記事提供:いいモノ調査隊

何かを切る時、まっすぐじゃないと落ち着かない…そんなに几帳面でもないのですが、曲がったことはあまり好きではありません。こんにちは、はづきです!紙を切る時は折れ線を付けたり、線を引いたりしないと切ることができない性分の筆者。

最近は、お菓子をあける時くらいしか出番のない我が家のハサミですが、ごく稀に紙を切る機会がありまして、先日久々にフリーハンドで切ってみたらグニャグニャになってしまい、すごく悔しい思いをしました(小さいんです、器が)。

これから結婚して子供ができたら、ハサミを使う機会が増えるかもしれないですし(妄想)。そんなときにスイスイまっすぐ切って、「ママかっけー!」(男の子設定)なんて言われたいので、いいモノがないか探してみました。先行投資ってやつです。

「LaserScissors(レーザーシザーズ)」

アメリカ生まれ中国育ちのコイツは「LaserScissors(レーザーシザーズ)」。裏に説明書きがあるのですが、英語なので筆者にはさっぱりわかりません!しかし、フィーリングできっと何とかなります。

大きさはこんな感じ。iPhone5s、普通のはさみと比較してみました。

思ったよりも大きかった…これがアメリカンサイズってやつでしょうか。ぱっと見た感じ、ただハンドル(軸)部分だけむだに大きいように見えますよね?パッケージでわかってしまったかもしれませんが、なぜこの部分が大きいかというと…。

なんと、光ルンです!

そうなんです!こちらのハサミはなんとレーザー光線がでるのです。合成でも、部屋が暗いわけでもありません。この赤い光が裁断ラインへと導いてくれるのです。…君は未来からやってきたのかい?!…なんて冗談はさておき。

このレーザー光線はどうしたら出るのか?これはとても簡単です。すでに電池が入っているので、電源スイッチを押すだけ!また、もし電池が切れた場合は、ボタン電池LR44が3個必要になります。

電池は×印の付いている部分を回せば交換できます。

何か切ってみたくてうずうずしてきたので(危ないヤツではありません)、とりあえず紙を…。レーザーシザーズで切ってみる前に、まずは普通のハサミで切ってみます!

…やはり、こうなったか。

だいぶグニャグニャになってしまいました。やはり大きい真っ白な紙をまっすぐ切るのは至難の業です。

さぁお待ちかね、彼の出番ですよ!…といきたいところなんですが、彼を使うのにはまず準備が必要なのです。

このポイントがポイント!(ダジャレじゃないよ)

ここで切り終わりたい、という部分にポイントを付けてあげて、そこにレーザーを当てながらカットしていきます!ちょっとひと手間かかりますが、これもまっすぐ切るためです。

いよいよレーザー光線、ON。ここの終着点へ迷わず向かいたい。

いざ、参らん!

ここに行きたいんだ、俺は!…どうだ、どうなんだ?!

キター!これで子供にどや顔できます!お母さん、まっすぐ切ったよ!!(妄想)

まっすぐ切れて一安心。レーザーとポイントを常に合わせながら切るのには、やや慣れが必要だとは思いますが、レーザー光線が直線を示してくれているので、線が引かれているのと同じような感覚でスムーズに紙を切ることができました。

たとえば、折り目や線をつけたくないけれどまっすぐ切りたい時や、角トンボ(印刷物を仕上がりサイズに断裁するためのアタリを示す線)がある印刷物を切る時などに、最強にその威力を発揮してくれるのではないでしょうか!

レーザーが導いてくれるハサミ。若干大きいですが、ハロウィンの仮装で「シザーハンズ」のコスプレをする時にもいいかもしれませんね。光らせて、夜の街に繰り出せば注目されること間違いなし!

※本来はハサミとして使用するものなので、取り扱いには十分気をつけましょう。また、レーザーは絶対に目に当てないでください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス