明星のインスタント焼きそばの一平ちゃん夜店の焼きそばの新テイストとして、怪味マヨ味が発売となりました。怪しい味とは一体どんな味なのでしょうか?詳細と食べた人の反応などをまとめてみました。

一平ちゃん夜店の焼きそば「怪味マヨ」とは

話題の中国・四川省発祥の怪味ソースを使用した、ピリッとした刺激が特長のこってり焼そばです。複雑かつ、スパイシーでパンチがある味覚はまさに怪味!シビカラ感がクセになる味わいです。

出典 https://www.myojofoods.co.jp

中国の怪味ソースというソースを使用した一平ちゃんの様です。怪味ソースによりピリッとした刺激が楽しめる焼きそばになっています。

怪味ソースとは

怪味とは"複雑な味"を意味する言葉。
塩味や酸味、甘味をはじめ、唐辛子のピリッとした辛味などが絡み合った、元は中国・四川省生まれの調味料です。

出典 http://www.youki.co.jp

怪味ソースとは塩味、酸味、甘み、辛味など様々な味が含まれており色々な味が楽しめるソースです。複雑な味という意味のソースですが、一言では何味と言い切れないソースという意味だと考えていいと思います。

怪味ソースとマヨネーズの焼きそば

ソースはポークベースの塩だれに“怪味ソース”がブレンドされ、こってりとした味わいに仕上げられているそう。さらにコクをアップさせる、マヨネーズと“怪味ソース”をブレンドした「怪味マヨ」付き。

出典 http://entabe.jp

ベースとなるソースは塩だれです。この塩だれにも怪味ソースがブレンドされているので怪味塩だれソースになっています。さらにマヨネーズにも怪味ソースがブレンドされているので、マヨネーズをかければさらに怪味が増すようです。

一平ちゃん怪味マヨの反応

やはり、怪味という言葉に惹かれて購入してしまう人が多いようです。味の方は様々な意見がありますが、美味しいという意見が多かったです。四川省生まれの怪味ソースなので花山椒がきいているのでピリピリとした辛みを堪能できるようです。私は怪味ソースも花山椒も大好きなのでぜひ食べてみたいです。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス