出典 http://www.photo-ac.com

画像はイメージです。

とても優しくてブログ友達から愛されてる人でした。

趣味でアメーバブログをしています。アメーバブログの魅力の一つは日本全国の仲間とコメントで繋がれるところだと思います。私は職場での出来事を主に記事にしていて、それに対して色々なコメントを頂き、自分自身が考えさせられることも多く、ありがたいと思っています。

そんなコメントの中で、いつも私に共感して下さり、励ましてくれたり、元気付けてくださった心の優しい女性がいました。その方はとてもお料理の上手な方で主にお料理の写真をブログに載せていました。

突然の悲報にビックリしました。

あれ、最近記事を更新していないな?お仕事が忙しいのかな?そう思ってたのですが、先日、久しぶりにその方の記事の更新がありました。しかし本人でなく娘さんでした。

「母は10月15日に永眠しました」

ブログで皆さんと交流出来て母は毎日嬉しそうでした」

「最後に感謝しかないと伝えてほしいとのことでした」

朝、それを知り涙が止まりませんでした。

え?嘘?嘘?ブログではあんなに元気そうだったのに。毎日のように手の込んだ素晴らしいお料理をつくる素適な方なのに。私よりは年上だとは思うけど、亡くなるには早すぎるだろ?とてもショックでした。

夜、その方のブログを読み返し、思い出にふけりました。その思い出の中でも、特に印象に残ってることがあります。とても、優しい気持ちになれるコメントでした。

職場で理不尽な人や、人としての話が通じない人と出会うことがあります。そんな出来事をブログで記事にした時、この方から頂いたコメントです。

そんな人は人間に生まれ変わってまだ1回目の人。だから大目に見てあげましょうね。

出典 http://www.photo-ac.com

写真はイメージです。

思わずぷっと笑ってしまいました。

理不尽な人に出会うと、人間が出来てない私は、とてもイライラした気持ちが続きます。気にするなと心では思うのですが、どうしても許したくない。と言うよりも許す理由が見つからない。

そんな時、どうしても許す理由が見つからない時に「この人は人間に生まれ変わってまだ1回目の人なんだ」そう思えば、なんとなく心が軽くなるような気がしました。


同じ接客業だからこそ、共感できるストレス。

接客の仕事で、理不尽なイライラをぶつけられることがあります。なんでこんな目に会うの?先輩や上司から、「いちいち気にしてたら仕方ないよ」とアドバイスをもらうこともあります。


従業員同士、「あれはないよな」と言い合い慰め、励ますこともあります。このブログ友達も職場で仲の良いパートさんと話することでストレスを軽くしていたそうです。何となくその光景が目に浮かびます。

「そんな人は人間に生まれ変わってまだ1回目の人。だから大目に見てあげようね」

本当に素晴らしい言葉を頂きました。笑いの中にも救いのある言葉だと思います。この言葉は私にとって宝物です。優しい、みんなから愛されたコアラさん。本当に有難うございました。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

この記事を書いたユーザー

ロバート・熊 このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライター。食品スーパーの店員ならではの記事を楽しんでいただければと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス