叱る育児、してますか?

Licensed by gettyimages ®

「叱らない育児」は放任とは違う・・・それはわかっているものの、上手に叱れていますか?私はダメです。叱るつもりが怒り狂うになることがかなり多く、冷静になれない事への自己嫌悪でいっぱいです。

そうですよね。それはわかっていて、たぶん大方の親は叱っているのですが・・・

「ダメよー」「あぶないよー」と、声をかけるだけ・・・これは、叱らなすぎですね。

汚い言葉は使ってはいけない、分かってます・・・分かってますけど・・・

叱ると怒るのバランスがとれない・・・

Licensed by gettyimages ®

子供は何度も何度も同じことをします。さっきも叱ったじゃない!疲れた・・・周りの目が気になる・・・・・こないだも保育園で注意されたのに!今日は疲れて頭も痛いのに・・・こういう時、冷静に叱るのが難しい瞬間というのが、あります。

「どうして私を怒らせるのよ!」という母親には、なりたくないのに。

でも、同じことを注意し続けて、今日42回目の大爆発だったかもしれないんですよ・・・

ダメな叱り方は、どこがダメなのか

Licensed by gettyimages ®

ダメな叱り方は、こんな感じではないでしょうか?
・人格否定
・ダラダラ叱る(同じ言葉を繰り返す)
・大声を出す
・他力本願(お巡りさんに逮捕されるよ!)
・嫌いと言う(そんなことするなんて嫌いになっちゃうよ!)
・場当たり的に叱る(さっきは良かったのに、今はダメ?)
・取引きを持ちかける(~しないなら~しないからね)
・あいまい(いい加減にしなさい!なんでそんなことをするの!)

自分のコンプレックスで子供に当たってしまう。それは避けたいですが、とても難しいことですね。

世間様に迷惑がかかる!というのもひどく叱りすぎてしまうポイントのひとつですね。

母のヒステリーを見て、ああはなるまいと思っていたのに・・・

上手な叱り方って?

Licensed by gettyimages ®

・冷静に
・なぜ叱るかの理由を説明する(電車の中は静かにするところだから叱るよ。)
・わかる言葉で話す
・短く
・その場で
・具体的に(何度も言うけど、電車で騒がないで)
・共感する(おなかがすいてたんだね、でもツマミ食いはダメだよ)
・手を出さない(ぐっとこらえて!)

理由付けが間違っていると、将来的に困ってしまいますね。

「○○ゥ~」だけでは、子供は何を注意されたのか、そもそもそれが注意なのか、わかっていない恐れがあります。

いい加減にしてよ!の瞬間

Licensed by gettyimages ®

今日は仕事が忙しかった。雨が降りそうで頭痛がしてる。早く支度しなさいって、もう4回目・・・怒りゲージが着々と溜まっていって・・・・・・人前なのに、こんな風に頭ごなしに怒り狂うべきじゃないのに、もう止まらない!!!!!

とはいえ、小さくて未熟で、守られるべき子供を怒鳴りつけていい理由にはなりません。わかってはいるんです。

怒りのコントロールを学ぼう

Licensed by gettyimages ®

アンガーマネジメントと呼ばれる、怒りのコントロール方法です。過度に子供へイライラをぶつけないために、イライラしないための10箇条を学びましょう。

1. 他人に過度の期待をしない
他人に過度な期待をしていると、他人の言動に不満を感じることが多くなります。

2. 完璧主義にならない
自分自身に100%の結果を求め過ぎると、できない自分に苛立つようになります。

3. 「絶対」「いつも」「べき」をやめる
これらの言葉や思考によって、自分自身の欲求や願望に縛られてしまいます。

4. 自分と他人を比較しない
比較を続けると、比較や嫉妬の対象が常に存在し、他人を受け入れられなくなります。

5. 自分の本音に耳を傾ける
怒りの裏側に自分の本音が隠れています。なぜ怒っているのかを見つめてみましょう。

6. 体調管理に気を配る
体調が悪いとイライラしがちになるものです。イライラしたら休むことも忘れずに。

7. ご機嫌な自分でいるよう心がける
ご機嫌なときの表情、行動を心がければ、他人の反応もやわらかいものに変化します。

8. イラッとしたら目の前の物体を観察
怒りの感情が芽生えたら、目の前の物体をじっと観察することに集中してみましょう。

9. 言い争いになったらその場を立ち去る
頭を冷やすことも大切です。立ち去るときは、相手に戻る時間を伝えるようにしましょう。

10. 自分を受け入れてあげる
イライラしがちな自分のことも、責めたりしないできちんと受け入れてあげましょう。

出典 http://eonet.jp

それぞれの育児には、絶対に譲れないものってありますよね。20時には寝かせる、とか。ゴハンは残さず食べる、とか。生死に関わるものはともかく、子供を一度22時過ぎに寝かしつけたって、彼らの人生に大きな影響はありません。

「絶対」の決まりが多いほどイライラしやすく、怒りが溜まりやすいのだなあと自省しました。

叱るときは、10数えて冷静になって・・・これが守れないほどいらついているときは、体調が悪いか、疲れていると自覚しなければ。そういうときは、子供も自分も甘やかす方向に行きたいですね。

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス