芸能人の中にはモデルからスタートして、徐々に俳優や歌手へと活動の幅を広げていく人も多いんです。人気のあの人も、実はモデル出身でした。

Q.メンズノンノ誌面でモデルとして活動経験のある俳優で、「今一番活躍している!」と思う人は?
●1位/阿部寛……28.6%
○2位/田辺誠一……13.7%
●2位/谷原章介……13.7%
○4位/東出昌大……11.4%
●5位/大沢たかお……8.0%
○6位/竹野内豊……5.7%
●7位/伊勢谷友介……5.1%
○8位/坂口健太郎……2.3%
●8位/反町隆史……2.3%

出典 http://woman.mynavi.jp

そこで、今回は意外と知られていないモデル出身の有名人をまとめました。

反町隆史さん

中学生のときはジャニーズ事務所に所属していた反町隆史さん。ジャーニーズを経て、モデルとしてお仕事をしていました。谷原章介さんとは、モデル時代に一緒に撮影を行っていた仲だそうです。

16歳の時にはモデル事務所に所属し、ファッションモデルとして活動、パリ・コレクションにも出演。以降、プライベートで、ボクシングジムに通い体作りに取り組んだり、詞を書きとめ続ける創作活動に取り組む。

出典 https://ja.wikipedia.org

大沢たかおさん

身長は181cmと高くモデル出身の俳優さんです。キッカケは大学生の頃。新宿をぶらついていたら当時のマネージャーに声をかけられ、スカウトされました。モデル時代はMEN’S NON-NOなどの有名雑誌で活躍し、独断で行ったパリコレにも見事受かり出演した経歴も持っています。

出典 http://thisisenglish.jp

大沢たかおさんは、パリコレにも出演したことがあるモデルさんでした。しかも、独断で行って受かったなんて、普通では考えられませんよね。それだけモデルとしての自信があったということでしょうか。モデルを辞めた理由もかっこいいです。

「スタッフや編集の方にお膳立てしてもらう毎日で、自分は何も努力してない。いい服を着て、海外に行き、いいホテルに泊まり、いい料理を食べさせてもらっていた」ことに対して「自分は甘いなぁ」と実感したようです。

「いつまでこの生活を続けていくのか?」と考え始め、「ここで一度MEN'S NON-NOの看板をはずして、身ひとつで自分がどれだけ通用するか試さないとだめだ」と即決し、モデル業を辞めてしまいます。

出典 http://hokt100.blog.so-net.ne.jp

松坂桃李さん

『チャレンジFBモデル2008』でグランプリを獲得し、FINEBOYS専属モデルとしてデビュー。

出典 http://www.oricon.co.jp

さまざまなドラマや映画に引っ張りだこの松坂桃李さん。俳優としてのイメージが強いですが、雑誌のオーディションで優勝してモデルとしてデビューしました。同時に俳優としての活動もスタートしていました。

井浦新さん

大学在学中、スカウトされて芸能界入り。デビュー当初は本名で活動し、その後ARATAを芸名としていた。ファッションモデルとして、『MEN'S NON-NO』、『an・an』、『smart』、『CHECK MATE』他、各ファッション誌の表紙を飾る。1990年代後半にはパリコレをはじめ、東京コレクションなどで常にシーズンのトップモデルとして出演を果たす。

出典 https://ja.wikipedia.org

俳優の井浦新さんは、1998年11月に独自のブランドをオープンし、2007年には自身のブランド“ELNEST CREATIVE ACTIVITY”で独立しました。モデルとしての経験を生かして、本格的なデザイン活動を展開しています。どこかミステリアスな雰囲気を併せもつ井浦さん。さまざまな経歴にも驚きですね。

瑛太さん

1999年7月に「ホットドッグプレス」でモデルデビュー。bNm所属として「EITA」という芸名でモデル活動をした後、2001年にフジテレビ系ドラマ『さよなら、小津先生』でドラマデビュー。

出典 https://ja.wikipedia.org

瑛太さんは、モデル時代は「EITA」という芸名で活動していました。顔が小さくて、背が高くて、全身のバランスがいい!まさにモデル体型ですよね。

阿部寛さん

大学在学中の1983年、姉に勧められて優勝賞品である車ほしさに「集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」に応募し優勝。以降、雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』のカリスモデルとして活躍。モデル人気絶頂期であり、この頃投資用にマンションを購入。バブル崩壊による不動産価値下落、自身の人気低下もあり、大借金を抱えることとなった。

出典 https://ja.wikipedia.org

189cmという高身長の阿部寛さん。やはりモデル出身でした。Men's NONNO(メンズノンノ)初代モデルとして、たくさんの表紙を飾るほどの人気ぶり。昔から変わらない日本人離れした顔が個性的で素敵ですよね。

田辺誠一さん

第2回『メンズノンノモデル』に選ばれる。1987年8月より専属モデルとして活躍

出典 http://www.staff-up.net

最近は独特なイラストで、多才ぶりが注目を集めている田辺誠一さん。応募者数5000人の中から専属モデルに選ばれていました。1994年までモデルとして活動し、漫画に実名で登場したり、キャラクターのモデルになったりと、その当時の活動が今に繋がっているのかもしれませんね。

沢村一樹さん

高校卒業後、現金18万円を持って上京、アルバイトをしながら芸能界を目指します。21歳の時、アルバイト先のお客さんから、モデル事務所を紹介され、モデルとしての活動を始めました。

しかし時代は沢村のようなビジュアルには、ファッションモデルとしての需要がなく、食べていくことができず、再びアルバイト生活に戻ってしまいました。

出典 http://susumu2009.xsrv.jp

モデルとしてはあまりいい結果が出せなかったという沢村一樹さん。その苦い経験が俳優業としての沢村さんを開花させたのではないでしょうか?

最近ではバラエティに引っ張りだこで、ユニークなキャラが人気となりました。

マークパンサーさん

15歳ですね、オーディションを受けたのは。阿部さん(阿部寛氏)が最初、でっかいポスターで出て。集英社が海辺で撮影すると聞いて、付いて行って、浜辺で横たわっちゃいました。当時、ハーフモデルがいない時代でしたから。「僕を使ってくださいよ」って直接言いに行ったんですよ。

出典 http://logmi.jp

自らを売り込んで「MEN’S NON-NO」初代専属モデルになったマークパンサーさん。かなり積極的に行動していたみたいですね。しかし、昔はまだハーフがあまり根付いていなかったため、断られていたそうです。でもそれが強みとなって、超人気グループglobeのメンバーとして活躍するまでに至ったのではないでしょうか?

モデル出身の俳優は成功しやすい?

集英社がOKを出さない限り、知名度抜群のタイトルが映像化されないのはもちろんだが、ある程度の意向を汲み取らなければいけないということ。そう考えると、モデルの知名度から映画へ、映画の評判から雑誌へと、互いに新たな人を呼び込むために、雑誌のトップモデルが映画に出演するのは、ある意味、当然かもしれない。

出典 http://www.crank-in.net

モデル出身の有名人が多いですが、モデルだからといって簡単に俳優になれるわけではありません。知名度や人気があり、雑誌の編集部で厳選された人だけが俳優としての道を歩むことができます。選ばれた人物だからこそ、ドラマや映画で次々とヒットを飛ばせるのではないでしょうか。

あの俳優さんがモデル出身と聞き、驚いた方も多いのではないでしょうか?

人気俳優の登竜門になりつつあるモデル。これからどのようなモデル出身の俳優さんが誕生するのか楽しみですね。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス