記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「ほっそりとした体型を手に入れたい!」と願うものの、世の中はおいしい食べ物であふれ、仕事や学校などでなかなか運動する時間もないという人は、とても多いのではないでしょうか。テレビや雑誌、インターネットにはさまざまな情報が氾濫していて、ほとんど趣味のように新しいダイエットを繰り返しているという人も目にします。また、納豆やバナナなどテレビで「やせる」と放送された食材が、翌日に売り切れ、しばらく品薄になるといったこともあります。

こういった現象は、いかに皆さんが体重を落とし、気になる部分をスッキリさせたいと思っているかの、一つの証明でもあります。最近では、食べる順番に気を付けたり、糖質が低いものを食べるダイエットなどが話題を集めましたね。

今回は、この時代の流れのなか、おのずから注目を集める痩身法の一つ〝脂肪吸引“について、医師に解説してもらいましょう。

いまや美容整形は当たり前!

昔は、美容形成や美容皮膚科など、美容目的の医療といえば芸能人がやっているイメージでしたが、最近ではだいぶ身近になってきました。ボトックス注射やフェイスリフティング、まぶたを二重にしたり、いわゆるプチ整形などもますます一般的になってきたといえるでしょう。

〝脂肪吸引“ってどんな術法なの?

脂肪吸引とは、よく知られているように美容整形の一種です。身体の一部に小さな穴をあけて、中の脂肪を抜きとるのです。直接脂肪を抜くため、手術後すぐにその吸引した部分はすっきりします。即効性があり、かつ長い間その部分(例えばお腹や太ももなど)を気にしてきた人にとってはある意味、夢のような痩身法といえるでしょう。安全性も比較的高い施術ですが、やはりいろいろなリスクが生じるのも事実です。

術前に知っておきたい3つのリスク

1. 必ずしもきれいに、そして理想通りに脂肪が抜けるとは限らない
気になる部分に脂肪の塊があったりすると、最悪の場合、そこに凸凹となって残ってしまうケースがあります。見えない部分ならまだしも、絶えず人目に触れる部分、例えば顔などの場合は凹凸が目立ってしまうケースも大いにありえます。

2. 一カ所だけ細くしても、ほかの部分とのバランスが悪くなる場合も
当然のことながら、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまった場合、その部分にまた脂肪がついてしまうことがあります。もちろん、きれいに脂肪が吸引でき、理想的な仕上がりになる場合も多くありますが、特に顔や二の腕など見える部分を吸引するときは慎重に考える必要があります。

3. 部位や医療機関によっては費用がかかる
気になる費用面ですが、保険外診療になり、部位や医療機関により異なります。ひとつの目安として、頬は15万円前後から、お腹は30万円くらいでしょう。

≪肥満の原因は生活習慣に隠れていることが多いのです≫
なかなか痩せられない理由、知りたい?【痩せない生活習慣】チェック

【医師からのアドバイス】

脂肪吸引は気楽に考えられがちですが、身体に穴をあけ、脂肪を抜くという手術ですから、感染や出血、ごくまれながら死亡といった合併症もありえる施術です。よく主治医と相談し、十分納得したうえで施術を受けることが何よりも大切ですよ。

(監修:Doctors Me 医師)


Doctors Me関連コラム

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス