三部けい原作の漫画「僕だけがいない街」が実写映画化され、2016年に上映予定となっています。

2014、2015年の2年連続でマンガ大賞にノミネートされました。映画だけでなく、アニメ化も決定しています。映画は2016年3月公開、アニメは2016年1月放送開始となっています。

あらすじ

主人公は藤沼悟。漫画家で、なかなか売れず、ピザ屋でアルバイトをする生活を送っていた。

藤沼悟は再上映(リバイバル)という原因を取り除くまでタイムスリップするという能力を持つ。

上京した母親の佐知子との買い物中に再上映(リバイバル)が発生し、佐知子は誘拐を未然に防ぎ、同時に1988年に北海道で発生した誘拐殺人事件の真犯人の正体に気付く。

犯人は気付かれたことを察し、佐知子を襲い、悟を犯人に仕立て上げる。

再上映(リバイバル)で犯行を阻止しようとするも失敗。さらに強く念じたところ、1988年にタイムスリップする。

誘拐殺人事件と佐知子を襲った犯人が同一人物と確信した悟は2つの時代を行き来して真犯人に立ち向かう。

キャスト

藤原竜也

Licensed by gettyimages ®

藤沼悟役

有村架純

Licensed by gettyimages ®

片桐愛梨役

藤原竜也さん、有村架純さんをはじめ、石田ゆり子さん(悟の母・藤沼佐知子役)、及川光博さん(悟の小学校の教師・八代学役)など豪華キャストが出演します。

映画を楽しみにする声

映画化、アニメ化される「僕だけがいない街」。2016年の映画の公開とアニメの放送が楽しみですね。

この記事を書いたユーザー

Koo このユーザーの他の記事を見る

フリーのライターとしてさまざまなWebメディアの記事の執筆活動を行なっています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス