自分の子どもができると、その子が独り立ちするその日まできちんと育ててあげるのが親の務め。大事に育ててあげたいという責任感も芽生えてきます。

きちんと育て上げて大学などにも行かせてあげたいという考えは自然なものですが、そのための資金をどう貯めていくのかは悩みどころです。
学資保険や積立貯金など、子供の教育のためにかかる費用を貯蓄する方法には様々なものがありますが、どんなものを何を目安に選ぶといいのでしょうか?今回は学資保険と貯金はどちらが得かを紹介します。

教育資金はいくら必要か

Licensed by gettyimages ®

「子供が成人するまでにかかる教育資金は1500万」。これは保険屋さんやテレビでよく耳にする金額でが、この金額を耳にして「そんなにお金はない」「ホントにそんなにお金かかるの?」と疑問に思っていらっしゃる方も多いと思います。

子供の教育資金について調べてみたところ、最終学歴や公立か私立かなどで大きく代わりますが、500~1600万円が必要なようです。最初に挙げた1500万という金額は必ずしも誇大表現をしているわけでも、保険屋さんが恐怖を煽っているわけでもなく、現実的にありえる金額です。

目標額を決めて貯める

1500万円を目標にするのと500万円を目標にするのとでは実生活への影響には大きな差が出てきます。

子供は幼稚園に行くのか保育園に行くのか、小学校は公立か私立か、といった身近な進学のことから考えていくといいでしょう。さらに子供にさせたい習い事、生活に月々必要な額などを加味して月々いくら支払えるのかをシミュレートすれば最終的にいくらにするのか決めやすくなります。

進路や学費と、自分たちの収入などから現実的に可能かどうかを判断するようにしましょう。また、貯金額などを決めるときは、車や住宅の購入など、大まかなライフプランを考えておいて、それらも加味して考えるようにしてください。

学資保険

出典 http://wakaru-gakushi.com

そもそも学資保険とはどういったものなのか、簡単に説明します。

一般的でシンプルな学資保険であれば、支払いは子どもが17歳になるまで毎月支払い、子どもの中学、高校、大学などに入学するタイミングなどでお金を受け取るものが多くみられます。

図の例は毎月10,200円の保険料で総支払額220万円で、子どもが中学、高校入学時に45万円、大学入学時に150万円の総額240万円受け取ることができる学資保険です。

20万円も増えるなんて…と思ったかもしれません。利息が大きいことは学資保険の1番大きなメリットですが、当然デメリットもあります。

■学資保険のメリット
・銀行の定期預金などよりも圧倒的に利息が多い
・契約者の両親にもしものことがあった場合、払込は免除になり満額受け取ることができる
・強制的に貯蓄ができる

■学資保険のデメリット
・保険金は基本的に契約満了まで払い続ける必要があり長期にわたって資金が拘束される
・中途解約をすると元本割れする

学資保険はさまざまな会社から販売されており、いつまで払い込むのか、お祝い金はいつ貰えるのか、手術、事故などへの保障はどのような内容か、きちんと確認してから申し込むようにしましょう。

銀行に貯金

では、銀行に貯金することを考えてみると、学資保険に比べると利息はかなり少ないものになってしまいます。

ただし、学資保険のときは一旦契約してしまうと基本的には途中でお金を使うことができないというデメリットがありましたが、銀行に預ける場合は貯めるのが難しい場合に、貯金する額を減らしたり、車や住宅購入などまとまった額が必要なときに一時的に転用することできるというメリットがあります。

ただし、いつの間にか教育資金を使ってしまった…、という事態にならないように注意が必要です。

学資保険と貯金を組み合わせて貯める

教育資金を準備する方法として、積立の定期預金と学資保険を比較した場合、利回りの点から見れば学資保険に大きなメリットがあります。デメリットもありますが、現状の定期預金の金利を考えると、学資保険は教育資金を準備する方法として魅力的な選択肢の一つ。

毎月、確実に貯めることができる額は学資保険にして、それに上積みするかたちで銀行の貯金を組み合わせて使うのがおすすめです。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス