家事に費やす時間

成人女性の有職率は、約70%という統計が出ています。毎日くたくたになって働いているのですね。女性が家事をなんて時代は、もう遠い遠い昔の話。

今はそんな時代ですので、男性のみならず、女性も家事へ費やす時間が少なっているのも確かです。若年主婦層では、家事の時間は減少傾向にあるとか…。

そんな家事ですが、「洗濯」はどうでしょう?洗濯って結構天気に左右されやすく、忙しいとどんどんたまっていく家事の中でもかなりやっかいなもの。そこに昼間は仕事、帰宅するとぐったり…なんてなると、もうどうしようもできませんね。

そこで、とっておきの効率の良い洗濯方法を発見!それは、「夜」やるんです!夜に洗濯をするという習慣を作ればいいのです!実は、夜の洗濯ってメリットがいっぱいで、とっても効率良く行える方法なのです。そして、意外と多くのみんなが、ご家庭が、その「夜洗濯」を実践しています。

今回は、そんな夜間に実践する洗濯についてご紹介いたします。

経済的でメリットいっぱいの夜洗濯とは!?

夜間は電力がお得

出典 http://leafreef.ti-da.net

電力会社が各家庭に提供する電力プランはさまざまですが、ほぼ共通しているのは、日中は割高になり、夜間は割安になるというシステムです。ですから、洗濯など電力を使うもので、放置していても全部やってくれる洗濯のようなものなら、夜に集中してやってみましょう。

出典 http://kirakura.net

夜○時以降は割安になると分かれば、その時間に合わせて洗濯機のタイマーを設定しておけば楽ですね。もし起きている時間帯であれば、割安の時間が過ぎたら洗濯をし、さらに乾燥機まで一気にできてしまいます。普段なら節約も兼ねて、乾燥機は使用しないご家庭も多いかと思いますが、割安になる時間帯なら、乾燥機までできそうですね!

出典 http://bumse88047237.at.webry.info

夏のエアコンや冬のヒーターなど、住人が起きている日中や夕方の帰宅後に集中して使う事が多くなるでしょう。その電力を一気に使う時間、つまり「電力ピークタイム」は、電気代は高く設定されています。その電力ピークタイムが終わる頃、つまり夜家族が寝始める少し前などに、電気代は割安に設定されている場合が多いです。ご自宅の電力会社の料金設定をきちんと把握しておくといいですね。

入浴後の残り湯

出典 http://sumai.panasonic.jp

家族みんながお風呂に入った後、その残り湯を使用して洗濯すれば、水道代もお得!しかも入った後なので、まだお湯は温かいまま。一般的に、家庭用の浴槽に入るお湯の量は、約200Lもあります。そのお湯はぜひ再利用して、節約につなげたいものです。

出典 http://www.drwallet.jp

洗濯機に付属のポンプ式ホースを利用すれば、その湯船のお湯を洗濯に使うことができます。洗濯機には、「洗い」と「すすぎ」という工程があるのはご存知かと思います。「洗い」にはお風呂の残り湯、「すすぎ」には通常どおり水道水が使われるようになっていますので、衛生的に洗濯もできます。

残り湯用の洗濯洗剤も販売されていますので、そういったものを利用するのもいいでしょう。

出典 http://blog.livedoor.jp

さらに嬉しいのは、まだ温かいお風呂の残り湯を使用して洗濯すると、洗剤の酵素が良く洗濯物の汚れに働きかけてもくれるのです。つまり汚れ落ちが良くなるのです。酵素は、36~37度で一番よく働くのでちょうどいいですね。

お風呂の残り湯も一晩おくと、翌朝には冷たくなってしまいます。そうすると、雑菌が増えてしまいますので、やはり皆が入浴した後のお湯がまだ温かい時間に洗濯をしてしまうことをおすすめします。

出典 http://maternity-march.jp

その日に着た衣類は、洗濯物入れのバスケットなどにため込んでしまうと、雑菌が繁殖します。さらにイヤな匂いも増してきます。それらは細菌が原因しています。

ですから、その日に着た衣類は、その日に洗ってしまうのが衛生的にもいいのです。みんなが帰宅して、入浴後の温かいお湯を利用して、夜間の電気代が割安になるときに洗濯するというのは、衛生的にもいいですし、メリットいっぱいです。

夜の洗濯物の干し方

出典 http://coppecoppe.seesaa.net

夜の洗濯では、なかなか屋外に洗濯物を干すことはできません。でも乾燥させることの裏ワザを使えば、問題はありません。

乾燥機があるご家庭では、10分程度、短時間使用して乾かしてみましょう。短時間でも、水分が蒸発しやすくなり、シワもつきにくくなるメリットがあります。多少でも乾くことで、イヤな匂いでジメジメすることも防げます。

出典 http://girlschannel.net

そして、乾燥機で10分ほど乾かした後は、洗面所などに突っ張り棒を取り付けたり、浴室の乾燥機能を利用して、すぐに干しましょう。

その他、換気扇のある場所や除湿器を稼働させてみるのもいいですよ。翌朝になって天気が良ければ、屋外に移動させるといいでしょう。天気が悪ければ、そのまま室内干しを続けても大丈夫です。

出典 http://www.futon-refresh.com

特に冬場の乾燥する時期には、就寝時に洗濯物を部屋干しすることで、朝起きても喉が痛くないなど、嬉しい二次効果があることも事実です。就寝時、ヒーターをある程度の時間つけっぱなしにしているご家庭でも、洗濯物は乾きますし、加湿もできてしまうしで、メリットいっぱいですね。

出典 http://artroot.jp

夜間の洗濯で問題となる、生乾きのイヤな匂いはこうして防ぐことができるのです。もちろん、割安になる夜間ですので、完全に乾燥機にかけるのがいいですが、よりいっそうの節約を考えるならば、以上のような方法も有効的です。

出典 http://www.buzzyvox.com

夜間の洗濯には、洗濯用洗剤も賢く選びましょう。生乾き臭などがどうしても気になるという方には、今では「ニオイ菌そのものに直接働きかける成分が配合された洗剤」なども出ているので、そういったものを利用すると快適です。すすぎも1回で済んだり、洗濯の時短にもなり、電気・水道の節約もつながります。

夜の洗濯を機に、お店での洗剤選びにも着目してみるといいですよ。

家族で一緒に洗濯を

出典 http://ameblo.jp

家族で一緒に住んでいるご家庭では、ぜひみんなで夜に洗濯を実行してみましょう。家族全員で洗濯というものに向き合えば、洗濯機を回す担当や、乾燥機、干す担当、たたんだ後にしまう担当などみんなで分担して協力し合えます。忙しい生活で、時間を有効的にも使えますね。

今夜から実践「夜洗濯」

夜の洗濯はメリットがいっぱいですね。忙しい時代だからこそ、いいこといっぱいの方法で、どんどん活用したい方法ですね。メリットあっての家事!だと、気持ちも重くなりません。ぜひ、今夜から実践してみては!?

この記事を書いたユーザー

シロクマInTheSky このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナライターとして執筆しています。日々の生活に役立つ情報をどんどんネット配信していきたいと思います♪日本も含め、海外などあちこちに出没しています(笑)世界中のいろんな記事を書いていきたいと思います(^_-)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス