いま「トランスファラブルスキル」を求める企業が増えています。

Licensed by gettyimages ®

現在の学生さんたちは、生まれた時からデジタル機器に触れ、多くの情報の中から仕事や学校などを選べるようになりました。持っている「能力」はとても高いといわれる一方、仕事に必須の「トランスファラブルスキル」を持ち合わせていない方が増えてきているとも言われています。今日はこの「トランスファラブルスキル」について、ご紹介します。

「トランスファラブルスキル」とは、ビジネスパーソンに求められる能力のうち、とくに転用・応用可能なスキルを指す言葉です。トランスファラブル(transferable)は「移動できる、持ち運べる」という意味で、会社や業種・業界、地域などを超えて移動しても、どこでも必ず活用できる汎用性の高いスキルのことです。

出典 http://jinjibu.jp

どんな場所でも活用できると言われているのが、この「トランスファラブルスキル」。「トランスファラブルスキル」には3種類あるといわれています。

トランスファラブルスキルという言葉も知らない方が多いのが現状ですので、これを知っているというだけでも素晴らしいと思います。

その1:対課題スキル。

Licensed by gettyimages ®

様々な仕事をしていれば、壁に当たることや、これまで分からなかったことに取り組む機会も多くあることでしょう。そのようなときに、求められるスキルが、こちらです。

課題を発見し、多様な情報をもとに仕事の段取りを組み立てながら、計画的に適切な方法で課題解決を遂行するスキルのこと。情報収集力、課題解決力、発想力、計画性、実行力などが必要とされます。

出典 http://jinjibu.jp

今まで通りのやり方が通用しない。こんな方法ならできるだろうか?と、柔軟な発想力を持って前向きに取り組んでいくことが求められています。

その2:対自己スキル。

Licensed by gettyimages ®

今はストレスや環境の変化に対応できない方もいるようです。自発的に動き、自分でよりよくするためのアイディアを考えられる方は、どの企業にとっても魅力的な人材でしょう。

対課題スキルの前提となる能力。主体的に課題に取り組み、よりよいパフォーマンスを出すために自分自身をコントロールするスキルのことです。自立心や自律性、環境変化に強いストレスマネジメント、やる気を持ち続ける意欲創出力などが含まれます。

出典 http://jinjibu.jp

自分を律すること、向上心を高く持ち、自己管理ができる、仕事に主体的に取り組める人材は、どの企業にも求められる人材です。

対人スキル。

Licensed by gettyimages ®

スマートフォンやSNSの普及により、対面でのコミュニケーションをしなくてもできることが増えてきました。だからこそ、今は対人スキルの高い方が求められているようです。人と良好な関係を築くことが出来れば、ビジネスだけではなくプライベートでも、よい影響をもたらしてくれることでしょう。

仕事の成果を出すために周囲を巻き込み、利害を調整しながら、よりよい人間関係を創り上げていくスキルを指します。具体的には、コミュニケーション能力、リーダーシップ、協調性、共感力、交渉力などが挙げられます。

出典 http://jinjibu.jp

資格だけでは賄いきれないスキルがたくさんあります。リーダーが不在といわれる企業が多い今、このような能力は必須で身に着けておきたいものです。

トランスファラブルスキルを持っていれば、組織の中の立ち回りも上手になり、能力に伴った活躍ができるようになります。

これまでやってきたことの全てが、トランスファラブルスキルとして生きてきます。スキルとして活かすには、日々を真剣に生きることが何よりも大切です。

限られた時間で多くのことに取り組む主婦の方のトランスファラブルスキルは、非常に高いといわれています。

トランスファラブルスキルは、どう探すの?

Licensed by gettyimages ®

自分には、これといったキャリアも資格もない…と落ち込むのは早いです。このような方法で探してみましょう。自分の長所を見つけ、その長所を活かす場所を見つけると、思わぬ展開が見えてくるものです。

あなたの好きなこと、得意なこと、趣味は何ですか?どんな性格ですか?夏休みにもし時間があれば、子供の頃からのあなた自身を棚卸ししてみてはいかがでしょうか?

出典 http://www.funaijinzai.com

幼いころから、変わらない長所などもあると思います。面倒見がいい、責任感が強い。整理整頓が大好きなど、そのようなきっかけを探すことで、自分のトランスファラブスキルを見つけることができますし、同僚や部下のトランスファラブスキルを探すこともできます。

トランスファラブルスキルと、専門スキル。

Licensed by gettyimages ®

トランスファラブルスキルを持っている方が、専門スキルを持っていることがベストです。このような方は転職市場でも多くの企業からオファーが来ることでしょう。今はまだ、目立ったキャリアがないという方も、トランスファラブルスキルを持って仕事に取り組むことで、より成長できる機会が増えることでしょう。ぜひ、トランスファラブルスキルに注目してみてください。あなたのトランスファラブルスキルは、きっと身近なところにあります。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス