今や定番のお菓子でもある、カルビー「じゃがりこ」ですが、20周年を記念した商品が発売されるんです。コンビニやスーパーへ行くとつい手に取りたくなる「じゃがりこ」のおいしさと人気は言うまでもないですが、みなさんは、「じゃがりこ」という名前の由来はご存知ですか?それは実に意外なものだったのです。

祝!20周年を記念した新商品が発売されます!

GRAND(グラン)サラダ 2015年10月26日に期間限定商品

出典 https://www.facebook.com

独自の製法で"はじめカリッとあとからサクサク"の心地よい食感が楽しめます。
北海道産男爵イモを100%使用。 『じゃがりこサラダ』のおいしさを追求し、こだわりの『ポテトサラダ』味に仕上げました。

出典 http://www.calbee.co.jp

定番もおいしいけど、期間限定にひかれて絶対買っちゃいますよね。

本当は女子高生向けのお菓子だった!!

『じゃがりこ』はもともと「女子高校生がカバンに入れて持って歩けるような、袋菓子ではない箱やカップ入りのお菓子をつくろう」というコンセプトのもとに開発された商品です。中身も容器も今までのカルビーのお菓子とはまったく違う新しいタイプの商品が生まれました。

出典 http://faq.calbee.co.jp

今や幅広い世代に受け入れられている商品ですが、やはりターゲットは女子高生だったのですね。

「じゃがりこ」の名前の由来とは。

その新しくできたお菓子を開発担当者の友人(りかこさん)がとてもおいしそうに食べている姿を見て、商品名を思いつきました。じゃがいも+りかこ→じゃがりかこ→『じゃがりこ』 となりました。

出典 http://faq.calbee.co.jp

なんと、名前の由来は「りかこさん」という方だったとは初耳です。「じゃがりこ」という響きがカワイイだけかと思いこんでいました。

じゃがりこと言えば、飽きさせないパッケージデザイン

つい読んでしまうダジェレのキリン

出典 http://www.calbee.co.jp

それぞれの商品の特徴をダジャレで表現してるんだそうです。味が違うたびにチェックしたいですね。

読み取りできるのか心配になっちゃうバーコード

出典 http://www.calbee.co.jp

いつも見ないバーコードにも目が行っちゃいますよね。

こんなにあるの?驚きのデザインをチェック!

注目はしてたけど、いったいどれくらいあるのか気になりますよね。
下記のサイトで、今までの商品やパッケージデザインを総チェックできちゃいます!
こんなにあったのかと見ていて楽しくなりますよ。

大勢で盛り上がれる商品まであります

じゃがりこパニック

出典 http://takaratomymall.jp

タカラトミーアーツより発売されています。

ゲーム感覚でじゃがりこを楽しめる

出典 http://www.takaratomy-arts.co.jp

じゃりこをセットし、順番に、じゃがおヘッドを持ち上げて取っていきます。何も起こらなければそのまま美味しくいただきます。運が悪いとセットしたじゃがりこが容器ごと飛び上がるというしくみです。
※ペナルティーカードまで入ってます。

世界にひとつだけの「じゃがりこ」だって作れます

デコじゃがりこ

出典 http://decojagarico.decoto.jp

「じゃがりこ」のパッケージに、お気に入りの写真を載せたり、自由にメッセージを入れてもらうなど、デコレーションした「じゃがりこ」<みにかっぷ(28g) 1ケース(12カップ入り)>をお手元にお届けするインターネットサービスです。“結婚式”や“お子様”以外にも“誕生日などの記念日”“ペット”のお写真、ちょっとした“お土産”のデコレーションとしてもお楽しみいただけます。

出典 http://www.calbee.co.jp

息の長い商品には、種類の豊富さやおいしさはもちろん見た目のインパクトで消費者を飽きさせない工夫があるんですね。20周年と感じさせないくらい新鮮なイメージだからこそ、「じゃがりこ」は幅広い年齢から人気があるのだと思います。今後のレパートリーにも期待したいですね。

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

☆AUG☆ このユーザーの他の記事を見る

プランナー兼ライターをやっています。coffeeとパンがあれば幸せ。イラストも描いています。
食だけでなく、美容やアートも好きなので、幅広く話題になる記事を書いていきたいと思ってます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • グルメ
  • 料理
  • 恋愛
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス