記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
日本脳炎という病気を知っていますか?

幸い、現代の日本においては、あまり身近な病気ではありませんよね。しかし以前は名前の通り、小さな子どもやお年寄りにたくさん見られた、非常に恐ろしい病気なのです。

今回はこの日本脳炎の特徴や予防接種について、医師の話を伺いました。

「日本脳炎」ってどんな病気?

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスに感染した蚊の一種である、コガタアカイエカに刺されることで感染する疾患で、感染した人の0.1%~1%、つまり100人~1000人感染して1人程度が日本脳炎を発症するといわれています。低い確率のようにも思いますが、一度発症してしまうと2割から4割程度の人が死に至り、死を免れてもそのうち半数以上の方に何らかの深刻な後遺症が残ると考えられています。

日本では主にこの日本脳炎ウイルスに感染した豚を刺して血を吸った蚊に、ヒトが刺されることで感染し、刺されてからの潜伏期間は6~16日間といわれています。症状としては、いきなり高い熱が出たり、頭の痛み、嘔吐、痙攣といったものが出現し、意識障害を起こしたり身体の麻痺といった神経系の障害を起こします。

どうやって治療するの?

このように日本脳炎はウイルスによる感染症であるため、発症してしまうと特効薬はなく、対症療法での治療ということになります。

先に述べた通り、日本でも子供や高齢者を中心として、例えば1960年代には一年に1000人もの患者が発生していたのですが、予防接種の普及により劇的に減少し、2013年には9人の発生にとどまっています。しかし、いまだに完全にゼロではなく、政府の調査によると日本脳炎ウイルスを持った蚊は今でも毎年発生していて、日本国内でも日本脳炎に罹患してしまう可能性があると考えられています。

また、世界的にも南アジア、東南アジアを中心として患者の発生が報告されており、現在でも1万人以上がこの日本脳炎で命を落としていると報告されています。

予防接種は効果アリ?

過去には日本脳炎ワクチンで重篤な副作用が出たことがあり、このワクチンに関して政府による積極的勧奨が行われなくなったこともありましたが、現在では新しいタイプのワクチンが開発されそちらが使用されるようになっています。

もちろん、ワクチンを接種することで副作用が出る場合もありますが、その多くは発疹や発熱といった一時的なものです。ただ、ADEM(急性散在性脳脊髄炎)とよばれる神経系の病気がワクチンで発生することも、70~200万回に一度程度という低頻度ではありますが報告されています。

≪子どもに落ち着きがないのはADHDの可能性も…≫
1分で簡単チェック【子どものADHD】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

しかしワクチン接種をしていない6歳の児童では、その3割に日本脳炎の抗体が検出されたという報告もあり、発症の確率を考えるとやはり予防接種を受けないことはより大きなリスクを伴います。メリット、デメリットをよく考えて、医師と相談しながら予防接種を考えていきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)



Doctors Me関連コラム

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス