年末に近づくにつれ、今年こそチャレンジしようかな…と思う「おせち作り」。お重全てを手作りにするのはかなり大変ですが、その中の1つだけでも手作りにしてみませんか?

大晦日に用意すれば「1年頑張った!」と思えたり、家族が揃うお正月にはちょっと誇らしげに感じるものです。


中でも手作りにするとびっくりされるものが「伊達巻」です。手が込んでいそうに見える仕上がりですが、とっても簡単!


すり身ではなく、はんぺんを使って卵とミキサーに入れて、オーブンへ。作業時間も30~40分で出来てしまいますよ!

伊達巻は予習しておいて、甘みを調整することがポイントです。甘みが苦手なお父さんのおつまみにもなるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

おつまみ伊達巻

出典筆者撮影

甘くないおつまみ伊達巻です。より甘くする場合はハチミツをお好みで加えてもしっとり美味しくなります。

<材料 1本分>

卵     5個
はんぺん  1枚(140g)
本みりん  大さじ1.5
醤油    小さじ1
塩     小さじ1/8

<作り方>

① はんぺんを一口大にちぎり、材料を全てミキサーに入れて撹拌しなめらかにする。



② バットにクッキングシートをひき、①を流し込む。トントンとバットを軽く落として空気を少し抜く。

出典筆者撮影

③ 200℃で10分、温度を下げてさらに180℃で10~12分焼く。


④ 巻きすにラップをひいて、焼きあがった③を置く。
こんがり焼き目がついている方が下。巻き初めと巻き終わりを斜めに少しカットし、横に切れ目を入れておくと綺麗に巻ける。

出典筆者撮影

⑤ ④を巻きすを使ってきつめに巻き、(手前に向かって引くようにしっかり)
   ゴムで数か所止めてそのまま冷ます。3時間くらいで冷めたら、冷蔵庫に入れさらに冷やす。

出典筆者撮影

手作り伊達巻は家族好みの味付けに

出典筆者撮影

市販の伊達巻は噛むとジュワっと甘さが際立ちますが、その甘さが苦手な方もいますよね。手作りなら家族の好きな味わいに調整できます。

おせち以外に和のおともなしにも

出典筆者撮影

伊達巻はお正月しか食べない…という方も、前日に作っておけるこのお手軽さを知ってしまうと和食のおもてなしの際にも便利です。切る幅を変えて人数対応もできますね。

出典筆者撮影

いかがでしたか?重い腰をあげて今年は1品手作りおせち!今から少しずつ予習始めると、良い年越しを迎えられそうですね。

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス