どんな絵本が良いの?

読み聞かせに必要不可欠な絵本。
まずは読んであげたい絵本を手元に用意することが必要ですが読み聞かせに適した本はどんな本なのでしょうか??

良いと言われる絵本がたくさん紹介されていますが、
その中でも必ず紹介されているのでは?と言っても良いほど評判が良い絵本があります。
最初はよく目にするタイトルの中から選んでみるのもオススメです。

しかし、よく紹介されている絵本も一冊二冊ではないので選ぶのも一苦労です。

筆者が一番に優先しているのは、親が好きになれる本か?という事です。
親自身が好きな絵本だと読むのが楽しくなります。
親がその本を好きな事も自然と子供に伝わると思うのです。

絵本選びで挫折する人も居るようですから、あまり深く考えないで「おもしろいな~」と感じるものからスタートしてはどうでしょう?

借りて気に入ったら購入する

「子供に絵本を買ったんだけど読んでくれなくて・・・気に入らないみたい。」
そんな経験をすると読み聞かせのテンションも下がります。

子供の趣味に合うかな?と思って買ったけど子供は見向きもしないこと筆者も経験があります。
そこで筆者が活用しているのは図書館です。

地元の図書館で気になる本を借りてみて、子供が何度も読んでほしいと言う本だけを後日買うという方法をとるようにしてます。
手間はかかりますが【買って読まない絵本】にはなりません。

保育園や幼稚園に通っている子は絵本などを貸し出してる園もあります。
貸し出しを行っているようであれば是非活用してみてください。
筆者の子供は一番目と二番目が保育園に通いました。
園で絵本や紙芝居をかなりの頻度で借りていましたので、人気の本は予約して順番待ちしてまで借りてました。

子供が気に入った絵本なら買っても決して無駄にはならないと思いますし、実際に何度も読む絵本は買ってからも愛読していました。

買うか?買わないか?迷うなら、まずは借りてみる事をオススメします。

絵本と子供の距離

読み聞かせが三日坊主で終わるのではないか?そんな事を思う人も居るかもしれませんが習慣化してしまうと生活の中に自然と入ります。

筆者が思うに一番良いのは【絵本にすぐ手が伸ばせる環境】を作る事です。

子供の手が届くところに絵本をおいておけば読みたいときに手にすることが出来ます。
たとえ字が読めなくても絵を見るだけで子供は楽しいのです。
何度もリピートした絵本なら覚えている子も居ますので、すぐに手に取れる環境を作ってあげてください。

しかし、「絵本を破くので勝手に触られると困る。」と言う場合も有るでしょう。
破いてしまう子の場合は【破くことが出来ない絵本】だけを手が届く場所に置いておきましょう。
ボードブックや布絵本は簡単に破けないのでオススメです。

子供が話を聞かない・・・

「私が読んでても子供は聞いてくれない。」
「次々とページをくっちゃうから、ちゃんと最後まで読めない。」
など、読み聞かせが上手くいかないという場合にいくつか試してみてほしい事があります。

読み手の位置を変えてみる→ 読む人が普段と違う位置で読むと聞いてくれることもあります。ひざの上で座らせているならば正面に座ってみるなどして位置を変えてみてください。

・途中で飽きて居なくなる→他の事をしていても話を聞いているので、辞めないで最後まで読む。途中で再び帰ってくることもあります。

文字が少ない絵本に変えてみる→「どど~ん」「ば~ん」など音だけで楽しめる絵本に変えてみたり、いつもの絵本をアレンジして「ば~ん」「びゅ~ん」など読み手がイメージした音で表現してみる。

子供がページをめくる→読まないで好きなようにめくらせてみる。
実は好きなページがあって探している!というケースも有ります。
やみくもにめくって終わっているようであれば最後までやらせてあげると納得することが大半ですので、ちょっと根気が要りますが自由にさせてみてください。


読み手も楽しんで続けてほしい。

絵本の読み聞かせは子供にプラスなことが多いと言われてます。
ここではあえて触れませんが「成長に必要なもの」だと断言してもいいと思っています。

しかし、読み聞かせが義務になってしまうと、事務処理をするように絵本を読んで終了!ってなりそうですよね。
そうなると、とてもつまらない行為になってしまいます。

読み聞かせは「読み手も楽しめる」ことが重要だと筆者は思っています。

筆者は三人目の子供で「読み聞かせできない!」という事態になりました。
絵本を破く、話を聞かないなど、「絵本を読むなんてこの子には無理なのか?」と思った時期も有りました。

そんな時期を過ぎ、四人目が産まれてから読み聞かせを再チャレンジした時【読み聞かせが楽しくなる】工夫が出来てきたのです。
色々な人に読み聞かせのコツを聞いたり、自分で調べて工夫したりしました。

子供に絵本を読んであげるのは、長くても10年程度でしょう。
早ければ6~7年で終わるかもしれません。
そう考えると読み聞かせをする時期は短いのです。

義務的な読み聞かせではなく楽しく読み聞かせができる環境になるといいですね。

この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら