もうすぐ11月。11月といえば22日はいい夫婦の日♡あの子かわいいな、あの彼素敵だなって思った時から二人の関係は始まり、そして付き合うことになり、時間が経って結婚をして、子供が生まれて二人だった関係が子供が生まれることによって家族になります。
あなたはご主人や奥様と出会って何年になるでしょうか?はじめは名前で呼んでいたけれど、結婚して親となった今ではパパ、ママ、お父さん、お母さんなんて呼び名になっている方もいるのではないでしょうか?そんなママがパパである彼にお願いしたい5つのことをご紹介します。

1.いつでも私を名前で呼んでね。

パパママって子供からしたらパパやママだし、子供に呼ばれるのはもちろん喜ばしいことなんだけど、彼にとっての私はいつでもママでもお母さんでもなくて付き合ったときの彼女のように名前で呼んでほしいの。だって私は私たちの子供のママだけど、あなたのママではないから。

「ファーストネームで呼びかけることによって、気持ちがうれしくなる、女性らしくなる。体の中もちゃんとそれに反応しているということを証明した。」

出典 http://www.nhk.or.jp

いつでも可愛らしい奥さんでいてほしいですよね。花が水や太陽の光で栄養を蓄えて綺麗な花を咲かせるように、呼び名一つでママも素敵になるんですって。

2.家事や育児を一生懸命やるより、1日1度、ぎゅってして。

イクメンとかそんな言葉が流行っているけど、あなたと私の子供だから、二人で育てるのは当たり前。共働きが多い現代、家事や育児も半分こが理想ですが現実はそうもいかないってことも理解してる。時間やいろんな事情でどうしてもママの負担が多いかなってときは、なにも言わずに手伝ってくれるのももちろん嬉しいけど、心に寄り添ってあげて、心にガソリンを入れてあげて。いつもありがとう。って1日の終わりにでもキュッと抱きしめてもらえるだけで私はまた明日、ママとしての私も頑張れる。

3.どんどん強くなるけどあなたの前ではかわいい私でいたい

付き合っていたときには重たいものは持ってもらって、できない〜ってことが多かったしたくさん甘えていたけど、ママになった今では気がつけば子供にとっていつも一緒にいて頼れる存在はママ。お米より重い子供を両手や前後に抱えて買い物したり、大抵のことはひとりでこなせるようになってしまって心も体も可愛らしい女の子からたくましい男前なオンナになってしまったけど、本当はあなたの前ではかわいい彼女のままでいたいんだ。だから別になんでもいいの、今日の髪型いいねとか、つけてるアクセサリーをそれかわいいねとか小さなことでいい。あんまり変化がわかってなくても、ぶっちゃけそんなに思っていなくてもいい。(笑)でもその一言があるだけで私は舞い上がってしまうほど嬉しくなってしまうから。

4.ママが笑っていれば家族みんながhappy!

昔から母は家庭の太陽!お母さんがご機嫌なら子供もご機嫌で家庭にいい空気が流れます。ママがパパのことを大好きだったら、たとえ一緒に過ごす時間が少なかったとしても絶対子供もパパのことを好きでいてくれます。子供は日々言うことを聞かないしやんちゃだし、予測のできないいたずらを仕掛けてママを困らせるけれど、ママがニコニコしていられる心の余裕さえあれば大抵のことは乗り越えられます。心に余裕があったら少しのいたずらは笑い話にできるけど、余裕がなかったらガミガミ怒ってしまって子供が泣いて、ママがまた泣き声にイライラしてしまって、、、と負のループにはいってしまうのです。その余裕を作ってあげられるのはパパにしかできないんです( *`ω´)

私の大好きな彼であり、子供のパパであるあなたにお願いしたいこと

昔と違って可愛げがなくなって、できることが増えてどんどんたくましくなってしまったし、自分にかける時間もすくなくなってしまった私だけど、それでもあなたのかわいい存在でいたいって思ってる。夫婦だから、大変な時はお互いに支えたいし頼りにしたい。子供が小さなうちは、一日中ママー!ママ〜!ままぁー!と子供の世話に追われ、惜しみない愛情を注ぎ、からっぽになって疲れてしまうこともある。そんなママである私の心を満タンにしてあげられるのはパパであり、彼であるあなたしかできないんです。

5つのことと書きましたが、本当はたった一つ、ママであり妻である彼女のことを労って、ありがとうね、お疲れ様ねって彼女の時みたいに大切に扱ってあげること。俺だって大変だし疲れてるってその気持ちもわかります。でもそんなこと言い始めたらお互いにどれだけ大変かを疲れてる合戦が始まってしまって、決着のつけようがありません。
パパからママへじゃなく、ママからパパへ逆も然りですね。それならば今日もお疲れ様だったねってありがとうねって伝えてあげたら夫婦関係も家庭も円滑にハッピーに過ごせるはず。家庭の平和が世界の平和♡家庭は小さな世界です。
さて、今日これを読んでくださったパパもママも今日は付き合った頃の気持ちを思い出してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

whoopiereina このユーザーの他の記事を見る

カラフルなものや海外のパーティーグッズなどお祝い事をより華やかにするのが大好きなキャンディブーケやおむつケーキの実店舗とwebストアを運営しているデザイナー兼職人です。セレクトショップウーピー,ネットショップで作品も販売中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • 育児
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス