顔の印象を左右するといっても過言ではない、アイブロウ。綺麗にメイクするならアイブロウパレットは欠かせませんよね。でも特定の色だけ減りが早くて、なかなか使いこなせない…。今回は、そんなアイブロウパレットをお得に使いこなして、眉だけじゃなく、涙袋やノーズシャドウまで作っちゃうコツをご紹介します。

アイブロウアイテム、持て余してる…

パレットにたくさんのカラーがあるアイブロウパウダー。でも眉メイクはそんなにパウダー量を使わないから使いこなせない時もありますよね?でも、アイブロウパレットは他のパーツメイクに使えちゃう優秀アイテムなんです♡

実はコスパ抜群!パレット1つあればこんなに使えちゃうんです

そんな持て余されていたパレットを救済!お特に使いこなす方法を、メイクパーツごとにご紹介します。

1. まずは基本のアイブロウ

アイブロウパウダーを全体的にのせる。普段使っているアイブロウパウダーでOK。明るめ色のパウダーを使うとよりふんわり感を出しやすいよ。

出典 http://howcollect.jp

ペンシルで輪郭を整えたらアイブロウパウダーをふわっとON。髪色よりワントーン明るめのカラーがオススメです。

2. ブラウンが多いからアイシャドウにもってこい

まぶたに立体感を作ってメリハリ顔になりましょう。目のキワ部分にアイブロウの濃いめカラーをのせてく陰影を描くのがポイントです。

3. 憧れの涙袋だって作れちゃう

シェーディングに使うようなマットなブラウンのパウダーを、涙袋の下に影を書くようにのせる。目に近い位置に影を書くと小さめの涙袋に、離れた位置に書くと大きめの涙袋になるよ。自分好みの涙袋の大きさに調整しよう。

出典 http://howcollect.jp

ハイライトやコンシーラーの後にはアイブロウで影を書きます。アイシャドウのキワ部分に使うような細めのブラシを使いましょう。

4. 彫りの深い顔になれるノーズシャドウも

アイブロウパウダーを使って目頭から鼻へのくぼみにノーズシャドウを入れよう。ノーズシャドウをいれることで、眉がくっきりと立体的に見えるよ!

出典 http://howcollect.jp

眉からうまく繋げるように、また、やり過ぎ感が出ないようにノーズシャドウを入れると、彫りが深くてメリハリのある外国人風のフェイスに♡

パレットがなくてもOK!アイブロウペンシル1本あればいい♪

アイブロウペンシルでもパレットのように他のパーツへ代用することができます。ペンシルならコスメポーチも占領しないから携帯しやすいですね♪ペンシルの場合は肌にカラーを入れた後に、指やブラシでぼかして馴染ませてください。

ライトからダークまで複数のカラーが一つになっているアイブロウパウダー。その時の髪色やメイクの雰囲気によって使うカラーが限定されてしまい、減り方に偏りがあることもあるあるでしたよね。今回ご紹介した、他のパーツに使う方法を真似したら、コスメ代も節約できてメイク力も上がるなんて嬉しい限りですね。

この記事を書いたユーザー

るな このユーザーの他の記事を見る

気になることをポツポツと書いていきます♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス