記事提供:まだ東京で消耗してるの?

ほんとにねぇ…。

通勤をやめれば、毎朝の時間の使い方が革命的に変わるよ

スポンサーになっていただいている「パラフト」にこんな記事がアップされていました。

――貴社で導入されている「働き方の工夫点」を教えてください。

森 工夫点。まさに「リモートワーク」ですね。この会社に入った大きな理由は、「在宅勤務ができること」でしたから、私も存分に活用させてもらっています。

転職する前の会社は、通勤時間に往復だいたい4時間くらいかけて通っていたのですが、そうすると時間的にも身体的にもとても辛くなってきて…。

それが今はまず通勤時間そのものがありませんから、以前は朝5時半に起きて家を出ていたのが、今は8時に起きる生活になり、最近では起きて30分後にはもう仕事を開始していますね(笑)。

とにかく満員電車が嫌でたまらなかったので、生活にもゆとりが出てきたなぁと感じています。

出典 https://paraft.jp

明らかに、この方が健康的なわけです。当たり前です。そして、健康的なだけでなく、仕事も効率的になります。パフォーマンスも高まります。成果が出れば、収入も増加するでしょう。シンプル。

上の「エムジーファクトリー株式会社」しかり、少しずつではありますが、リモートワークを前提とした企業が増えてきて喜ばしいかぎりです。

通勤というのは本当に害悪で、日本の生産性を著しく害しています。通勤なんて、なんのメリットもありませんよ。エネルギーの無駄。

冷静に考えてみてほしいのですが、毎日通勤に2時間かける生活を1年続けたら、約500時間ですよ。30,000分。どんだけ移動してるんですか。しかも同じルートを。

500時間もあったら、えーと…ぼくならブログ記事2,000本書けますよ。売上にすると1,000万くらいですかね。あなたたちが通勤で消耗している間に、ぼくは年間1,000万円の売上を稼いでいるのです。いかに無駄な行為をしているか、わかりましたか?

逆にいえば、ぼくのように、通勤に使っていた時間を仕事に割くようになれば、会社の売上は上がり、あなたの年収も上がります。自営業だったらすぐに売上=収入アップですよ。本当に無駄に消耗してますよね。

大企業からベンチャーまで、もう実例はたくさんあるんですよ。リモートワークでも会社は回ります。そんなことは、当たり前なんですって。新しい話でもなんでもありません。本当に、いつまで通勤してるんですかねぇ…。

いい加減にうんざりしている人は、「新しい働き方」をテーマにした求人サイト「パラフト」をどうぞご覧ください。人事担当者とかも読んでおくべき。印刷して人事やってる人に配りたいレベル。

未来の「ハタラキカタ」を科学する求人・転職メディア Paraft(パラフト)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス