記事提供:まだ東京で消耗してるの?

なんだか無理解も多いようなので、うちのサイトでも拡散しておきます。

「ひとり親を救え!プロジェクト」に賛同しました

日本には困窮者支援の文脈で、ちょっと首をかしげるような制度が多数残されています。

その一つが「ひとり親が子育てをする際、2人目以降はひとりにつき手当が月5000円しか出ない」という問題。

このように苦しいひとり親家庭の生活を安定させるために児童扶養手当があります。児童扶養手当は、扶養している1人目の子どもには、所得の制限はありますが、最高月額42,000円が出ます。

しかし、2人目には、どんなに所得が少なくても月額5000円、さらに3人目以降は、月額3,000円しか出ません。

月5000円、3000円では、子ども1人の1ヶ月の食費にすら到底足りません。例えば3人目以降は、1日約100円にしかなりません。中学や高校生の食べ盛りの子どもに、1日100円で何を食べさせればいいのでしょう?

出典 http://save-singleparent.jp

有名な話で、日本はひとり親に対する支援が絶望的に欠如しており、「悲惨」といって過言ではない状況が続いてます。

「生活保護受ければいいんじゃない?」という感じもしますが、話はそうシンプルではありません。

水際作戦」を代表とする受給に至るまでのハードル、子どもが無申告でアルバイトをすると不正受給になる問題、そして何より、本人が「福祉のお世話になりたくない」と制度利用を忌避する問題があります。

生活保護受給の問題はさて置いたとしても、「こどもひとり月5,000円」というのはちょっと意味不明ですよね。おかしい制度なんだから、変えていかなきゃいけません。ましてや今は、少子高齢化社会なのですから。

というわけで、キャンペーンに賛同しておきました。change.orgでみなさまも賛同をどうぞ

「無責任に結婚して離婚する大人が増えたらどうするんだ」批判について

さて、ここからはぼくの意見です。

こういう話をすると高齢者の人々から「ひとり親支援を充実させたら、気軽に離婚するような親が増えるじゃないか。無責任だ!」みたいな批判が来ることがあります。嘘みたいだけどホントの話。

これは明確に間違っていて、現状のひとり親支援は明らかに低質であり、こどものためになっていません。ここは問答無用で同意してもらえる部分かと。統計データが明らかに示していることですからね。

思想的なところでは、ぼくはむしろ「気軽に離婚できる社会」の方が理想的だと考えています

というのも、「夫婦仲が最悪だから本当は離婚したいけど、離婚すると生活できないので、ギスギスしながら生活を続ける」というありがちな状況は、ひとり親支援が充実すれば防げるからです。

こういう「ありがちな状況」は、一歩間違えるとDVにつながり、こどもにとっても悪影響を与えます。数年にわたって親が怒鳴りあいの夫婦喧嘩をしており、改善の見込みもないようなら、さっさと別居、ないしは離婚した方がいいと思いますよ。

経済的にはなんとかなったとしても、こどもが精神的にダメージを受けますから。

言わずもがな、「気軽に離婚できる社会(離婚しても経済的に困らない社会)」だからといって、誰もが気軽に離婚するわけではありません。うちも別に離婚するつもりは毛頭ありませんし。妻大好きですし、妻がいないとほんとうに野垂れ死にます。

「離婚って最高!また結婚して、すぐ離婚しよう!」みたいな人はおそらくいないわけで、離婚しやすい社会になったとしても、それは「ひどい状況から逃げやすくなる」という程度の意味合いにしかならないでしょう。

日本の家族をめぐる問題を見ていると、ブラック企業問題と一緒で「流動性が低すぎるから、選択に失敗した人たち、単に運が悪かった人たちが、理不尽な困難においやられる」という側面があると思うわけですよ。

DVにせよ、児童虐待にせよ、ニート・ひきこもり問題にせよ。

「あぁ、これはもうきついから、実際逃げられるし、逃げよう」と思えるタイミングが増えれば、悲惨な事件も減っていくと考えています。

いい加減「我慢するのは、美徳じゃない」ことを常識にすべきです。もっともっと、ひとり親は生きやすくなるべきなのです。ぼくらには、その責任があります。

議論の補助線になると思うので、駒崎さんのツイートも貼り付けておきます。根深いですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス