羊羹などでおなじみの和菓子の老舗とらや。そのパリ店が35周年を迎える今、顧客の8割がフランス人というほどすっかり現地に溶け込んでいるそうです。

出典 https://www.toraya-group.co.jp

とらやパリ店

石造りの外観は街並みに溶け込み、開店以来掛けられている「とらや」ののれんがなければ、和菓子店には見えない。喫茶スペースのある1階には、小倉羊かんをイメージした上品なテーブルを家族連れやカップルが囲んでいる。

出典 http://news.biglobe.ne.jp

35年前にオープンしたパリ店は、和菓子店というよりもアクセサリー店のような外観ですね。「和菓子を通して日本文化を広めたい」と、先代の社長がパリ進出を決めたそうです。

創業地の京都店の支配人や職人が乗り込んで陣頭指揮を執り、日本からあんこを空輸したり、輸入が禁じられていた小麦粉を現地で選んだりと試行錯誤を繰り返しながら日本の味を広めていった。
 同時に心掛けたのは、「現地の文化や嗜好(しこう)を尊重すること」(同社の市川幸生グループ業務課長)だ。アンズや洋梨やキャラメル味の羊かん、紅茶の葉を刻んで皮に練り込んだアールグレイまんじゅうなど、フランスの味を取り入れたオリジナル菓子を次々と生み出した。

出典 http://news.biglobe.ne.jp

日本の伝統を紹介するだけでなく、現地の文化や嗜好を尊重し融合したことで現地の人々に受け入れられたのですね。それは同時に私たち日本人にとっても新しい味であり、興味をひきます。

今では1日当たり150人前後の顧客の8割をフランス人が占める。当初は7割が日本人だったから、市民への浸透は相当進んだといえる。

出典 http://news.biglobe.ne.jp

小豆をお菓子として食べる習慣がなかったフランス人に羊羹やまんじゅうが受け入れられたことは日本人としてうれしいですね。

ところで、黒川第17代社長の経営哲学とはどういったものなのでしょうか。

大切なのは今だ

いまのお客様にいかに喜んでいただけるか、そのためにすべきことを絶えず考え、実行していかなければいけません。(中略)
味だって変えていいと思うのです。

出典 http://toyokeizai.net

伝統を尊重しながらも今の時代に合ったものも取り入れていくことが大事だそうです。パリ店でのオリジナル商品考案も、この思いがあったからなのですね。

とらやの味を言葉で説明できるように

今の虎屋の味を言葉で表現すると「少し甘く、少し硬く、後味よく」です。お客様から「虎屋の菓子はどういう味ですか」「ほかのお店とどう違うのですか」と聞かれたら、言葉で説明できるようにと社員にも言っています。

出典 http://toyokeizai.net

店員さんがおいしそうに商品の説明をしてくだされば嬉しいですね。それだけ自社の製品に誇りをもっているということですから。

若い人のアイディアを積極的に採用

なるべく若い人に任せたいと思っていますし、実際に任せると見事にやり通してくれます。

出典 http://toyokeizai.net

これが新しい味の誕生にもつながっていくのかもしれません。

女性幹部の活用や、ワーク・ライフ・バランスなどにも積極的に取りくむ

かなり早い段階から取り組んできました。約7割の社員が女性ですし、女性役員も3人います。課長の数も多くなっています。

出典 http://toyokeizai.net

男女に関係なく、活躍の場を与えておられます。

このように、代々続く老舗でありながら良いと思うものは積極的に取り入れる、この姿勢がパリ店を成功に導いたのではないでしょうか。守るものと改革するもののバランスをとりながらこれからもおいしい和菓子を作ってもらいたいですね。

最後に、日本で開催されている「とらやパリ店35周年祭」をご案内します。

とらやパリ店35周年を記念して、「パリ35」展、開催します

期間中、東京ミッドタウン店ではパリ店にまつわる企画展示を行ないます。

限定商品『エッフェル塔の夕暮れ』『ラムレーズン』のパッケージイラストを手掛けたフランス人アーティスト、プチ=ルーレ氏。同氏のイラストによるパリ市街地のジオラマを展示するほか、パリ店の様子を映像などでご紹介いたします。

店頭にはパリ35周年祭限定商品を取り揃えています。ぜひお立ち寄りください。

2015年10月1日(木)~31日(土) 11時~21時
とらや東京ミッドタウン店 
東京都港区赤坂9-7-4 D-B117  東京ミッドタウン ガレリア地下1階
電話:03-5413-3541www.toraya-group.co.jp

出典 https://www.toraya-group.co.jp

今週いっぱいの開催なので、興味のある方はお急ぎください。

この記事を書いたユーザー

☆ななせ☆ このユーザーの他の記事を見る

楽しく心躍るような話題を書いていきたいです

得意ジャンル
  • インテリア
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス