記事提供:まだ東京で消耗してるの?

うどん県のブロガー、ヨスさんがいいこと書いてます。

私がブログ文章でやめたほうが良いと思う6つのこと|ヨッセンス

文章は自信満々に書け

ブログでメシ食ってるヨスさんが「私がブログ文章でやめたほうが良いと思う6つのこと」を書いているんですが、最初に出てくる話に強く共感。

1. 謙遜はほどほどに

ブログの文章で、まず気になるのが「謙遜のしすぎ」です。

まだまだ新米のへっぽこブロガーなので大した文章は書けませんが…

こんな文章を見たら、即離脱したくなりますよ。だって、貴重な時間を使ってまでへっぽこな人の書いた文章って読みたくありませんから。どうせ読むならへっぽこじゃない人の書いた文章を読みたいです。時間がもったいない。

出典 http://yossense.com

そうそう。これうんざりします。

・「若輩者ですが、私の経験では~」

・「間違っているかもしれませんが~」

・「生意気なことを書くようですが~」

知らんがな。

という感じですよね。雑魚キャラめ!

なんで自分を守るんですか。矢面に立て!リスクを背負え!それが文章を書くということだ!わかりましたか。自分を守るような表現は、文章のエネルギーを圧倒的に落としてしまうんです。そんなもん誰の心にも響きませんよ。

自信満々に、文章を書くべきです。あなたが自信満々に書くことで、あなた自身の文章力も伸びます。詳しくは語りませんが、やってみればすぐにわかりますよ。

「謙遜する」といえば聞こえはいいですが、それは十中八九「予防線張ってるだけ」なんです
。「お前のいうことは間違っている!」と言われたときのために、先に言い訳しているんです。美徳でもなんでもない。雑魚キャラのやることですよ、それは。

ぼくは常に自信満々に文章を書きます。その方が、よく読まれるし、自分も成長することを、体験的に知っているからです。自信満々に文章を書くということは、自分を追い詰めるということなんです

実際に死ぬわけじゃないだし、せめて文章の世界では、「背水の陣」で生きてみましょうよ。ここは窮屈な会社じゃないんです。もっと自由な、創作の世界なんです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス