応援しますよ~!


さて。旅先の朝食で美味しいものが並んでいたら朝から気分が良いですよね~。このバトルの良い所は、勝っても負けても美味しい宿だということには間違いないというところではないでしょうか。全国35施設もあるので旅行に行く楽しみが増えたような気がします。


これで各地区を代表する施設が決まり、最後の頂上決戦は11月18日!!更に白熱する戦いとなることでしょう。結果が楽しみです。

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス