地元で当たり前だけど、他県民からしたら驚かれることってありますよね。もちろん他県では当たり前だけど、自分からしたらすごいことも同じようにあると思います。

そんな”あるある”をマンガにしてTwitterに投稿したのは漫画家の横山了一さん。北海道釧路市出身の横山さんの北海道民あるあるが面白いです。

イクラはふりかけ

東京都内では高級食材の部類に入るイクラ。しかも北海道から直で届くイクラなんてそうそう食べれるものではありません。しかし、横山さんのような道東出身者からすれば身近な食材でそこまで高級食材の感覚がないのでしょう。こんな食べ方されたら奥さんみたいな反応になりますよね。

やっぱりそうなんだ

道東ではやはりこの豪快な食べ方が当たり前のようですね。イクラは常備されているのがが当たり前らしいです。

羨ましい!

他県民から見たらこの意見が普通でよね。私も羨ましいと思うに1票。

肉は基本豚です。

北海道では牛肉よりも豚肉が使用されることが多いようですね。酪農が盛んな北海道であれば牛肉もイクラのようにたくさん食べられそうなイメージがありますが、そうでもないようです。

なぜか豚なんです

これはある意味問題なのでは・・・。

これは日本を東西に割ると東は豚、西は牛を使用することが多いようですね。ただ、私もカレーといえば豚肉派です。すき焼きは牛肉派ですが、豚肉のすき焼きも好きです。さすがに「やきとり弁当」の肉が豚肉だった経験はありませんが。

県を越えるのはビックイベント

北海道から出ることには飛行機やらフェリーやらを使わなければいけないので、結構な大イベントですよね。

これはわかる気がします

これは北海道あるあるというか、離島あるあるなのではないでしょうか。それにしても、県を簡単に跨ぐことがどれほど横山さんに衝撃を与えたかよくわかりますね。

横山さんは他にも子育てや家庭で起きたことなどに関するマンガも投稿されています。そちらも面白いので是非ご覧ください。

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス