記事提供:まぐまぐニュース!

ほぼ無給の上とにかく働かされる―。これだけ聞くと「どこのブラック企業だ」と思ってしまいますが、実は現役小児科医の宮田大揮先生による研修医時代の実体験。先生のメルマガでスタートした「研修医ドタバタ日記」シリーズ、当然ながらリアルです。

医師としての第一歩。研修医として赴任した地方病院の洗礼!

医学6年生の時…、就職活動として職場となる病院を探していく。全国に多くの病院があり、出身大学の病院に勤める人もいれば、他の病院に出て行く人もいる。学生時代、ラグビーばかりしていたため、就職活動が遅れていた…。

友人「研修先の病院決めた?俺は、出身大学産婦人科にするよ」

自分「そうか…。小児科に行くことは決めたけど、どの病院にするかはまだ決めてないよ。どうしよう、テスト勉強もあってバイトもあるし、ラグビーもやってるから就職活動の時間があまり取れないよ」

友人「いやー。それはやばいでしょ。いい研修先なくなっちゃうよ。出身大学の小児科はちょっとどうかなって感じだしね」

確かに、その時の大学小児科は教授が急死してしまい、医局が崩壊している状態でもあり、良い状態はとは言えなかった。

しかし、世間の荒波がわかっていなかった自分は、なんとかなるだろうと甘い考えがあり、コンビニのバイトとスポーツジムのバイト、

そして社会人リーグに所属してラグビーをやり、国家試験の勉強をするという毎日を送っていたので正直、就職先をゆっくり探すようなことができていなかった。

そこで、友人に不安を煽られたこともあり、夏休みを使って研修先を沢山見に行くことにした。複数の病院を見学させてもらい、最後に見に行ったのがとある地方の大学病院であった。

どの病院でもそうなのだが研修のための見学生にはとても優しく、いろいろと案内してくれる。この大学病院も同じで、先輩医師が自分にマンツーマンで指導してくれ丁寧におしえてくれた。

これは、素晴らしいことに感じるが、実際にはほとんど給与がない研修医(自分の時代はそうですが、今はそうではありませんのでご安心ください)は、

ていの良い労働力なので、入るまでは優しくしておけという定説通りの流れなので素晴らしいことではない。

しかし、自分は何もわかっていなかったので、どの病院も優しいな、どこも来てくれていいと言ってくれるし悩むな、などと馬鹿なことを考えていた。

唯一、この地方病院が他と違ったことは自分に指導してくれた医師がものすごく優秀で、若いにもかかわらず何でもできて、何でも知っている医師であったことだろう。

夏休みが終わり、ラグビー部の先輩にどこで研修するのが良いか?というのを相談した時に、

自分「いろいろと病院を見てみたのですが、どこも歓迎してくれて悩んでしまいます」

先輩「お前は幸せなやつだな。歓迎されているのは労働力が欲しいからで、決してお前を求めてくれているわけではないぞ。誰だっていいし、小児科は本当にその傾向が強いから気をつけろよ」

自分「……(唖然)。そんなもんなんですね」

先輩「これは、常識

入局初日に待っていた「洗礼」

この時にはまだブラック企業という言葉はないが、今思えばはっきり言ってブラック企業間違いない。

しかし、ブラック企業と相手側だけ非難するのはフェアではなく、自分のように世間に甘い人がこのような環境に飛び込んでしまう傾向にあるのは残念ながら事実であろう。

5つくらいの病院が候補に上がっていたが、そういう意味では全てブラック企業なのでどこを選んでも一緒であり、今更ブラック企業でない病院は全て定員オーバーになっており、もう選択の余地はなかった。

そのため、他と違ったところがある優秀な先輩医師がいる地方病院を選び、入局試験を受けに行くことにした。

入局試験は、筆記試験と面接があり教授にいろいろと質問を受け約1日が終わる。試験は全くもって手応えがなく、はっきり言えば落ちたのでないかと思ったが、1週間後に無事に合格の知らせが来た。

この時はとても嬉しい気持ちとなんだか妙な達成感があったのだが、これが悪魔の1年間となる通知であったことはこの時、知る由もなかった。

医師の仕事始め5月で、国家試験を終え3月に卒業をして1ヶ月ちょっと時間が空く。

多くの人は、卒業旅行にその間に行くのだが、自分は仕事を始めたら寝食を忘れて仕事に打ち込むため、ラグビーをやめようと考えたため、満足するまでラグビーをやっておこうと国家試験を終えたら、卒業式には出ずニュージーランドにラグビー留学をした。

そのために、バイトにも明け暮れていたのでなんとか2ヶ月程度、ホームステイで留学することができた。

万一、国家試験に落ちてしまうと就職できないという恐怖があるが、4月中旬にニュージーランドからインターネット合格確認でき一安心したのを覚えている(ニュージーランドでの奮闘日記はスピンオフでお届けします!)。

5月になり、ついに仕事始めとなり入社式ならぬ入局式にウキウキしながら行った。何もできないはずなのに、国家試験に受かったというだけで妙な自信を持っていたのだろう。

入局初日から、突然オーベンと呼ばれる指導医に担当する患者を割り振られ、今から診療をするように言われた。しかも、ICU集中治療室の患者)も含まれており、何をして良いか全くわからない状態であった。

オーベン(指導医)は、早口でやるべきことを伝え、広い病院を1周して後は自分でやっておくように!とだけ言われた。

自分「……(嘘だろ)」

早口で言われた内容を何とかメモ帳に書き記していたが、やり方も何もわからない。教えてくれる人もいない。

仕方ないので、唯一いた同期2名に聞いてみようと思い、その大学の出身であるため教えてもらえるという甘い期待もあったのだが、話しやすそう男性医師に話しをしてみると、

自分「これをやっておいてと言われたんだけど、何をしてよいか。もし、よければ教えてくれないかな」

男性医師「君はとても優秀なのだろうから、自分が教えることは何もないよ」

自分「……(こいつはかなり厄介な奴だ)」

後でわかったのだが、どうもこの同僚は競争意識が高く人を落として登っていくタイプなので、関わりを持たないほうがよさそうだ。

ちょっと怖そうなのだが、もう1人の同僚である女医さんに話をしてみることにした。というか、このままでは何も仕事が出来ないので、恥ずかしさとかを考えている余裕はなく、なりふり構わず教えてもらうしかない。

看護師もまた…

自分「あの。ちょっといい?」

西岡さん「何!?」

自分「西岡さん。忙しいのにごめんね。オーベンにこれをやっておけと言われたんだけど、全然わからなくて、もしよければ教えてくれないかな?」

西岡さん「どれ…。なるほど、この2つは学生時代にここの出身の人はやっているから教えられる。その他の5つは無理ね。宮田くんのオーベンは厳しい人有名で、自分のオーベンは手取り足とり教えてくれるから、わかったことがあったら教えてあげるね」

自分「ありがとう!!本当に助かるよ。でも学生時代にそんなこともやっているんだね。すごいよ」

人は見た目で判断してはいけない。もちろん、見た目だけでなく、声もはきはきしているのでちょっと怖いイメージであったが、何よりテキパキしていてすごく助かった。

採血や採血を検査室に出しに行くことなどは教えてもらい、血液型の確認や輸血の準備などまではできるようになった。しかし、それ以外は出来るわけがなかったので、再びICUに行き今度は看護師さんに聞くことにした。

看護師さんは研修医よりも沢山のことを知っているので、恥ずかしさはあるがどうやったら良いかなどを聞くことにした。

自分「この検査はどうやったら良いかがわからないのですが、申し訳ないのですが教えてもらうことはできますでしょうか?」

看護師「えっ!そんなこともわからないの。オーベンに聞いたらいいでしょ」

自分「そうなんですが、先輩医師は連絡がつかなくて」

看護師「恥ずかしい医者ね。1回だけ教えてあげるからよく見ておいて」

自分「ありがとうございます!忙しいのに本当にすみません」

1つずつこんな形で覚えていき、見学に来ていた時のような丁寧な指導など微塵もなかった。ICUの患者さんの前で診察をして、できることをやっていると、小児外科の指導医が同世代の医師を連れて回診と呼ばれるような形で、自分の元に訪れ、

小児外科医「ここの担当医?」

自分「はい…」

小児外科医「自尿はどうなってるの?」

自分「自尿??」

小児外科医「そうだよ(怒)。自尿もわからないのか?お前は何にも診れてないな。それじゃあ、患者はダメになるぞ(笑)。お前、これからいじめてやるからな(笑)」

今日、配属されたばかりだと反論したくなったが、さすがの自分でもここで反論しても良いことがないことはわかったので、従順にすることを選び、これから地獄のような日々が来るのだろうなということは容易に想像がついた。

この日で、自分がいかに今まで努力不足であったか、これから挽回するためにものすごい努力が必要であることがわかり、国家試験に受かったという無駄な自信は一瞬にして吹き飛び、焦りと頑張らないといけないという気持ちが錯綜することになる。

●次回予告 第2回:3ヶ月間で家に戻るのが3日。48時間ごとに睡眠3時間の日々始まる!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス