最近は「イクメン」という言葉も定着し、育児に参加するパパ達が増えてきています。その一方でパパたちが不便に感じている事。

オムツ替えをするパパも多いと思いますが、女性用のトイレにオムツ替えの台は設置されている事は多いですが男性用の方にはあまりないですよね。ベビールームへ行けば良いのですが、色々問題もあるようです。

ベビールーム

お出かけの際、子供のオムツ替えに利用できるベビールーム。スーパーマーケットやデパートなど色々な場所に設置されています。

頑張るパパ達

普段子供と二人きりで出かける事が多く、オムツ替えもミルクもママが行っています。しかし、パパがお休みの日は家族で出かけ外出先でのオムツ替えは二人で行ったりパパ一人でやってくれる事もあります。その間だけでも、ゆっくりさせてくれる事は非常に有り難いですし、体重計が置いてあるベビールームでは体重をチェックし我が子の成長をお互いに共感できる事が楽しいです。

そんな頑張ってオムツ替えをしてくれるパパ達に賞賛するママ達も多くいます。

パパも使えるベビールーム

いつもお出かけする際はベビールームが何処にあるのかチェックしてから出かけるのですが「授乳室と分かれている事でパパもママも安心して使えるベビールーム」という情報はとても有り難いです。

オムツ替えで女性しか使用できない時はパパは待ちぼうけになってしまうのですが、パパだって何もしたくない訳ではないのです。「協力したいけどできない。」と思っているパパもいます。そして、この様な場所が増えればパパと子供だけでお出かけするのも楽になります。

反対派

パパたちが協力してくれる事はとても有り難いですが、残念ながらそれを良く思わない人もいるのです。それはただ男性に入ってこられるのが嫌だという訳ではなくマナーの問題や仕切りが不十分で安心してママたちが授乳をできないという事があるようです。

デパートやショッピングセンターにあるベビールームにパパがいると不快です。

混雑しているのに場所を譲らない、授乳中の赤ちゃんがいるのに大きな声でおしゃべりしながらオムツ替え、オムツ替えの順番待ちしてる人がいるのに台に荷物置きっ放しだし、休憩スペースで子供と追いかけっこ。

スマホで撮影したり、男性立ち入り禁止って書いてある授乳スペースに入ってくるのもやめてほしい。
突然話しかけてくるのも気持ち悪いからやめて!
イクメンだから警戒心持たれないで済むと思ったら大間違い。

出典 http://news.jorudan.co.jp

先日某大型ショッピングセンターの赤ちゃん休憩室で、夫と一緒に息子のオムツを交換がてら身長や体重を測ったりしておりました。
そこへ2歳くらいの女の子を連れたお母さんが入ってきたのですが、夫を見つけるなり「ここはダメだ!」と言って出て行ってしまいました。

おむつ交換台が5台程ある大型の休憩室で、奥の授乳コーナーは男性NGという場所なので良いかなと思っていたのですが…やはり女の子の親御さんからすると男性がいるのは嫌なものなのでしょうか。

出典 http://girlschannel.net

男性立入禁止って所もあるし、パパはベビールームはOKだけど授乳室はNG。ミルクは個室ではなくソファーでお願いしますって書いてある所もある。

書かなきゃマナーも守れない夫婦が多いんだね。

出典 http://kazoc.yahoo.co.jp

授乳はどうしても半裸状態になるので、そこに別の男性が入るのに不快だと感じるのは当然です。ママに協力するだけでなく、他の人への配慮も必要なのではないでしょうか。

パパ苦労

育児に協力的なパパに対して、まだ対応が追いついていないと感じる所があります。この様な事があるので、育児をしたくても出来ないという現実があるようです。

出典 http://mamasaito.ti-da.net

別の所に使用できる場所があるので有り難いですが、パパだけでは探しまわらなければいけません。

外出すると、ベービー休憩室が男子禁制になっていたり、女子トイレにしかベッドが
なかったり、ベッドはあっても近づき難い場所だったり、パパのお出かけには不都合
が多くないですか?
パパも気軽に入れるベビー休憩室や、おむつ交換台の情報を交換しましょう。

出典 http://life8.2ch.net

悲しいことに、世の中には出産後すぐに亡くなる母親も確実に居るわけで。
そう考えると、”設置されてて当たり前”、対応が遅すぎじゃないのかとも感じます。
今まで困ってる父親がたーくさんいただろうな・・・と。

全ての人に育児し易い環境がもっと整いますように(-人-)

出典 http://life8.2ch.net

授乳はママしかできませんが、オムツ替えやミルクならパパだってできます。そして、育児をしたくても出来ないママだっています。育児はママだけの事ではありません。パパも快適に育児ができる環境がもっと増えてくる事を願っています。

関連記事

この記事を書いたユーザー

Maggoo このユーザーの他の記事を見る

オランダ在住、一児の母。最近インスタにハマっており面白いネタ探しに日々インスタ徘徊中。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス