学校に行くのがイヤだ、そんな風に思うことは誰でもあると思います。でも、学校に行きたくても行けなかった子もいる、そんな哀しい事実もあるのだということを知って欲しくて書きました。

出典 https://www.photolibrary.jp

かつて学校に行きたくても、行けなかった男の子がいました。辛い治療に耐えながら、息を引き取るまで再び登校する日を信じていました。今は高3の長女が小3の時、参観日で当時の担任の先生から聞いた話です。

小学校3年の末っ子が「学校、つまんなぁーい。行きたくない」なんて呟くものですから、心配性の母は「まさか虐められてるの?」と尋ねてみたけど、違うという答えが返ってきました。別に、特に授業が難しくて判らないというわけでもなさそうです。まあ、ちょっと気をつけて様子を見ようということにしました。その時、ふっと、そのことで、いずれS子に話して聞かせたい話を思い出しました。

また、こちらでも一度はご紹介したい話でもありました。我が家のお姉ちゃんが小三の時、道徳の時間で参観にいった時、当時の担任の先生がして下さった体験談でした。

難病と闘いながらも、明るくて元気な男の子。先生は今でも、その子の笑顔をよく思い出すと言われました。

K先生がかつて受け持った担任の児童で難病を患っているお子さんがいました。男の子でした。3年生だったそうです。残酷な話ですが、もう余命は長くないと既にその時、判っていたということでした。しかし、その子は毎日、治療を続けながら登校していました。

一学期も無事に終わり、長い夏休みが明けた二学期の始まりの日、その子は欠席でした。家庭から、入院したと連絡が入り、先生はすぐに見舞いにいったそうです。そして、ひとめお子さんを見た時、あ、これはもう。。。と哀しい覚悟をしたそうです。しかし、当人のお子さんは治るつもりで、辛い治療にも耐えていました。本当に惨いことですが、やがて、それから時を経ずして亡くなられました。そのお子さんの最後の言葉となった科白は―。

「お母さん、ボクは明日の朝、眼が覚めたら、学校に行くからね」

出典 https://www.photolibrary.jp

「お母さん、ボクは明日の朝、眼が覚めたら、学校に行くからね。学校は白いソックスじゃなきゃダメなのに、お母さんはうっかりして、いつも色柄のソックスを出すでしょ。
忘れないように、ちゃんと白いソックスを枕元に置いておいてよ」
 

その言葉を残して、まもなく意識不明となり、息を引き取ったといいます。

先生はその話をお母さんから死後に聞いた時、涙が止まらなかったといいます。本人は最後の最後まで学校にまた通えるようになると信じていたのです。更に、先生はこうも言われました。
 

「亡くなったときのこともですが、私が最も印象に残っているのは、一学期の最後の体育の授業のときです。その子は見学していなければならないのに、いつも頑張って参加していました。ドッチボールだったと思いますが、そのときは特に変わりなく元気そうに皆とやっていました。まさか、それが最後の体育になるとは、その時、考えてもみませんでした」
 

水を打ったような教室内に、すすり泣くお母さんたちの声が響いた―。

参観日で大勢のお母さんたちが教室にいましたが、先生の話が終わったときは水を打ったように静かでした。中には、すすり泣いている人もいました。私ももちろん、涙が出ました。同じ年頃の子どもを持つ母親にとっては、本当に辛い話でした。しかし、私は、その話をただ辛いだけで終わらせるために先生がわざわざ哀しい想い出話をしたのだとは思いませんでした。

「こうして皆は元気に学校に毎日、通ってきているけど、それはけして当たり前のことじゃない。学校に行きたくても行けなかったお友達もいるのだと忘れないで」、そういうことが言いたかったのではないかと思います。

今でも忘れられない先生

折を見て、末っ子にもその話を聞かせようと思います。そのときの担任の先生は翌年、他校へ転勤していかれました。娘が夏休みの読書感想文で入賞した時、ご褒美にと大切にしているこども向けの本を下さったりしました。教師がモノを買って児童に与えることは問題があるので、ご自身が以前、担任しているクラスの子どもたちに読み聞かせるために買った大切にしている本を下さいました。それが確か『山越村のマリ』というタイトルで、震災で家族とはぐれた飼い犬が苦難の長い旅を経て、無事に飼い主の元に戻ったというドキュメンタリーだったと思います。今も娘の机の書棚にあります。本の内容やタイトルは私の記憶違いかもしれません。今でも忘れられない先生の一人です。

元気で登校できるのは当たり前ではなく、幸せなこと。

学校に行きたくないと思う理由、不登校の原因は様々だと思います。中には悪質ないじめやイタズラのように、深刻なものもあるでしょう。そういう特別な場合にはまた話は違ってきます。しかし、学生の皆さんにはまた、元気だからこそ、通学できるのだという大切なことにも是非、気づいて欲しいのです。健康であること、毎日、何事もなく学校に行き無事に1日が終わり、明日がまた来るというのは絶対に当たり前ではなく、幸せなことなのです。

私は「どんな試練があったとしても、元気でいる限り、やり直しは何度でもきく」と信じています。「もう、自分なんて生きていても仕方ない、人生は無意味だ」と思った時、考えてみて下さい。生命さえあれば、明日は必ず来て、人生は自分次第でどんな風にも変えることができるのだということを―。 

この記事を書いたユーザー

めぐみ このユーザーの他の記事を見る

フリーライター。ウェブ小説を書いています。2013年、「歴史浪漫文学賞」において最終選考通過。入賞候補作品「雪中花~とりかえばや異聞」書籍化。洋の東西を問わず、歴史が大好き。自称【歴女】です。韓流時代劇に夢中。そのほかにも美容・天然石アクセサリー作りなどに興味があります。
ブログのURL http://ameblo.jp/megumi3777/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス