ニュースによると…。

タクシーの初乗り運賃が一気に安くなるかもしれない。例えば、東京23区の場合、現在の初乗り運賃は2kmまでの距離で730円。その距離を短く設定した分、初乗り運賃をより安くするという検討が、23日にスタートした。
東京23区のタクシーの初乗り料金は、730円。
この値段が高いということで、あまり利用しないという人も多い様子。
目的地がどんなに近くても、2kmまでは一律730円。
この初乗り運賃の制度を変更し、利用者が使いやすい料金設定をつくるべく、23日、国土交通省で検討会がスタートした。
検討会では、初乗り運賃の距離を2kmから1km程度に短縮し、400円前後にするという案が浮上した。

出典 http://www.fnn-news.com

しかし、この値段…。

確かにこのツイートの通り、2キロ730円であれば1キロ365円のはずなのですが・・・。どうして1キロ400円で2キロになると800円になるのでしょうか?

一気に安くなるというのは、見た目だけで実質は値上である…。
初乗り以降の値段次第ではあるけれども…。

安く感じる数字のマジック

これは悪質なマジックですよね。確かに初乗りが730円のところ400円になりますだとかなり安くなったように誤認させる。
更に短い距離で乗りやすく初乗りの距離を半分に…。この時点で値段は半分になっていないのに、距離だけ半分でおかしいと思わなければならないのですが、より安くするためにと言われると値下げしているように見えてしまうのです…。

こちらの手法、ウィンナーやお菓子などで似たようなことが…。

お菓子やウィンナーなど昔はもっと量あった気がすると思った方も結構いるのではないでしょうか?
そうです。食料品は値段据え置きで量を減らして、値上げに踏み切ることがよくあるのです。先ほどのタクシーの例もこれに似ているのかもしれません…。

初乗りが下がれば短距離でも乗りやすい?

初乗り料金が下がれば、乗りやすいと言う方も中にはいるかと思いますが…。
子供連れや御老人ならともかく1kmでタクシーに乗るというのはよほど急いでいる時ではないだろうか…。確かに子供が居たり御老人を連れている時にはかなり助かるが…。
むしろそれなら、老人や子供がいる場合安くなるなどのサービスにする方が使いやすいのではないだろうかと思ってしまいます。
地方自治体やタクシー会社が個別で老人割引や介護割引などもあるようです。そういったものを普及させる方が先なのではないかと思ってしまいます。

タクシー運転手は嫌がる?

知り合いのタクシー運転手に昔言われた言葉が
「あまり短距離って嬉しくないんだよね…。特に駅で列に並んで、初乗りで終わるとかだと正直採算が取れないのよ…。」
でした。タクシー運転手の生活を考えるとこういった安易な発想はタクシー運転手の数が減ってタクシー不足になるのではないかと懸念してしまいます。

短距離専門タクシーという意見も…

確かに燃費はいいけど長距離は走れないような電気自動車などでこういった事をするもの一つの手なのかもしれません。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス