子どもを授かると、出産育児の準備品の中に必ずといって良いほど含まれている物の1つがベビーカーだと思います。私も出産前にベビーカーは購入していました。そしてベビーカーに赤ちゃんを乗せて、それを押して笑顔でお散歩する自分の姿を想像しては嬉しく楽しみな気持ちを抱いていました。

想像とは違った現実

ところが、ベビーカーを押して出かけると最も使う言葉が「すみません」でした。ちょっとの段差で止まってしまいすぐ後ろを歩いていた人や前から来る人が私とベビーカーを避ける様子に「すみません、ごめんなさい」。エレベーターの先頭で待っていたのに一緒に乗る人が窮屈そうにしたり後ろの人が乗れなかったりして「すみません」。狭い路地は譲ってもらわないと通れなくて「すみません」。

外出するたびに謝ってばかりいる自分。極力ベビーカーは使わず抱っこ紐で出かけるようになりました。あんなに楽しみにしていたのに…出番の少なくなったまだキレイなベビーカーを見るたび少し悲しくなりました。

歩かせればいいのに

この言葉は子どもを3人連れての外出で、5歳の長男と4歳の長女を歩かせて1歳の次男をベビーカーに乗せて出かけたときに言われました。その日の商店街はお祭りで賑わっていて予想以上に人が多く、なかなか前に進めませんでした。人に当たるたびに謝り続け、長男長女がはぐれないように抱え込むようにして歩いていました。するとすれ違いざまにベビーカーと少し接触した女性がこちらを見て「歩かせればいいのに」と一言。

私だってできるものならそうしたい。でも歩かせたらこの人混みでおそらく転んで余計に迷惑をかけるかもしれない。いっそのこと抱っこ紐にすれば長男長女の手を取ってあげられたのに。でももうベビーカーで来てしまったんだからどうしようもないでしょうと色々な思いが頭の中をぐるぐるしました。人混みで文句も言わずに頑張って歩く長男長女を見ると余計に悲しくて涙が出そうでした。

邪魔だな

電車で降りようとしたら乗ってくる男性に言われた言葉です。電車やバスに乗るだけでも周囲には大変気を使います。やむを得ない時以外はほとんど電車は使わないくらいです。でも電車やバスを使わないと通院できない、買い物に行けない、市役所も遠いっていうママはたくさんいると思います。

確かに抱っこ紐なら場所もとらないし、ベビーカーよりもスムーズに動けるかもしれません。でも荷物が多いママにとってはベビーカーは子どもと荷物も運んでくれるとっても助かる道具の1つなんです。上の子がいてまだ幼い場合は下の子を抱っこして、上の子をベビーカーに乗せることもあります。確かに邪魔かもしれません、でもその一言で傷つくママもいることを知ってください。

はぁー(ため息)

これは1番多く経験したことがあります。言葉ではないかもしれませんが、しっかりと聞こえると辛くなります。ため息って言葉よりも多くのことを連想してしまうんです。「邪魔だと思われてるんだろうな、電車なんか乗るなよとか思ってるのかな、ムカつくとかウザいとか思われているのかも」と。何気なくついたため息がママの気持ちを不安でいっぱいにしてしまうこともあります。

どのママも「よし、周りに迷惑をかけるぞー!ベビーカーで電車バス大好きー!」なんて気持ちで電車やバスに乗っているわけではないんです。ベビーカーで申し訳ない気持ちを抱きながらそれ以上に赤ちゃんが愚図らないか心配しながらビビりながら乗っています。少なくとも私はそうです。「ベビーカーは電車やバスに乗るな」なんて言わないでください。

優しい気持ち

心無い一言に傷つくこともありますが、優しい言葉や温かい笑顔、親切な行動に救われることもたくさんあります。電車で「座りなさい」と優しく席を譲ってくれたおばさんがいました。エレベーターのない階段で「手伝いますよ」と一緒にベビーカーを抱えてくれた若者がいました。ベビーカーの赤ちゃんを見て「可愛いわね」と微笑んでくれたおばあさんがいました。エレベーターの「開く」ボタンを押しながら「ゆっくりでいいよ」と言ってくれたおじさんがいました。何も言わず笑顔を向けてくれるたくさんの人がいました。

その笑顔は「大丈夫だよ、頑張ってね」と肩を抱かれているような優しい気持ちにさせてくれるものでした。本当にありがたくて感謝の気持ちが溢れます。だから、私もいつかベビーカーなんて全く使わないほど子どもが成長しても、ベビーカーを押すママの姿を見たら優しい笑顔を送りたいと思うのです。

ベビーカーを押すママの気持ちが、そしてなによりも赤ちゃんがベビーカーから見る世界が優しいものでありますように。

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス