日本人は一般的に「綺麗好き」と海外では有名です。なにしろ、家の中では土足厳禁の習慣があるので「家の中は清潔に保つ」という概念が出来上がっているのでしょう。

イギリスに長く暮らす筆者ですが、周りのイギリス人で家の中で靴を脱ぐという人は平均15人に1人だと思います。それも、日本人のように玄関先のような所(イギリスではメインドアを開けたらすぐキッチン、すぐリビングというような造りになっていて、玄関がないのです)で靴をきっちり脱ぐ人の場合。何人かは時に靴を脱ぎ、時に土足で家の中を歩き回っているので、カーペットも床も相当汚いだろうと想像しています。

過去に「ベッドの上でも靴のまま上がるよ」と平気な顔して言っていた人にドン引きした筆者。欧米人から見たら日本人はみな潔癖症とまで言われるほどですが、そうでもないですよね。普通の衛生観念を持っているだけ。筆者も普通のレベルです。

だから、水回りなどは特に綺麗に保つようにはしていますが毎日本腰入れて掃除しているわけではありません。気になるところはささっと拭いたり片付けたりします。

衛生面で一番注意するべきはキッチン

Licensed by gettyimages ®

みなさんもご存知のように、ノロなどの強力なウイルスはキッチンから発生しやすいのでやっぱり水回りは綺麗にしておくのが常識ですよね。でも、実はキッチンで一番汚ないのは、キッチン窓にうっすら積っている誇りでもなく、シンクのゴミ箱周りでもなく、毎日使っているスポンジだということをご存知でしたか?

キッチンのスポンジにはトイレの便座の20万倍もの菌が

Licensed by gettyimages ®

私達が毎日口にする食器を洗うあのスポンジが、なんと便座の20万倍もの濃度の雑菌が繁殖しているというのです。これにはショックですよね。恐らく、毎日スポンジを新しく換える人はいないでしょう。使った最後によく洗って水分を切るけれど、毎日このスポンジを消毒する人もいないのではと思います。

ちなみに、専門家の調査ではキッチンではスポンジ、まな板、冷蔵庫に一番雑菌が繁殖しやすいことが判明しています。そして当然お風呂場。お風呂の栓にも相当の菌が付着しているそう。

細菌がついたスポンジで洗っても大丈夫!?

Licensed by gettyimages ®

イギリスの細菌学者によると、「平均的な家庭の食器スポンジには、1平方センチあたり150万ものバクテリアが潜んでいる」とのこと。細菌が高濃度で繁殖したスポンジで食器を洗っても、しっかりすすぎ洗いをすれば問題はないそうです。でも洗った後にスポンジで食器を触るのは絶対厳禁!

衛生観念が天と地ほど違いすぎる日本とイギリス

Licensed by gettyimages ®

余談ですが、ふと筆者、過去のロンドン暮らしを思い出しました。今は相方を躾けて絶対させないようにしましたが、イギリス人はたらいの中に洗剤を入れ、油の付いた食器とそうでない食器を一緒に洗って、しかも綺麗な水で洗い流さずにそのまま食器スタンドに立てるんです。これにはカルチャーショックを通り越し気絶しそうになったものです。

明らかに泡がたくさんついているのに、そのまま食器スタンドへ。そして泡が食器スタンドに落ちたらそこが泡まみれ。でも気にしないのがイギリス人。泡を綺麗に拭かないとぬるぬるしますよね。菌も繁殖しやすいし。

何よりその泡のついたお皿をティータオルで拭くのです。「どうして綺麗な水ですすがないの?」と質問したら「この洗剤の泡は別に口に入っても毒じゃないよ。」という恐ろしい答えが返って来たので唖然。そして相方も平然とそのように洗っていたのです。

日本人でイギリス人と一緒に暮らしたことがある人は全員がこれに対しショックを受けているという事実です。食器も十分に洗わないのだから、当然スポンジだってかなりいい加減に扱っているはず。

脳に達すると体の動きを麻痺させるバクテリア

Licensed by gettyimages ®

そんな恐ろしいバクテリアがスポンジに潜んでいるのです。そしてこれらはまな板や布巾にも繁殖しているとのこと。子供が布巾で口を拭いたりしないように十分気をつけなければいけませんね。

イギリスの衛生委員会のアドバイスとは

Licensed by gettyimages ®

・手の汚れから雑菌が広がりやすいので、料理前には手洗いを徹底する
・除菌スプレー、使い捨ての除菌シートなどで水回りを清潔に保つ
・調理中に生ものに触れたら、その度に石鹸で手を洗う
・60℃以上のお湯でスポンジ、まな板、布巾などを定期的に洗う

出典 http://www.dailymail.co.uk

これらはもう既に日本ではアドバイスされていることなので、みなさんにとってはお馴染みでしょう。除菌スプレーも、綺麗な表面には効くそうですが汚れがこびりついた場所に拭きかけても99.9%の除菌はできないそうです。

雑菌が繁殖しやすいドアノブや、電気のスイッチ、ゴミ箱の蓋などは定期的に掃除をするように習慣付けるのが一番だということですね。

恐ろしいほどの高濃度で雑菌が繁殖するスポンジや布巾などは、定期的に新しいのと換えたほうがよさそうですよね。筆者は月一で換えていましたが、もっと頻繁に消毒もしなければなと実感しました。とはいえ、あまり神経質になっても良くないので、日本人の標準の衛生観念を持っているみなさんなら、いつも通り気をつけていればいいのではと思う筆者です。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス