ドキッとするような表情やその美貌に、心を奪われていた女性も多いであろう金城武(かねしろたけし)さん。現在42歳になったナイス・ミドルエイジな金城武さんは、ますます色っぽくなってるに違いありません…。

不朽の名作「神様、もう少しだけ」

援助交際が元でHIVに感染した女子高生・真生(深田恭子)と人気音楽プロデューサー・啓吾(金城武)の恋の物語。

出典 http://xoxoxo.weblike.jp

金城武さんと、“深キョン”こと深田恭子(ふかだきょうこ)さんの知名度を上げた作品です。HIVというデリケートな問題に向き合い、題材としたことでも話題になりました。

続く2000年には中山美穂さんとのW主演『二千年の恋』、2002年『ゴールデンボウル』などのヒット作に立て続けに出演し、特に女性からの人気が高い俳優へと変貌していきます。

金城武さんを振り返る

金城 武(かねしろ たけし、1973年10月11日 - )は、日本やアジア各地で活動する俳優。台湾・台北生まれ。日本国籍。日本人の父と台湾人の母との間に生まれる。沖縄県出身の祖父を持つ。男性3人兄弟の末っ子。身長180cm。

出典 https://ja.wikipedia.org

金城武さんの出身国は台湾です。高身長に彫りが深くて甘いルックスが印象的でしたよね。どことなく影のあるような表情も魅力の一つでした。

魅力が蘇ってきた…今どこで何をしているの!

なんと日本では放映未定…でも海外の大作に出演し続けていた

2003年のドラマ以降日本の活動から少しずつ遠のいていった金城武さん。実はアジアを中心に活動の幅を広げていられました。2004年に『LOVERS』(中国・香港)、2005年『ウィンターソング』(香港)、2006年『傷だらけの男たち』(香港)、2008年『レッドクリフpartI 赤壁』(中国・香港・日本)、2009年『レッドクリフpartII 未来への最終決戦』(中国・香港・日本)などコンスタントにアジアの大作に出演し続けているんです。

2011年には『捜査官X』に

1917年初夏の中国雲南省の小さな村で奇妙な事件が発生した。両替商に押し入った2人組の強盗が謎の死を遂げたのだ。その場に偶然居合わせた一介の紙職人ジンシー(ドニー・イェン)の必死の抵抗で強盗犯たちは自滅したという。捜査官シュウ(金城武)は強盗の1人が指名手配中の凶悪犯イェン(ユー・カン)だったことに驚いた。遺体の両目が充血していたことから、こめかみのツボを狙った殺しのプロの仕業だと気づいたシュウはジンシーへの尋問を開始する。

出典 https://ja.wikipedia.org

2014・2015年「大平輪」

『太平輪(原題)/The Crossing(英題)』は1949年に実際に起きた海難事故「太平輪沈没事故」を題材にした作品。中国から台湾に向かう豪華客船「太平輪」に乗船した3組のカップルが辿った運命を描いたストーリー。

出典 http://www.crank-in.net

日本で放映未定なんて…ヒロインは誰もが知る、あの大物女優

長澤まさみさんと共演を果たしているも、日本で公開は未定なんだとか!日本でトップクラスの俳優、女優が出演しているのに公開が決定していないとは何とも信じがたい事実です…。切望。

日本から飛び出しアジアへと活動の幅を広げている金城武さん。日本でなかなか出演作に触れられる機会がなかっただけで数多くの映画に出演していました。ますます素敵になった金城武さんの活躍が気になる方は、ぜひ最新映画をチェックしてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

るな このユーザーの他の記事を見る

気になることをポツポツと書いていきます♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス