主婦を悩ます「毎日の晩ごはん」

毎日夕方になれば、主婦の頭を悩ます「晩ごはんのメニュー」。家族に「今日は何が食べたい?」と聞いても「何でもいい」って…そういうのが1番困るんです!

それでは、世の中の主婦たちは一体どんな晩ごはんを用意しているのでしょうか?今回は、東洋水産株式会社が主婦624人を対象に実施した「夕食の献立についてのアンケート」をもとに、主婦たちのリアルな食卓をのぞいてみたいと思います。

実際に主婦が作っている晩ごはんは?

624人中198人の主婦が、普段よく作る晩ごはんのメニューとして「カレーライス」をあげました。その次に唐揚げ、ハンバーグ、豚の生姜焼き、焼き魚…と続きます。

その理由については「家族が好きだから」、「使う材料が手に入りやすい」、「作り方が簡単だから」と答えた人が多く、主婦は普段から作り慣れているものを作りがちなことが分かりました。

では、「献立」で悩んでいることは?

夕食の改善点を聞いたアンケートでも、「料理のレパートリー数」や「味付けのパターン」に悩んでいると答えた人が多く見られ、主婦たちが「献立のマンネリ化」に悩んでいることが分かります。

「今日のおかず、どうしよう…。」

献立のレパートリーに悩む主婦に提案!

世の中には、まだ夕食で作っていない人気メニューがあったんです。

それは…ラーメン!

ラーメンは、「好きな料理ランキング」でも第3位にランクイン。参照データからも分かるように、年々順位をあげている人気メニューなんです!
しかもインスタントの袋麺なら、作るのも簡単で、子どもやパパにも大人気。

おやつや昼食のイメージが強く、栄養バランスも気になるところですが、少し工夫するだけで、晩ごはんにもぴったりなメニューになるんです!

参照データ:http://seikatsusoken.jp/teiten2014/ranking/489.html

実際に夕食にラーメンを食べている人も

アンケートでも、主婦の3分の1が「ラーメンを晩ごはんに食べている」と回答!
野菜をたくさん追加したり、中華の日にプラスしたり、鍋のしめに入れたりと、晩ごはんにラーメンを取り入れている主婦が沢山いました。

栄養バランスを保つには?主婦が実践する「ラーメン献立」にヒントが!

では、実際にどんなアレンジや組み合わせ方をしているのでしょうか。「ラーメン献立」をのぞいてみましょう!

1. ごはんの代わりにプラスして

ごはんの代わりとして、普段のおかずにプラス。シンプルなラーメンにすれば、他のおかずを邪魔しません。ごはんを炊き忘れたり、お米を切らしてしまったときにも代用できそうですね。ラーメンだけだと気になる栄養バランスも、定食風におかずをあわせれば、野菜もたっぷりとれ、バランスもよくヘルシーな献立になります。

しょうゆ味のラーメンに、鮭のホイル焼きなど、シンプルな和のおかずを合わせて。あまり見ない組み合わせですが、意外に合うそうです。

ラーメンはお酢との相性が良いので、南蛮漬けなどと合わせてもいいですね。

2. 汁物代わりにラーメンを家族で分けて

汁物代わりに小分けしたラーメンをプラス。春雨スープ感覚でいただきます。

少量なのでカロリーを取りすぎるという罪悪感もなし!お味噌汁なら残してしまう子どもでも、これなら完食できそうですね。

3. 忙しい日はお惣菜にプラスして時短ごはん

忙しい日は、市販のお惣菜で済ましてしまいがちですが、そこにラーメンをプラス。調理時間は5分でも、一品手作りのものがあるだけで、手抜き感がなくなります。

栄養バランスが気になるときは、ちゃちゃっと野菜炒めにしてラーメンにのせても、おいしく食べられますよね!

晩ごはんの献立に迷ったとき、すぐにマネできそうな「ラーメン献立」。みなさんもぜひ、試してみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス