結婚式はそもそも誰のため??

結婚式は時代によっていろいろと変化していますね!
バブルの頃にはそれはそれは派手な演出も多かったものですが、その後は簡素な挙式や披露宴が中心の「地味婚」ブームが起こっていました。

そして近年は挙式すらしないカップルも珍しくありませんでしたが、最近はまたいろいろと様変わりしているようです。

様々な結婚式のスタイルが増え、選択肢も多岐に渡っている中、やはり日本の場合は特に費用だけがかさむ上に、お付き合いで招待客を考えたりと気遣いで疲れてしまうという傾向も否めません。

気を使わないアットホームなウエディング

結婚式は、確かに両親や親族、お世話になった方々に新しい人生の門出を報告したり、祝福して貰うという場でもありますが、それ以前に本人達のものである筈です。最近はホームパーティーなどカジュアルな結婚式も珍しくなく、結婚式を楽しんでいるカップルも増えていますね。

そして今回筆者が注目したのは、さらにアットホームで幸せ感がいっぱいのこんな結婚式のスタイルなんです。それが“ビーチ婚”

ビーチ婚とは?こんな結婚式スタイルのこと

ハワイの雄大な空と海を背景に愛を誓う挙式スタイルです。
二人きりでの挙式はもちろん、家族だけで祝ったり、友人を招くのもいいですね!気兼ねしない人達だけでハワイの自然に祝福されながらの開放感ある結婚式なのです。

筆者もハワイは大好きですが、あの綺麗な海を見ながらの挙式なんて、想像するだけで幸せが倍以上になりそうな感じです。
こんなラフで自由なスタイルの結婚式なら、例えば結婚の節目の旅行を兼ねてするのも、いい思い出になりそうですね。

出典 https://beachkon.com

※ビーチ婚WEBサイトより許可を頂いて転載させて頂きました

出典 https://beachkon.com

※ビーチ婚WEBサイトより許可を頂いて転載させて頂きました

ビーチ婚で幸せなスタートを切ったご夫婦もたくさん!

ビーチ婚はそのスタイルはさまざま。自分達に合った結婚式をハワイの海と空を背景に行うのがビーチ婚なんです。

海やハワイが大好きというカップルや、とにかく堅苦しくなく自分達らしいアットホームな結婚式を求めるカップルがたくさんビーチ婚ですでに幸せなスタートを切られています。

参列者のスタイルもラフでOK!花嫁や花婿も、自分達らしいスタイルで結婚を楽しめるのがビーチ婚です。

出典 https://instagram.com

そして、実際に挙式されたカップルの写真です。空と海が溶けて一つになった背景のブルーがとっても綺麗ですね。自然が祝福してくれている瞬間という感じの結婚式です。

出典 https://instagram.com

荘厳なチャペルや神前結婚式も神聖で良いものですが、こんな雄大な自然の中で生涯を誓うのもとってもステキです。

出典 https://instagram.com

やっぱり女性の憧れ?のウエディングドレスのフィッティングももちろん心配はありません。

出典 https://instagram.com

そして、こんなラフな打ち上げもビーチ婚ならでは。来賓の祝辞や家族代表の挨拶など、確かにとても大切ですが、ゆったりとした空気の中で結婚式を楽しめる、それがビーチ婚なんですね!

旅行しながらフォトウエディングも!

挙式より旅行をじっくり楽しみたいというカップルや、日本で挙式披露宴は済ませてハネムーンにハワイへ、というカップルなら写真撮影だけの“フォト婚プラン”もあります。お値段ももちろん、とってもお得です。

幸せな時間はたくさん思い出に残しても多過ぎるということはありません。自分達らしい結婚を寛いだ空間の中で始められる、それがビーチ婚です。

Licensed by gettyimages ®

※記事に使用した「ビーチ婚WEBサイト」並びに「ビーチ婚インスタグラム」の画像はすべて許可を頂いて使用させて頂きました。

ビーチ婚の詳細とお問い合わせはこちらのWEBサイトから!

こちらも合わせてどうぞ

この記事を書いたユーザー

石井ロージー このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。8歳下の夫と愛犬の気ままな3人暮らし。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス